MY CAREER
<西村哲也、音楽活動の歴史>



1978:京都、某大学の軽音楽部でバンド、VOICEを結成。京都のライブハウス、サーカス&サーカス、共和村などに出演するようになる。時代の波を真っ向から受けNEWWAVE、PUNK、テクノに走る(VOICEのドラマーは後にローザ・ルクセンブルグのメンバーとなる三原重夫でした)。

1984:東京にて音楽活動開始。 青山陽一、大田譲、鈴木秀明と結成したバンド、グランドファーザーズで、ほぼ7年間活動する。グランドファーザーズはナゴム・レコードからシングル1枚リリース、ナゴムのオムニバス・アルバムにも1曲参加し、その後、メトロトロン・レーベルよりアルバムを2枚発表(後に徳間ジャパンからベスト・アルバムが発表されています)した。バンドは1991年に解散。

1991〜2002:グランドファーザーズ解散後、 バンドには所属せず、ギタリストとしてアーティストをサポートする活動に移行。平行して密かにソロ活動も行い、書き溜めた曲により2000年にメトロトロン・レーベルよりソロアルバム、”ヘンリーの憂鬱”を発表する。

2002〜:東京から、故郷、京都に移住。関東と関西を行き来する音楽活動となる。ギタリストとしての活動とともに、ソロ活動も活発となる。

2005年:ベスト・アルバム的セルフ・カバー・アルバム、”ウォーターメロン砦 品番:MAFW-1001 価格:1、890円(税込)。アーティスト名:西村哲也+ティム・ワイノー)”を発表。一人多重録音でなく、初のバンド演奏による録音です。7曲収録。

2010年:アルバム、”ORANGE 品番:DQC-578、発売会社:GO→ST1 価格:2、500円(税込)、発表。

2012年グランドファーザーズ、3枚目のアルバム、”GRANDFATHERS”(発売会社:P−VINE)、発表。

2013年グランドファーザーズの過去の2枚のアルバム(発売会社:P−VINE)のリマスターを、発表。

2014年:アルバム、”運命の彼のメロディ(発売会社:GO→ST1 価格:2、625円(税込)、発表。



<サポート音楽活動>

ギター(マンドリン、バンジョー)演奏:
鈴木博文(ライブ、レコーディング)
濱田理恵(ライブ、レコーディング)
ホーカシャン(ライブ、レコーディング)
メトロファルス(ライブ)
面影ラッキーホール(ライブ、レコーディング
松本哲也(ライブ、レコーディング)
原田知世(ライブ、レコーディング)
花*花(レコーディング)
ユハラユキ(レコーディング)
URURU(レコーディング)
杏里(レコーディング)
伊藤サチコ(レコーディング)
真依子(ライブ)
コルネッツ(ライブ、レコーディング)
青木孝明(ライブ、レコーディング)
さいとうみわこ(ライブ、レコーディング)
ROM-Chiaki(ライブ、レコーディング)
綿内克幸(ライブ)
加藤千晶(ライブ)
三谷泰弘(レコーディング)
フライング・エージャン・バンド(ライブ、レコーディング)

ライラック(ライブ)
柴山一幸(ライブ、レコーディング)
D−DAY(ライブ)
きどりっこ(ライブ)
夏秋文尚(レコーディング)
MAKOTO(ライブ、レコーディング)
ゴトウゆうぞう(ライブ、レコーディング)
鈴木君代&天白真央(ライブ、レコーディング)
美根ゆりか(ライブ、レコーディング

作詞:
lostCANDI(作詞)



HERONスタジオ・レコーディグ(アルバム、音源製作etc):
真依子
SARA
鈴木君代&天白真央
RIDE RIDE BLUE TRAIN
ヴォリズ・エ・ライト
Misera
SHOE SHINE BOYS
若林まり子



詳細な履歴