長崎くんち「銀屋町鯱太鼓」TOP銀屋町の目次/銀屋町ゆかりの人々

銀屋町ゆかりの人々

河本 庄五郎

銀屋町の乙名(おとな)。寛永11年(1634年)、くんちの始まりにおいて当人の任に就き、祭事に関与しました。

山本泰助長英

銀屋町の傘鉾を文政3年(1820年)に製作しました。

上野 俊之丞

寛政3年(1791年)に生まれ、銀屋町に住んでいました。蘭学を学び、砲術・測量術を修得します。その後、焔硝製錬所をつくって、各藩の硝石御用達となりました。さらに、1841(天保12)頃、オランダ人から日本で初めて写真術を修得します。1848(嘉永元)には、日本に初めてカメラを輸入しました。俊之丞が撮影した薩摩藩主島津斉彬の銀板写真は、日本人による現存する最古の写真とされています。

上野 彦馬

天保9年(1838年)銀屋町に生まれました。父は蘭学者で長崎奉行所の御用時計師であった上野俊之丞です。日田にある私塾「咸宜園(かんぎえん)」に入門し、漢学を修めました。その後長崎に戻り、「舎密試験所」で学ぶ中で、写真術に出会っています。
写真機の製作、撮影の研究を開始し、文久2年中島川河畔に上野撮影局を創設して、日本初の職業写真家となりました。坂本竜馬の肖像写真をはじめとする、明治時代の貴重な写真を後世に残した功績は大きいと言えます。

糸岐 千代蔵

長崎屈指の銀細工商といわれる銀屋町「糸岐商店」の創業者。分久2年(1862年)に南高有家に生まれ、11歳で銀屋町の銀細工職人に弟子入りし、明治16年(1883年)に糸岐商店を銀屋町に開業します。その後、船大工町にも出店してロシアとの取引や為替相場で財を成します。
明治40年(1907年)、長崎で開催された第2回関西九州府県連合水産共進会に金銀細工を出品した3人の一人との記録が残っているそうです。

高野 房太郎

明治元年(1868年)銀屋町に生まれる。少年時代に後東京に移り、若くして渡米し雑貨商を営みますが失敗します。その後労働運動と出会い、帰国後に我国初の近代的な労働組合となる「鉄工組合」設立の中心的な人物として活躍します。また、生協運動の創設にも深くかかわった人物です。
高野房太郎の生涯については、高野 房太郎研究ノート というHPで詳しく紹介されています。(リンク集の「二村一夫著作集」からも入れます。)

白石 六三郎(旧姓:武藤 六三郎)

明治元年(1868年)銀屋町に生まれる。白石の婿養子となり、上海に渡る。1998年蕎麦屋「六三庵」、1900年料亭「六三亭」、1908年料亭「六山(花)園」(6千坪の敷地内に日本庭園まで完備した立派な料亭で、 日本人居留民の憩いの場、交流の場であった)を開設した。1912年六三園内に「諏訪神社」を建立。後に諏訪神社は「滬上神社」と改称した。なお、「滬」は上海の別称だそうです。

参考サイト: http://www.shwalker.com/japanese/database/timei/02japanese06.htm

※平成16年12月。白石 六三郎 氏の曾孫にあたる方からご連絡を戴きました。明治元年(1868年)に「武藤 六三郎」として生まれ、白石に婿養子に入ったと教えていただきました。

高野 岩三郎

高野 房太郎の弟、明治4年(1871年)銀屋町に生まれる。東京大学で学び、大学院卒業後大学に残り教授となりました。日本の経済学のパイオニアであり、東京大学経済学部の生みの親です。その後、大正9年(1920年)に大原社会問題研究所の初代所長に就任しました。さらに戦後は、民主化された日本放送協会の初代会長となり、NHKに放送文化研究所を設けました。

古賀 十二郎

明治11年(1879年)に生まれる。古賀家の養子となり実業家となることを嘱望されたが、歴史研究に魅かれるようになりました。大正8年(1919年)長崎市史編纂主任となり、「長崎市史風俗編」を完成させました。そして、「長崎洋学史」「長崎絵画史」「西洋医学伝来史」などの著述を通じて長崎全般の歴史研究である「長崎学」を創始しました。大正期に銀屋町に在住したそうです。

武藤 倉吉

糸岐 千代蔵同様、明治40年(1907年)長崎で開催された第2回関西九州府県連合水産共進会に金銀細工を出品した3人の一人で、「武藤 倉吉 銀屋町」との記録が残っているそうです。おそらく、銀屋町で銀細工商を営んでいたと思われます。

森 敦

大正元年(1912年)銀屋町に生まれる。旧制第一高等学校に進学(中退)する秀才で、横光利一に師事しています。昭和48年(1973年)に、「月山」で第70回芥川賞を受賞したときは、62歳でした。主な著書に、「酩酊船」(1934年)、「鳥海山」(1974年)、「わが青春わが放浪」(1982年)、「われ逝くもののごとし」(1987年:第40回野間文芸賞受賞)があります。

平成15年6月15日公開、平成16年12月15日更新