ホーム 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典

horizontal rule

ケーススタディ研修の進め方

horizontal rule

bullet

研修の進め方

 基本的には,問題解決の枠組みを身に付けることを主眼に,

 @「問題」が誰にも見えている限り,「問題」というよりそれを放置する無為無策や無責任という別の「問題」でしかない。「問題」は,こちらが問わない(問題にしない)限り「問題ではない」(問題にならない)。その「問い」の掘り下げ方の鍵は,「多角的な問いをどう立てるか」と「仮説をもってどう問題の核心に迫る情報を集約するか」の2つである。

 A掘下げた「問題」をどう解決のカタチにもっていくか,その一連の流れを,ケースを通して習得して戴く。

【ケーステーマ例】

基本テーマでいく場合

現実テーマでいく場合

管理者ががいましなくてはならないことは何か

組織革新と管理者の意識改革

組織目標の理解と部門目標の達成をはかる

経営方針と管理者の役割

管理者の役割と責務

管理者の行動力とリーダーシップ

日常の仕事の管理と部下指導

戦略変更と目標課題のブレイクダウン

実行プランの立て方と目標達成力の強化

プロジェクトリーダーの実行力

チーム力をどう高めるか

目標遂行の管理と方針の明確化

コミュニケーションスキルを高める

部下とのコミュニケーション不足

人間行動の理解と部下の理解

人事考課の改正により評価の下がる部下

リーダーの要件とリーーシップ

部下の自主性とメンバーシップ

自己革新と自己統率力

実行されない提案

経営への視点をどれだけもてるか

プレイングマネジャーの判断ミス

テーマは研修ニーズに合わせて,ケースの作成,編集を行います。

horizontal rule

bullet御社の事業特性,社員構成にあわせたカスタマイズプラン可能です。
bullet研修プランのカスタマイズについては,ここ

horizontal rule

bulletケース研修プログラム例の目次は,ここをご覧下さい。
bulletケースライティングのスキルについては,ここをご覧下さい。
bulletケースライティング研修については,ここをご覧下さい。

horizontal rule

bullet研修の進め方及びケース例
bulletケーススタディ研修の進め方については,ここをご覧下さい。
bulletケース分析の基本マインドについては,ここをご覧下さい。
bullet ケース分析の手順については,ここをご覧下さい。
bulletケース分析チェックリストについては,ここをご覧下さい。
bulletケース分析シートについては,ここをご覧下さい。
bulletモデルケース分析については,ここをご覧下さい。
bullet個人としてのケーススタディの進め方については,ここをご覧下さい。
bullet個人研究の仕組みについては,ここをご覧下さい。
bullet個人研究の進め方については,ここをご覧下さい。
bulletケースによる考課者訓練の進め方については,ここをご覧下さい。
bulletケーススタディの効果については,ここをご覧下さい。

horizontal rule

bulletケースの構造については,ここをご覧下さい。
bullet

ストーリー型ケースについては,ここ,インシデントケースについては,ここ,インバスケットケースについては,ここ,をそれぞれご覧下さい。

bulletケーススタディに関連する文献については,ここをご覧下さい。

ページトップ

horizontal rule

研修プログラム一覧

ケーススタディ研修頁

ケーススタディ研修プログラム例
ケーススタディ研修の位置づけ
ケーススタディの効果
問題解決関連参考文献
ケーススタディ関連参考文献

horizontal rule

戻る

ホーム 上へ 全体の概観 侃侃諤諤 Idea Board 発想トレーニング skill辞典

当サイト掲載の論文・論考,スキル・技法,チェックリスト,研修プログラム等々についてのご質問・お問い合わせ,あるいは,ご意見,ご要望等々をお寄せ戴く場合は,ppnet@d1.dion.ne.jp宛,電子メールをお送り下さい。
Copy Right (C);2013-2014 P&Pネットワーク 高沢公信 All Right Reserved