宇治・白川金色院遺跡

ホームページへ

宇治白川は宇治旧市街の約2km南方・宇治川の西・宇治川に合流する白川が流れる盆地に位置し、今も山間の純農村の雰囲気を伝える。
白川金色院は平安時代後期(康和4年・1102)に関白藤原頼通の娘にあたる四条宮寛子(後冷泉皇后)によって創設されたと伝承される寺院である。
浄妙寺・平等院ともに宇治における藤原摂関家遺跡として重要であるが、今でも金色院の大部は白川の怱忙の中に眠る。
残念ながら、お使いのブラウザはJavaをサポートしていません。 室町時代中期の「金色院御堂再興勧進状」によれば、室町中期の長禄4年(1460)盗火によって焼失、その後ただちに再興「白川16坊」と言われる大寺院に発展したと云う。
しかし江戸中期までには、多くの坊が廃絶し、明治の廃仏稀釈で全ての坊が廃絶する。
現在白川の地に残されているのは→→→「金色院の現状」へ続く

目次

白川金色院略年表・関連資料
金色院現状と現在に伝わる文化財
第1回:弁天池と弁天島を検出
第2回:福泉坊跡発掘
室町再興時の坊跡検出(主殿造)・・・現地説明会に参加
第4回:文殊堂跡検出(平安および室町時代の2時期の遺構)
第5回:文殊堂跡詳細発掘調査・・・現地説明会に参加
白山神社背後の山中で12世紀ころの経塚を発掘
寺域確定発掘調査・・・現地説明会に参加
参考:創建時の金色院の装飾を想像するために掲載
2001年3月2日開催の左記講座の要旨

◆参考文献
・宇治市教育委員会刊「平成6年度 白川金色院跡」(平成11年3月13日)
・  同上  「白川金色院跡 発掘調査成果」(平成8年11月23日)
・宇治市歴史資料館刊「平成11年度白川金色院跡発掘調査の概要」(2000/3/11)
・  同上  宇治文庫1「宇治の仏たち」(平成元年)
・  同上  宇治文庫2「平安時代の宇治」(平成2年)
・  同上  宇治文庫6「宇治をめぐる人びと」(平成7年)
・  同上  宇治文庫7「発掘ものがたり宇治」(平成8年)
・  同上  「宇治の歴史と分化」(昭和63年)
・新人物往来社刊都名所図会研究会編「都名所図会・全」(昭和42年)
・竹村俊則「新撰京都名所図会・巻6」白川書院(昭和40年)
・宇治市観光協会「観光宇治・Vol 50」(1995年春号)

ホームページへ

金色院略年表  金色院の現況  第1回発掘調査(1980年)第2回発掘調査(1994年)  第3回発掘調査(1995年)

第4回発掘調査(1996年)第5回発掘調査(1997年)  第6回発掘調査(1998年)  第7回発掘調査(1999年)

宇治平等院鳳凰堂の彩色文様  歴史講座「平安の祈り(白川金色院跡)」(2001年)