芸能

わいどしょー
「マスコミは、いまどうでもいいゴシップをたれ流していて、人々はそのことを批判するけど、そういったどうでもいいゴシップをいちばん見ているのはそういった批判をする人々なのよ。」
★マドンナ
-

L001
「原武裕美は結婚します。でも、郷ひろみは結婚しないよ」
★郷ひろみ
2000年8月29日の高知公演で、交際中の資産家令嬢、大根田名美さん(29)と結婚することについてコメント。原武裕美は 郷ひろみ(44)の本名。また、ホームページには「『郷ひろみはファンのもの、私のものじゃないわ。私は原武裕美と結婚するの』と、ボクにそう言ってくれたのは彼女です」とBR>
L001
「どうかみなさんは(彼を)厳しくしてください。でも、私だけは彼を許してあげたい」
★いしだあゆみ
夫萩原健一が大麻不法所持で逮捕されたときの記者会見で

L001
「傷付けあった本人同士が、その傷を舐めあっても決して癒えるものではないと思っていますから」
★水戸泉
婚約破棄騒動の後、「元婚約者と復縁」という報道に対して。

L001
「私が鍵穴を覗くと、必ず誰かが、あっちから覗き見ているのよ」
★ジュディ・ガーランド
女優 プライバシーが無いといって嘆く

L001
「関係を持ったという事実に対しては後悔していませんが、表沙汰になったことは後悔しています」
★古谷一行
1992年5月、会見費用を記者たちに5万円づつ徴収したAV女優が京都での情事を暴露してしまった。古谷も記者会見を開くが釈明せず事実を認めた。後悔しているか?という記者の問いに答えて。

L001
「ハエのような人間は、他人の傷口にたかりたがる」
★西洋の格言
-

L001
「この結婚生活には始めから三人の人間がいました。多すぎます」
★ダイアナ
1995年 国営放送BBCのインタビューで

L001
「溝があるから水が流れる」
★カンボジアの諺
真実があるから噂が流れるという意味

L001
「ロックジャーナリストのほとんどは、読めない人のために、話せない人にインタビューする、書けない人さ」
★フランク・ザッパ
-

L001
「奥さんのいる男性が好きになったんじゃないの。好きになったひとにたまたま家庭がったの」
★樋口可南子
糸井重里との不倫発覚の記者会見で

L001
「私は男なんですね。家庭に男が二人いたんです」
★大原麗子
森進一と離婚した際

L001
「三角関係じゃないと燃えないのよね」
★桃井かおり
伊集院静と夏目雅子との三角関係についてコメント

L001
「公衆は醜聞を愛するものである。」
★芥川龍之介
『侏儒の言葉 』

L001
「甘いものや明るいものに興味を持つ人なんていないよ」
★ヘッダ・ホッパ
HEDDA HOPPER 1890-1966 ハリウッドのゴシップ記者