本文へジャンプ
混声合唱団紫野のプロフィール

 1965年、京都市立紫野高校合唱部OB・OGにより、質の高い合唱団を目指して創設された。1976年〜1971年の5年間に2 回のコンクールに出場(1967年に京都で総合1位、1968年に同じく一般の部2位)したのをはじめ、合唱祭やジョイントコンサー ト等の活動を続けた。この間、彗星のように現れた≠ニ高い評価を得た。その後、指揮者 松阪康久が仕事で多忙となり、混声合唱団紫 野は発展的に解消することとなった。
 2000年、約25年ぶりにかつての混声合唱団紫野の志を引き継ぎ、さらに新しいメンバーを加えて、新たな混声合唱団として再結成 された。
 2001年12月にはクリスマス・ミニコンサートを開催、2002年には京都府合唱連盟に加盟し、理想の音楽を求め、指揮者 松阪 康久を中心に真摯な合唱活動を目指している。
 2003年5月には、待望の第1回演奏会「四季をうたう」を、京都文化博物館別館ホールで開催、続いて2004年9月には第2回演 奏会「祈り」を京都コンサートホール(アンサンブルムラタホール)で開催し、たいへん好評を得た。

2004年5月 京都合唱祭

指揮者 松阪康久
プロフィール
  1965年、混声合唱団紫野(第1期)を創設し、指揮者に就任。 同団を率いて京都合唱コンクールに出場し、1967年に総合1位、 1968年に一般の部2位に輝く。また1968年と1971年には単独の演奏会を開催し、好評を博す。
 その後、永らく合唱から遠ざかっていたが、2000年に新生混声合唱団紫野を再結成し、指揮者に就任。合唱活動を再開し、地道な活動を続ける。
 2003年5月には、念願の第1回演奏会を、指揮する。2004年9月には第2回演奏会を指揮し、好評を博す。

Copyright(C)2005-2017 MURASAKINO All rights reserved.