食べる

食べること
L001
「料理はたしかに文化だ。芸術だと言えないこともないだろう。ただ、それと貴方の口卑しさとには何の関係もない」
★中島らも
『こらっ』グルメブームに怒って

L001
「汝は生きるために食うべきで、食うために生きるべきではない」
★キケロ
注釈

L001
「一杯の茶のためには世界など滅びていい」
★ドストエフスキー
『』

L001
「パンと水さえあれば、ゼウスの神より、私は幸せだ」
★エピクロス
現代では快楽主義者をエピキュリアンのことであるが、エピクロスの生活は質素であった。

L001
「贅沢な食卓は偶運をもたらすが、自足した食卓は節度がもたらす」
★デモクリトス
注釈

L001
「コーヒーは精神のたゆとう曖昧で鈍い詩を廃することによって、真理の光を前面に押し出した」
★ミシュレー
歴史学者

L001
「悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように清く、愛のように甘く」
★タレーラン
『コーヒー秘法』

L001
「食生活は世の中を変えるためにいいきっかけになると思う。自分にも出来ることだから。独力で南アフリカの体制を変えたりできないけど、自分を変えることから始めるのは可能でしょ」
★リバー・フェニックス
俳優 徹底的な菜食主義者であったが、ヘロインの大量摂取により死亡 享年23歳

L001
「食べ物に対する愛以上に誠実な愛はない」
★バーナード・ショー
『人と超人』より

L001
「肉感の中で一番すがすがしい快感は空腹感である」
★内田百
『』

L001
「空腹に勝るスパイスはない」
★ことわざ
『』

L001
「自分は百四十歳くらいまで生きるつもりでおるが、ちょっと大食いだから百歳くらいまでにしておくか」
★嘉納治五郎
『』≪1860-1938 柔道家≫

L001
「パンさえあれば、たいがいの悲しみは堪えられる」
★セルバンテス
『ドンキホーテ』

L001
「日本人は食事を重要行為とみなしていない」
★ベネディクト
『菊と刀』

L001
「初めてカキを食った人間は大胆な人間であった」
★スウィフト
『』

L001
「飢えたるものは食を択ばず」
★孟子
『』

L001
「偉大なる思想は胃袋から生まれる」
★ヴォーグナルグ
『省察と箴言』

L001
「家は洩らぬ程、食事は飢えぬ程にて足る事なり」
★千利休
『南方録』

L001
「肉食獣はけっして肥満することはない」
★ブリア・サヴァラン
『味覚の生理学』

L001
「世界中を見回しても、鰹と昆布のだしに匹敵するのはないね。十分や二十分であれだけのすごいだしが取れるのはこれくらいしかない」
★道場六三郎
『』

L001
「たいていの人は剣によるよりも、飲み過ぎ食べ過ぎによって殺される」
★オスラー
『』

L001
「新しい料理の発見は、新しい星の発見よりも人類の幸福に一層貢献する」
★ブリア・サヴァラン
『味覚の生理』

L001
「柔かき物も二十七度噛め」
★グラッドストン
-

L001
「時ならざれば食わず」
★論語
不時不食

L001
「食欲は食べることと共に出てくる」
★ラブレー
『』

L001
「生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ」
★ソクラテス
『』

L001
「人間とはその人の食べたものである」
★フォイエルバッハ
≪ドイツの哲学者≫

L001
「長時間の食事は人生を短くする」
★エイブベリー
『人生の効用』

L001
「六通りの風味があるが、塩の風味が最高だ」
★プラーナ(格言集)


L001
「人間は偏食動物、なんでも食う動物である」
★ブリア・サヴァラン
-≪BRILLAT-SAVARIN 1755-1826 フランスの食通評論家≫

L001
「あまりにも厳しい食餌療法で保つ健康は厄介な病気である」
★ラ・ロシュフコー
-