あぁ、恐ろしや、汝の名はオンナなり・・・
L001
「弱き者よ、汝の名は女」
★シェイクスピア
「ハムレット」より。女性の腕力などをさしているのではなく、道徳感や節操の弱さなどをいっている。ハムレットが母の不貞を責めて嘆いたことば

L001
「何をやるにせよ、女は男の二倍やってはじめて、男の半分の力があると認められる。幸いにして、これはむずかしいことではない 」
★シャーロット・ホイットン
CHARLOTTE WHITTON 1896-1975 オタワ市長

L001
「女を傲慢にさせるのはその美貌」
★シェークスピア
-

L001
「女の直感は男の推理より正しいことが多い」
★不明
注釈

L001
「私を好きなのはわかるけど、やることなすこと口をはさんでくるのは少し窮屈」
★マリリン・モンロー
注釈

L001
「おお女性よ。天は男を和らげんとて汝を造れり、汝なかりせば男は野獣なりき」
★ロバート・バーンズ
-

L001
「綺麗な女と一緒に座っていると、一時間が一分に感じられる。でも熱いストーブの上に一分座ったら何時間にも感じられるだろう。これが相対性理論だ」
★アインシュタイン
注釈

L001
「女性を尊べ。彼女らは地上の生活のために天国のバラを織り成す」
★シラー
-

L001
「すべて、女は、やはらかに、心うつくしきなむ、よき人」
★紫式部
『源氏物語』

L001
「着物を脱ぐ女の眩さは、雲を貫く太陽のようだ」
★ロダン
-

L001
「人は女に生まれない。女になるのだ」
★シモーヌ・ド・ボーヴォワール
『第二の性』

L001
「自分は愛されている、と思っている女はいつも魅力があるものだ」
★伊藤整
-

L001
「お世辞は女の身にぴったりと当てはまる衣裳」
★キルケゴール
注釈

L001
「女性の全生涯は愛情の歴史である」
★アービング
-

L001
「酒は強い。王はさらに強い。女はより強い」
★ルター
-

L001
「女性というものは愛されるために存在するのであって、理解されるために存在するのではない」
★オスカー・ワイルド
注釈

L001
「女の皮をかぶった虎の心!」
★シェークスピア
『ヘンリー六世』

L001
「醜い女なんていない。ただ、美しくみせるすべを知らない女がいるだけだ」
★ラ・ブリュイエール
1645-1696 フランスの作家

L001
「女、この生きている謎を解くためには、それを愛さなければならない」
★フレデリック・アミエル
≪HENRI FREDERIC AMIEL 1821-1881 スイスの哲学者≫

L001
「女は老齢のためにも、また他のいかなることのためにも、死なない。自然は一生のある時期に女を老婆に変装させるが、しかし心のなかでは、女はいつも同じ趣味と同じ快楽と、さらに同じ愛をもっている」
★アルフォンス・カール
1808-1890 詩人

L001
「若くても美しくなく、美しくても若くないと、なんにもならない」
★ラ・ロシュフコー
-

L001
「女は非常に完成した悪魔である」
★ユゴー
注釈

L001
「女というものはどこまでが天使で、どこからが悪魔なのか、はっきりわからぬものだ」
★ハイネ
-

L001
「賢人はその女性観をけっして口にしない」
★サミュエル・バトラー
注釈

L001
「女は弱いというのは嘘である。世の中に何が強いと言って、無神経なことほど強いことはない」
★亀井勝一郎
-

L001
「元始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。今、女性は月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のような青自い顔の月である」
★平塚らいちょう
『青轄』

L001
「女は地獄の扉である」
★テルトリアヌス
『純潔の勧め』

L001
「女が貞節なのは必ずしも貞節からではない」
★ラ・ロシュフコー
注釈

L001
「女は現実よりも自分の願望に拍手を送る」
★アイスキュロス
『アガメムノン』

L001
「女の好きな女は鏡の中の女」
★西洋の諺
注釈

L001
「女には悪魔にも及ばない策略を心得ている」
★フランスの諺
-

L001
「世に最も輝きて最ももろきもの二つあり、一つは陶器、一つは女の顔」
★スウィフト
注釈

L001
「私にとって女は象のようなもの。眺めるのは好きだが、所有したいとは思わない」
★W・C・フィールズ
1879-1946 アメリカの俳優

L001
「女とメロンは音がしないのが上物」
★スペインの諺
注釈

L001
「女というものは存在しない。存在するのはさまざまの女たちである」
★モーリアック
『娘の教育』

L001
「女というものは、つねに女であり、母であり、姉である。その頭はどんなに冷たくても、腹はあたたかい。その腹は男のあらゆる情熱に対してふるえ、共感する。額が支えきれぬほど重いときには、そこに額をのせることができる」
★ロマン・ロラン
『魅せられた魂』

L001
「女人はわれわれ男子にはまさに人生そのものである。すなわち諸悪の根源である」
★芥川龍之介
『侏儒の言葉』

L001
「女もセックスをしたいのよ。そう、自分からそれを口にしてはならないなんて決まりはどこにもないわ」
★ジャーメイン・グリア
オーストラリアの女性解放運動家

L001
「少女はサンタクロースを卒業すると、甘いお人好しを探し始める」
★キン・ハバート
KIN HUBBARD 1868-1930 アメリカの作家

L001
「女の歓びは男の自惚れを傷つけることである」
★バーナード・ショー
注釈

L001
「女の一生はながい病気である」
★ヒポクラテス
注釈

L001
「女性はウエディングドレスを着るまでは忠告を受けつけない」
★アディソン
注釈

L001
「人間の社会には何一つ自然なものはない。なかんずく、女は文明が丹念につくりあげたものである」
★ボーヴォワール
『第二の性』

L001
「まず女を手に入れよ。そうすれば男はかならず従う 」
★ラスプーチン
≪1871?-1917≫

L001
「恋よりも虚栄心のほうが、より多くの女を堕落させる」
★デファン夫人
-

L001
「火はかたくて重いものよりも、軽くて柔らかいものを早く燃やす」
★ボッカチオ
『デカメロン』より 女は怒りやすいという意味

L001
「女性は、駄菓子屋のアメ玉じゃない。やっぱり、宝石屋のショーウインドーに輝く大きな宝石みたいなもんでね。その前を毎日通るんだけど、買えない。ふっと見るとなくなっている。誰が手にいれるんだろうって」
★奥田瑛二
-

L001
「女が無益な嘘をつかない時には素直なのである」
★アナトール・フランス
-

L001
「女たちに信じてもらうには、彼女たちに嘘を言う必要があるだろう」
★ゴングール兄弟
-

L001
「女たちに嘘をついて楽しむべし。立て替えた分を返してもらうような気がする」
★サシャ・ギトリー
『彼女たちと君』