プログラム
英語版プログラムはこちら
会場:京都大学 稲盛財団記念館
構内マップ&アクセスマップ
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
7月14日(土)/(1日目)

12:00 受付開始

大会議室
12:30-12:40 開会宣言、諸連絡 
12:40-13:20 記念講演 Ambeth R. Ocampo教授
  (Visiting professor at Sophia University / Ateneo de Manila University)

第一セッション
大会議室
13:25-15:25 パネルセッション@
        石井正子(大阪大学)、渡邉暁子(東洋大学)、細田尚美(香川大学)
        「中東湾岸地域のフィリピン人就労者――民族・宗教・階層」

中会議室
13:25-14:05 武田 丈(関西学院大学)
        "Passing a War-Victim Story Down from Generation to Generation in a Small Village
         in the Philippines Using Photovoice" 
14:05-14:45 Lucio Blanco Pitlo III (MA Graduate Student, Asian Center, University of the Philippines )
        "Learning from Japanese experience in dealing with maritime disputes with China
         : Lessons for the Philippines"
14:45-15:25 Joanne V. Manzano(University of the Philippines)
        "The Filipino Seafarer at Sea and on Land: Forms of Abuses in the Globalization of Maritime Industry"

15:25-15:40 ティーブレイク

大会議室
15:40-16:10 Nathan Gilbert Quimpo教授(筑波大学)
        "Subversive Lives: A Family Memoir of the Marcos Years" ブックラウンチ

第二セッション
大会議室
16:55-17:35 松嶋宣広(京都大学)
        「フィリピンにおける華人組織──伝統的機能の変容と新たな役割」
17:35-18:15 中西美穂(大阪大学大学院文学研究科、NPO大阪アーツアポリア)
        「アートプロジェクト「ハウス オブ コンフォート」に集う人々」

中会議室
16:15-16:55 Michael Tumanut (Graduate Student, Political Science of Kobe University/
  Researcher and Training Specialist of the University of the Philippines)
         "The Politics of Territorial Reform: Municipal Consolidation in Post
         -Decentralization Era in the Philippines"
16:55-17:35  Macel Fernandez (Master's Student, National Graduate Institute for Policy Studies)
        "Making Decentralization and Regional Autonomy Work: The Philippine Experience"
17:35-18:15  Jeorge Alarcon, JR. (Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University)"
         Making Ends Meet: Understanding the Dynamics involving the Conditional Cash Transfer Program
          of the Philippines (The Case of Pantawid Pamilyang Pilipino Program or 4Ps)"


18:30-20:30 懇親会

********************

7月15日(日)/(2日目)

9:00 受付開始

第三セッション
大会議室
09:20-10:00 矢元貴美(大阪大学大学院人間科学研究科)
        "Issues in Education to Children with Filipino Parents: From the Viewpoints of "Supporters" "
10:00-10:40 ジェハンナ・ズルエタ(日本学術振興会外国人特別研究員、一橋大学、アテネオ・デ・マニラ大学)
        「ヒューリスティックとしての帰還移動──沖縄・フィリピン間移動の分析をめぐって」
10:40-11:20 水谷竹秀(まにら新聞)
        「フィリピンに生きる困窮邦人-背景と現状の一考察」

中会議室
09:20-10:00 瀧本昌平(九州大学大学院)
         「開発途上国におけるCSRの役割 本邦企業のフィリピン農業投資ビジネスからの検証」
10:00-11:20 星建太朗、小林ななみ、若林美幸、北村真紀、小谷香瑠奈、熊谷香織、繁夢月、細貝朋央、
        光田直生、堀江啓介(東洋大学国際地域学部)
        "Finding The Kanegae Family - our colorful field works"

小会議室
09:20-10:00 熊野沙織(大阪大学大学院人間科学研究科)
        「フィリピン南部における武力紛争の9・11後──「対テロ戦争」の影響を中心に」
10:00-10:40 日下 渉(京都大学)
        「クリオン島における規律と欲望の相克──アメリカの公衆衛生とハンセン病者の暴動」
10:40-11:20 山根健至(立命館大学)
        「アキノ政権下の治安部門改革における国家−市民社会関係」

大会議室
11:25-12:05 特別講演 Cayetano Paderanga教授
               (Visiting professor at Kyoto University / University of the Philippines)
        "2012 Philippine Economic Performance & Growth Outlook" 
        コメント・討論 片山裕(神戸大学)

12:05-13:15 昼食休憩

第四セッション
大会議室
13:15-13:55 高木佑輔(フィリピン大学社会科学哲学学部第三世界研究所)
         "Institutionalization of Economic Nationalism
  : Politics of Economic Controls in the Philippines, 1946-1953"
13:55-14:35 藤原 淳(神戸大学大学院国際協力研究科)
         "Can Philippines' Growth Be Sustainable?: Potential of Services-led Growth in the Philippines"

中会議室
13:15-13:55 関 恒樹(広島大学)
         「フィリピンの貧困削減政策にみる統治性と主体──アキノ政権下の条件付現金給付の事例から」
13:55-14:35 小早川裕子(東洋大学)
         「公共墓地生活者と社会住宅事業──セブ市のコミュニティ開発」
14:35-15:15 木場紗綾(神戸大学大学院国際協力研究科研究員)
         「利益誘導政治は超えられるのか?――アキノ政権、社会運動、左派、都市貧困層――」

小会議室
13:15-13:55 飯田悠哉(京都大学大学院農学研究科)
         「日本農村におけるフィリピン人出稼ぎ農業労働者の労働世界
          ──長野県の高原野菜生産地を事例として」
13:55-14:35 石井真希(神戸大学大学院国際協力研究科)
         「フィリピン人海外労働者の特徴」
14:35-15:15 辻本登志子(韓国聖公會大学校・労働史研究所)
         「トランスナショナリズムと継続的移住の触媒としてのフィリピン人移住労働者の友人関係
         ──韓国とカナダにおける調査から」

15:15-15:30 ティーブレイク

大会議室
15:30-17:30 パネルセッションA
        西村知(鹿児島大学)、美甘信吾(信州大学)、不破信彦(早稲田大学)
        「フィリピン政治経済から何が見えるのか――複数性と共同性、そして相対化の試み」

第五セッション
中会議室
15:30-16:10 吉澤あすな(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科)
        "Fluctuation of Religious/Ethnic Identities in the Present Philippines: 
         Subjecting on the Episode of Robin Padilla's Marriage"
16:10-16:50  Tricia Okada (Independent Scholar)
        "Filipino Ladyboy Entertainers in Japan"
16:50-17:30  Lisette R. Robles (MA Graduate Student, Sophia University)
        "Japan on Pinoy TV: Situating Japanese Cultural Influences on Philippine Television in the 1990s"

小会議室
15:30-16:50 Ma. Kristina Martinez-Erbite(MA Philippine Studies, Asian Center, University of the Philippines), 
        Mario Rico M. Florendo (Chiba University Research Student)
        "Theorizing The Image of Asian Mothers and Wives in ModernPhilippine Cinema"
16:50-17:30 Shirlita Africa Espinosa (PhD Student, University of Sydney)
        "Decolonising solidarity: Early Filipino-Australian migrant activism"

17:30-18:30 総 会

18:30 閉 会



トップへ
戻る




Program
Program