涙は心の汗ってか
L001
「巷に雨が降るごとく、わが心にも雨ぞ降る」
★ポール・ヴェルレーヌ
『言葉なき恋歌』訳:堀口大学

L001
「女の涙は男の心にカビを生えさせる」
★ジャック・オーディベルディ
注釈

L001
「泣いている時は、女は案外自虐的な快感に身を委ねているのかも知れない」
★織田作之助
注釈

J001
「涙とともにパンを食べた経験のないものに人生の味はわからない」
★ゲーテ
注釈

J001
「体は石鹸で洗い、心は涙で洗う。」
★タルムード
注釈

J001
「泣くことも一種の快楽だ」
★モンテーニュ
『随想録』

L001
「涙ほど早く乾くものはない」
★キケロ
注釈

L001
「感傷的な人とは、代償を払わずに感情の贅沢さを味わいたがる人である」
★オスカー・ワイルド
注釈

L001
「涙にもそれなりの快感がある」
★オウィディウス
『悲歌』

L001
「人が笑うのは他人のこと、泣くのは自分のこと」
★インドの諺
注釈

L001
「いつ泣くはめになるかわからないので、私は急いで何でも笑うのです」
★ボーマルシェ
『セビリアの理髪師』より

L001
「涙は悲しみのものいわぬ言葉なり」
★ヴォルテール
注釈

L001
「悲しいから泣くんじゃない、泣くから悲しくなるんだ」
★ウィリアム・ジェームズ
アメリカの心理学者・哲学者

L001
「人は肯定においてよろこびを感じ、否定においてかなしみを感ずる。しかし真実のよろこびというものは深いかなしみの経験のないものには味わうことができない」
★柳田謙十郎
『弁証法入門』≪哲学者≫

L001
「美人の涙は彼女の微笑みより愛らしい」
★T・キャンベル
『希望の悦び』

L001
「天が癒すことのできない悲しみは地上にはない」
★モーア
『ユートピア』

L001
「悲しみよさようなら、悲しみよこんにちは。天井のすじの中にもお前は刻みこまれている。私の愛する目の中にもお前は刻みこまれている。お前はみじめさとはどこかちがう」
★エリュアール
『直接の生命』

L001
「女は男より簡単に泣く。しかも自分達を泣かせたことについて、男より永く覚えている」
★レニエ
-

L001
「悲しみは、ひとに打ち明けることで、たとえ癒されはしないまでも、やわらげられる」
★カルデロン
-

L001
「悲しみの道、しかもその道だけが悲しみを知らざる国に通じている」
★ウィリアム・クーパー
-

L001
「極端な悲しみは、長くは続かない。どんな人でも悲しみにうちまかされてしまうか、それに慣れてしまうか、どちらかである」
★メタスターシオ
-