最終更新日 2017年7月28日(金) 05:00

 

 

情報サイト CROSS&C.B,」では、タマモクロス、シービークロス、ミスターシービー、ホワイトストーン、ウイングアローの産駒・孫・近親たちの全リストを始めとした情報を紹介しています。(旧サイト名「クロス& C.B.情報HP」)

*現在利用しているHPサービスが終了となるため、サイトの移転が必要となりました。移転時期は未定ですが、移転時には更新が滞ることも考えられますので、予めご了承くださるようお願いいたします。

 

今週の重賞出走馬

ありません

先週の勝ち馬   

ありません

 

地方重賞の出走予定馬(枠順確定)    

なし

地方重賞の出走馬(結果)   

カッサイ(母母母父ミスターシービー)      トレノ賞         7月23日(日) 高知7R 3着

マルカンパンサー(母母父シービークロス)  サマーC       7月13日(木) 笠松1R 4着

カッサイ(母母母父ミスターシービー)    園田FCスプリント   6月29日(木) 園田11R 2着

ウマノジョー(父ウイングアロー)       帝王賞(G1)     6月28日(水) 大井11R 10着

ハウマーナ(母母父ミスターシービー)   優駿スプリント(3歳)  6月27日(火) 大井11R 12着

トドイワガーデン(母母父タマモクロス) グランシャリオ門別スプリント 6月21日(水) 門別10R 4着

テイエムハシッド(母母母父タマモクロス       夏至賞(3歳)    6月17日(土) 佐賀9R 11着

マイネルデライト(母父タマモクロス)         〃           〃       〃   12着

ビッグイージー(母母父タマモクロス)     サファイア賞(3歳) 5月28日(日) 盛岡12R 8着

ハクユウロゼ(母母父シービークロス) 九州ダービー栄城賞(3歳) 5月28日(日) 佐賀11R 4着

コスモアジル(母父タマモクロス)       赤レンガ記念    5月24日(水) 門別12R 6着

ウマノジョー(父ウイングアロー)        大井記念       5月24日(水) 大井11R 1着

アサクサセーラ(母母父ミスターシービー)    兵庫大賞典   5月5日(金) 園田11R 7着

マルカンパンサー(母母母父シービークロス) かきつばた記念(G3)  5月3日(水) 名古屋11R 9着

ビッグイージー(母母母父タマモクロス)  やまびこ賞(3歳)   4月30日(日) 盛岡11R 4着

カッサイ(母母母父ミスターシービー)   福永洋一記念     4月26日(水) 高知9R 3着

スプリングスワン(近親ウイングアロー)   由布岳賞       4月22日(土) 佐賀9R 4着

 

地方交流レースの出走予定JRA馬(枠順確定)

なし

地方交流レースの出走JRA馬(結果)

ダンエクセル(母母父タマモクロス)   ジューンフラワー賞(3歳)  6月14日(水) 川崎10R 4着

 

 上記レースの模様は、各場公式HP等の他、スカパーのカッコ書きのチャンネルで実況又はVTR放映の予定

 

MENU

トピックス

今週の出走馬(先週の結果)

先週の新規登録馬&登録抹消馬

交流掲示板

人気投票

各種詳細データ

  タマモクロス関連

  ミスターシービー関連

  シービークロス関連

  ホワイトストーン関連

  ウイングアロー関連

蹄跡〜思い出のあの馬、あのレース〜

  タマモクロス関連

  ミスターシービー関連

  シービークロス関連

  ホワイトストーン関連

  ウイングアロー関連

記録室

  G1制覇詳細結果

  G1レース入着成績一覧

  重賞制覇成績一覧

  種牡馬成績

  ブルードメアサイアー成績

番外編

  テキサスワイポン

  ホワイトフォンテン

  ヒカリデユール

  ライフタテヤマ

  ロングヒエン

  ネコパンチ物語

リンク集

 

