高水寺

称徳天皇の勅願によって、神護景雲2年(768年)に創建されたと伝えられている。

一丈あまりの観自在菩薩が祀られていた。

もとは一山四〇余坊が栄えていたといわれるが、戦火などによって衰えて、後に頼朝軍が

陣ヶ岡(現蜂神社付近)にきた時は十六坊のみであったという。

現在の大坊、古館小学校付近には斉正坊、自動車教習所は古屋敷といわれやはり坊があったというから、かなり広大な敷地である。

頼朝は文治5年(1189年)9月4日から11日までの7日間、陣ヶ岡に滞在した。

9日高水寺の僧、禅修房(ぜんしゅうぼう)以下16人が陣所に出頭した。

禅修房は「高水寺は称徳天皇の勅願によってできた寺で、諸国に安置されてある一丈(3m33cm)

の観自在菩薩像のうちでは、もっともりっぱなご本尊である。この寺に御家人たちの家来が多数

乱入して、本堂の壁板13枚をはがし取って乱暴した。」と訴えでた。

頼朝は梶原景時にしらべさせたところ宇佐美平次の家来のしわざとわかり、僧らの面前で、

刑罰を加えた。禅修房はさっそくの取り調べに感謝し寺に帰ったという。

11日、頼朝は、高水寺の鎮守として走湯権現を勧請して厨川の柵に向かった。

(走湯権現は明治2年に走湯神社と名称を改めた)

 


天正16(1588)年、高水寺城に拠り当地を治めていた斯波詮直は南部信直に破れ、斯波氏は滅んだ。

その後、南部氏の厚遇により、本誓寺、源勝寺、高水寺、広福寺、大荘厳寺、新山寺の6つの寺院が盛岡に移された。

本誓寺は盛岡と紫波に今でもつたわり、源勝寺も残っている。他の高水寺、広福寺、大荘厳寺、新山寺は廃寺になった。

つまり現在は、高水寺は存在していないってことです。 「高水寺」と揮毫された額を掲げる建物は片山寺の資材を使って作った観音堂。 片山寺とは高水寺が盛岡に移ったあと、その跡地に建てられたお寺。
現在の走湯神社の拝殿は、片山寺の阿弥陀堂であり、その中に木造十一面観音立像が収まっていた。


地元の人の話によれば「走湯神社」と呼ぶようになったのは近年(40〜50年前?)で、
その前は通称「片山さん」と呼んでいたそうです。

高水寺観音堂には3体の有形文化財が安置されています。

県指定 : 木造十一面観音立像

町指定 : 木造金剛界大日如来像     木造地蔵菩薩半跏像

この木造十一面観音立像は当国三十三ヶ所の第七番札所になっています。

 

戻る