笑顔をありがとう、収穫祭、楽しかったですよ 
          来年はあなたもぜひ参加しましょう
  19日の日曜日、朝まだ小雨だったのが、収穫祭が始まる10時には雨も上がり、生産者も含めて60数人の参加者で25周年のお祝いの餅つきが始まりました。
機械乾燥ではない日光で干しあげた餅米を蒸して、みんなが臼でつき、みんなで丸める。20kgの餅米もあっという間につき上がり、丸餅、あんこ餅、きび餅、つきたてを海苔、大根おろし、きなこで食べる。街で買う餅より、深い甘みがあって、数段おいしい。お土産にもなりました。

 他に豚汁、サラダ、酢の物、橋本農園の橋本さんが焼いた鳥のバーベキュー、漬け物、ご飯、食後のコーヒーなど。
  食後のビンゴゲームでは、ビンゴになった子どもが、景品の中から自分の好きなおもちゃを選び、加工品(高い)にしなさいという親と揉めているシーンも毎年のことで、周りの人たちの笑みを誘っていました。
 午後から予定していた収穫は、畑が前日からの雨でぬかるんでいて入れないため、みかん狩りだけとし希望者だけで行きました。

 前日から準備をしていた私達生産者は作業も大変ですが、私達も大いに楽しみ、それ以上に、消費者の方々の笑顔を見るのが大好きで、 その笑顔を見てまたやさい作りに頑張れるのです。
 来年もみなさん、ぜひ参加してくださいね。楽しみに待っています。
                                    (生産者 津田恵美子) 

 
(消費者 満野)
ホームへ