Topics

タマモクロス関連

6月25日(日)阪神の宝塚記念(G1)に出走したヒットザターゲット(母父タマモクロス)は、道中は最後方を追走していましたが、向正面の中間あたりから一頭3〜4馬身取り残された形になります。川田騎手が「ノメってしかたがなかった。」と言っているように、道悪で思うような走りができませんでした。それでも直線に向いてからも諦めずに頑張り抜いて、結局最下位11着だったものの、最強のキタサンブラックとの差は3馬身でした。9歳という年齢もありますが、今回は不得手な道悪がすべてでした。引退も遠くないと思われますが、まったく力を出せない条件のレースで大敗したまま終わるのも不本意ではあります。今後どうしていくのか分かりませんが、どの道に進んだとしても最後まで応援し続けます。

6月21日(水)門別の地方重賞レースのグランシャリオ門別スプリントに出走したトドイワガーデン(母母父タマモクロス)は、9番人気の人気薄で、道中は2番手を追走し、直線を向くところでは遅れ気味になりましたが、そこから渋太く差し返すような踏ん張りを見せ、優勝した1番人気タイセイバンデットから3馬身半差の4着となりました。前年の岩手の地方重賞ハヤテスプリントをレコードタイムで圧勝したのを始め、1000mのダートではこれまで3戦全勝でしたが、やはりこの距離ではかなりの力を持っていることが証明されました。古馬相手でも好勝負できたことは収穫で、今後ダート1000mであれば、地方重賞制覇の可能性もありそうです。

4月30日(日)盛岡競馬場で行われた3歳地方重賞のやまびこ賞に、JRAからの移籍初戦となるビッグイージー(母母父タマモクロス)が出走しました。レースでは、一頭ポツンと離された最後方を追走していましたが、直線はなかなかの追い込みを見せて4着に食い込みました。優勝したキングジャガーからは7馬身半差がありましたが、これから経験を積んで行けば、まだまだ伸びしろかありそうです。今後の活躍が期待されます。

 

 ミスターシービー関連

6月29日(木)園田競馬場で行われた地方重賞の園田FCスプリントに遠征した高知のカッサイ(母母母父ミスターシービー)は、2番手からレースを進め、4角では先頭に並びかけて勝利への期待が高まりますが、この時点で断然人気の地元兵庫のマルトクスパートが直後に取り付きます。それでも、カッサイが何とか押し切れるかと力が入りましたが、あとほんの僅か最後の最後で鼻差差されて無念の2着惜敗となりました。あそこまで行ったなら勝ちたかったところだけに残念でしたが、この馬らしい走りを見せてくれたと思います。これからも活躍が期待できます。

1月3日(火)園田競馬場で行われた地方重賞レースの新春賞に出走したアサクサセーラ(母母父ミスターシービー)は、道中は2番手を追走すると、3角から先頭に立って行きます。直線は、エイシンニシパ,タガノトリオンフの2頭にはかわされてしまいましたが、2馬身半差の3着に踏ん張りました。53kgのハンデも利いていた面はありますが、古馬一線級に交じっても、十分好勝負できることを示してくれました。まだ明けて4歳になったばかりで、これからまだ力をつけていけるだけに、兵庫生え抜き馬でもあり特に応援したいと思います。

12月18日(日)阪神のベテルギウスS(OPEN)に出走したサンマルデューク(母母父ミスターシービー)は、道中はいつも通り後方を追走し、3角過ぎから大外を押し上げて、4角では中団まで取り付きますが、直線はじわじわとした伸びに留まって、優勝したミツバから8馬身差の5着でした。それでも、中間体調が良くない時期があって、今回は5カ月の休み明けだったことを考えれば、まずは力は見せてくれた感じです。なお、その後3戦は8着,10着、7着と追い込み切れない競馬が続いています。年齢的に厳しくなっているのは確かですが、まだあっと言わせる大駆けを演じてくれる可能性はあるずです。

   

