自由

自由とは
G001
「われに自由を与えよ、しからずんば死を与えよ」
★パトリック・ヘンリー
(米国の政治家 Patrick Henry)原文=Give me liberty or give me death!

G001
「もし自由になんらかの意味があるとすれば、それは相手が聞きたがらないことを相手に告げる権利をさすのである」
★オーウェル
注釈

G001
「人間は生まれたとき自由である。然るに人間は至るところで鎖につながれている」
★ジャン・ジャック・ルソー
『社会契約論』より

G001
「どんな政治的自由があってもそれだけでは飢えたる大衆を満足させない」
★レーニン
注釈

G001
「匹夫も志を奪うべからざるなり」
★『論語』
匹夫とはとるに足らない男の意。オケツのことではない。

G001
「板垣死すとも自由は死せず」
★板垣退助
1837〜1919 明治15年岐阜で遊説中に暴漢に刺された際の言葉。実際にはそう言ってないという説もある。

G001
「人間の自由を奪うものは暴君よりも悪法よりも、実に社会の習慣である」
★ミル
ジョン・スチュアート・ミル 1806〜1873 イギリスの哲学者、経済学者。

G001
「自己を制することのできぬ人は自由の人と称し得ず」
★ピタゴラス
ギリシアの哲学者。数を宇宙の本質とした。

G001
「自由は山巓の空気に似ている。どちらも弱い者には堪えることは出来ない」
★芥川龍之介
『侏儒の言葉』

G001
「人間を自由にできるのは理性だけである。理性を失えば失うほど不自由になる」
★トルストイ
注釈

G001
「奴隷は彼らの鎖のなかですべて失ってしまう、そこからのがれたいという欲望まで」
★ルソー
注釈

G001
「人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである」
★サルトル
『実存主義はヒューマニズムである』

G001
「人間が自由であるためには神があってはならない」
★F・シェリング
≪ドイツの哲学者≫

G001
「人間は何をしてもかまはぬものだ。しかしそれは魂の解放を目的とした場合にかぎる」
★武林無草庵
注釈

G001
「私が自由であると感じるのは、はっきりとした道徳的価値に導かれて行動を起こした場合だ。そのとき私を縛るものは何もない」
★アンドレイ・サハロフ
≪ソ連の核兵器開発者 後に核実験の廃止運動をした≫

G001
「独立と自由ほど尊いものはない」
★ホー・チミン
-

G001
「自由とは世界一周したが、戻ってこなかった言葉である」
★アンリ・ジャンソン
-

G001
「すべての人間が、自由を得るや、その欠点を発揮する。強い者は度を越え、弱い者は怠ける」
★ゲーテ
『格言と反省』

G001
「人は自由である。しかし、自分が自由であるということを信じなければ、もはや自由ではない」
★カザノヴァ
『回想録』≪CASANOVA 1725-1798 イタリアの山師≫

G001
「自由とは与えられた方向に向かって自発的に進むことだ」
★ミシェル・フーコー
≪1926-1984 フランスの哲学者≫