映画の小部屋

いろいろ考えてはいるのですが。
「とりあえず書き始める」と野口ゆきお先生も『「超」文章法』で言ってた…

Cinemanila
http://www.cinemanila.com.ph/index.htm

東京国立近代美術館フィルムセンター
アジア映画―“豊穣と多様”  2004年4月27日- 6月27日
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2004-05-06/kaisetsu.html

山形国際ドキュメンタリー映画祭
http://www.yidff.jp/home.html
  上記で上映されたフィリピン関連映画も検索できます。
  記事 「フィリピンにおけるドキュメンタリー映画の動向」 text by ニック・オカンポ

アジアフォーカス・福岡映画
http://focus-on-asia.com/j/index.html
  1996年はフィリピン映画特集でした こちら

東京フィルメックス TOKYO FILMex
http://www.filmex.net/index.htm
  2000年上記で上映されたレイモンド・レッド監督「アニーノ」は2000年度カンヌ映画祭
  短編部門の最高章パルム・ドールを受賞しました。
  監督インタビュー http://www.filmex.net/archives2000/interview/07anino.htm

国際交流基金アジアセンター
http://www.jpf.go.jp/j/region_j/asia_j/movie/7_9703.html
  1997年に開催された「フィリピン映画百花繚乱!」のご案内。

T-MARK.NET 
http://www.t-mark.net/index.html
  アジア映画のニュースをいち早くご案内。2002マラケシュ映画祭では、短編の最優秀作品に
  フィリピン映画『Chiffons』(監督マモン・メス・デ・グスマン)が選ばれたそうです。ちなみに
  長編コンペティション部門で上映された『GO』(監督:行定勲)が最優秀作品賞にあたる
  「金の星」(Etoile d'Or) を受賞。同作品に主演した窪塚洋介も男優賞を受賞したそうです。

佐藤忠男(映画評論家・日本映画学校校長)
http://www.eiga.ac.jp/ja_2002.htm
  早い時期からアジア映画を真面目に評論してきた方。
   著書に・『新世紀アジア映画 アジアフォーカス・福岡 』キネマ旬報社、2000
       ・『映画の真実 スクリーンは何を映してきたか 』中公新書、2001
       ・『アジア映画 』第三文明社、1993 他

アジア映画小事典
http://www.informatics.tuad.ac.jp/net-expo/asian-cinema/ja/index.html
東北芸術工科大学・山形Net-Expoプロジェクトの一環。残念ながら、フィリピン映画についてはまだない。

「真夜中のダンサー」(Midnaight Dancer)
http://www.joinac.com/movie/list/23f2_11e.html
  ゲイ映画のサイトにありました。



戻る