菜月自然農園

   どんな農業?  

 10月中旬成長中の野菜たち 

一切農薬は使っていません。
化学肥料も使わず、おからと米ぬかを発酵させたボカシ肥料を
自分達で作り使っています。
畑は不耕起草生栽培、つまり草ぼうぼうです。
草が土を耕し水を保ち泥跳ねを防ぐなど手助けしてくれます。
もちろん伸びすぎないよう草刈りはします。
そして、耕しません。自然を必要最小限しか壊さないようにしています。
土壌中の生態系を崩さなければミミズやもぐらが増え彼らが耕してくれます。
草の根がはり巡り腐れば そこが空気を送るパイプとなり、土も柔らかくなっていきます。
カメ虫や青虫、アブラ虫もいるけれどカマキリやクモやトカゲなど食べてくれる虫もたくさん住んでいる
命あふれる農園です
人にも生き物にも自然にもやさしい野菜作りをを心掛けています。
だから、安全で美味しい野菜ができます。
露地栽培なので旬のものばかり、草を押さえるビニールマルチ(黒いシート)も使っていません。
機械も草刈機以外は使わず、苗も自分達で育てたまさに手作りの野菜たちです。


秋冬の野菜たちが成長中です。既に虫に穴をあけられているものもありますが元気に育ってくれるのを楽しみにしています。
収穫が来年の春になるものもあります。



葉もの野菜
白菜 ほうれん草  チンゲンサイ 小松菜  レタス  ネギ  キャベツ ブロッコリー 
チシャ 春菊 からし菜 高菜 ミズナ エンダイブ タアサイ サイシン コウサイタイ

実もの野菜
露地栽培では秋冬は実もの野菜はほとんど出来ません。
豆類をいろいろ植えますが収穫は春です。

根もの野菜
かぶ じゃがいも にんじん ダイコン(4種類) ラディッシュ ごぼう たまねぎ

ほかいろいろ
小麦

   春に植えた里芋やごぼうなど収穫中の野菜もいろいろあります  




topページへ