シービークロス関連

5月28日(日)佐賀競馬場で行われた九州ダービー栄城賞に出走したハクユウロゼ(母母父シービークロス)は、道中は中団から競馬を進めますが、先頭から少し差のある形となります。向正面から仕掛けて差を詰めにかかりますが、4角で先行勢の後ろに取り付くまでにかなり脚を使ってしまいます。直線は上位勢が差のない激戦となり、ハクユウロゼも4番手からじりじり脚を伸ばしてはいるもののなかなか差を詰められず、最後に差し返して優勝した断然人気のスーパーマックスに、半馬身,半馬身,半馬身差の4着でした。頑張ってはいましたが、あとひと押しが利かなかったのは残念でした。佐賀の3歳最強の地位に就くためにも、もうあと一段階のパワーアップを期待したいです。

5月3日(水)名古屋競馬場で行われる交流グレードレースのかきつばた記念(G3)に出走した名古屋のマルカンパンサー(母母父シービークロス)は、さすがに地方の強豪もJRA勢も相手が強かったことから、後方のまま見せ場なく12頭立ての9着に終わりました。優勝した兵庫のトウケイタイガーからは約13馬身の差がありました。それでも、地元名古屋勢の中では最先着でした。8歳牝馬でよく頑張ってくれていると思います。

3月20日(月)中京4Rの障害未勝利戦に出走したセイウンアワード(近親シービークロス)は、道中は中団あたりにつけ、最後の4角で先行集団に接近すると、直線の最終障害を飛越したところから先頭に抜け出して、最後は1,2番人気馬の2着争いに1馬身3/4差をつけて快勝。10番人気と評価は低かったものの、障害入り3戦目で障害初勝利を飾りました。平地での勝利と合わせて、これで通算2勝目となりました。シービークロスの近親は、現役競走馬は中央・地方ともほとんど見当たらない状況なので、この勝利は本当に嬉しい限りです。

1991年の京都大障害を制したエーコークロス(父シービークロス)は、JAIRS(平成25年より軽種馬育成調教センターから引き継ぎ)が発表した平成27年引退名馬助成金交付馬 (H16新規交付)となっています。繋養先は、愛知県の竹内三年氏(ブライダルホース/東浦町)となっています。 2008年の段階で、父シービークロスと同じメラノーマ(黒色腫)が出てきているそうですが、現在進行は見られず、27歳になった今でも元気に日々を過ごし、とても大事にされているそうです。

 

ホワイトストーン関連

ホワイトストーンの一族は、残念ながらほぼ血脈が断たれた状態で、ホワイトストーンの六代母のパプース(1928生 英国産・小岩井農場が輸入)の血を引く現役競走馬は、第弐パプースを八代母に持つ川崎所属のプチプチただ一頭だけになっていると思われます。そのプチプチが、9月9日(金)の川崎のC3戦コスモス賞を優勝し、通算2勝目を挙げました。ホワイトストーンのほか、ダービー馬タチカゼ,最優秀3歳(2歳)牡馬のリンドタイヨー,オークス3着馬メジロフクシマ,中山大障害勝ちのクニハヤヒメ,京王杯オータムHなどを勝ったアサユキ、東京障害特別勝ちメジロザニアー,南関東では無敵で中央入りしてトウショウボーイ,グリーングラスなどが出走した天皇賞・秋で3着となったシタヤロープなどを輩出した血脈ですが、繁殖生活をしている馬はほとんど見当たらず、このプチプチが最後の一頭になる可能性さえあります。プチプチはホワイトストーンにとってはかなり遠縁の馬ですが、何とか長く活躍を続けて、できれば次代にその血を伝えていってほしいです。

 

ウイングアロー関連

6月28日(水)大井の帝王賞(G1)に出走したウマノジョー(父ウイングアロー)は、これが夢のG1初挑戦で、地方馬では最も人気のある8番人気でしたが、JRA勢からはオッズに大きな差がある単勝106.2倍でした。レースでは、いつにない積極策で4番手争いにつけて行きましたが、3角手前から遅れ始め、4角ではJRA勢7頭の集団から3馬身離された8番手となり、積極策がこたえて力尽きてしまい、他の地方馬2頭にもかわされて10着に終わりました。勝ちに行く競馬が着順的には裏目に出た形でしたが、JRAの最強クラス相手に真っ向勝負を挑んで行っただけに、致し方ないところです。山本聡騎手も、悔いのある騎乗ではなかったはずです。この経験を糧に、今後もまたグレードレースなどでの好走を期待したいです。なお同馬は、7月17日(月祝)盛岡競馬場で行われるマーキュリーC(G3)に登録しています。

