わたしたちのからだと
 この地球と 
子供達の未来のために
にんじんからにんじんの匂い、キャベツからキャベツの味が消えている気がする。昔のようなやさい本来の味がしません。
洗って皮をむかれた真っ白な里芋が売られているけどなんだか里芋じゃないみたい。
きゅうりもトマトも一年中使っています。やさいの旬がわからなくなっています
白菜にも大根の葉にも虫の食ったあとがありません。農薬をたくさん使って本当に大丈夫なのかしら。
私達はそのようないろんな疑問を感じながらスーパーでいろとりどりのやさいたちをお金と交換して手に入れています。
明るいお店の中で豊富に並ぶ美しいやさいを自由に選ぶのは楽しいことです。
でも、もし、そのなにげない自由な選択がこの地球や子供達の未来さえ変えているのだとしたら......。
私達は農薬の使用に反対し
本当の食べ物を求め
有機農業をおしすすめ
自然と共にある生き方を目指す
消費者と生産者の提携団体です
農薬は殺虫剤、殺菌剤、除草剤などに分かれますが、殺虫剤は草食昆虫の命を、殺菌剤は微生物の命を、除草剤は植物の命をそれぞれに奪うことを目的として使われます。つまり本質的に毒物です。
日本はこの農薬を先進国平均の10倍使用しています。
農薬として認可されてから何年もたって強い毒性が発見され禁止された農薬がいくつもあります。「厚生省が認可しているから安全である」というのは誤りです。また二つ以上の農薬の「複合汚染」については研究が進んでいません。
農薬はその毒性から「出荷7日前に散布してはならない」など「使用基準」が設けられていますがあまり守られていません。
農薬の大量使用はやさいも、私達の体も、この地球そのものも狂わせています。
西海無農薬やさいの会は
無農薬やさいを中心に
本物の食べ物だけを
佐世保市内の会員へ配送しています
戻る