1月29日(日)中京8Rの4歳上500万下平場戦に2番人気で出走したトミケンシェルフ(母父ウイングアロー)は、道中は好位の内々を追走すると、直線での競り合いの末、1番人気プエルトに首差競り勝って優勝。昨年5月の新潟戦の勝利以来、2度目の500万クラスでの勝利を飾りました。これで1000万クラスに昇級となりますが、気を抜く癖があって難しい面はあるものの、上のクラスでの活躍も期待したいです。

12月31日(土)水沢競馬場で行われたグランプリの桐花賞に出走したトーホクアロー(父ウイングアロー)は、道中は後方を追走すると、直線はじわじわ脚を伸ばして5着となりました。優勝したナムラタイタンからは7馬身ほどの差がありましたが、4着のユッコとは鼻差で、あともう一歩で4着もあった競馬でした。桐花賞は3歳時から5年連続の出走で、過去4年はすべて3着〜4着でした。今回はひとつ着順を落としましたが、5年連続で掲示板に上がったのは立派です。年が明けると8歳になりますが、まだ頑張ってくれそうです。

12月4日(日)中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1)に出走したメイショウスミトモ(近親ウイングアロー)は、スタートはひと息でしたが、道中は中団内々でいつもより前目の位置でレースを進めます。直線に向いて一旦伸びかけるシーンがあったものの、そこから伸び切れず、ラスト100mからは追い込み勢がドッと襲いかかって来る形になり、最後は勝ち馬から約6馬身差の11着(15頭立て)に終わりました。本格化しht="1" bgcolor="#FFFFCC">

 

今週の出走馬(先週の結果)

 

 

先週の新規登録馬&登録抹消馬

 

 

タマモクロス

 産駒の全リスト   孫・近親の全リスト

 血統表(4代)        生涯成績

 母グリーンシャトーの生涯成績

 妹ミヤマポピーの生涯成績

  登録抹消馬リスト(産駒) 地方成績掲載 

 登録抹消馬リスト(孫・近親) 地方成績掲載

  地方所属馬の主要レース成績

  蹄 跡 〜あの馬あのレース〜

 Photo    

シービークロス

 孫・近親の全リスト

 血統表(4代)    生涯成績

 母ズイショウの生涯成績

 登録抹消馬リスト(産駒・孫・近親) 地方成績掲載

  地方所属馬の主要レース成績 

  蹄 跡 〜あの馬あのレース〜

  Photo   

ミスターシービー

 産駒・孫・近親の全リスト

 血統表(4代)   生涯成績

 母シービークインの生涯成績

  登録抹消馬リスト(産駒) 地方成績掲載

  登録抹消馬リスト(孫・近親) 地方成績掲載

  地方所属馬の主要レース成績

  蹄 跡〜あの馬あのレース〜

 Photo  

ホワイトストーン

 近親の全リスト

 血統表(4代)    生涯成績

  登録抹消馬リスト(産駒・孫・近親) 地方成績掲載

 地方所属馬の主要レース成績

  蹄 跡〜あの馬あのレース〜

ウイングアロー

 産駒・近親の全リスト

 血統表(4代)    生涯成績

 母サンヨウアローの生涯成績

 登録抹消馬リスト(近親) 地方成績掲載

  地方所属馬の主要レース成績 

  蹄 跡〜あの馬あのレース〜

 記 録 室     

 G1制覇詳細結果

 G1レース入着成績一覧    

 重賞競走制覇成績一覧    

 種牡馬成績

 ブルードメアサイアー成績

 

 

 

交 流 掲 示 板

 

CROSS&C.B.人気投票

 

 

番 外 編 

その他、昔なつかしい馬を

個人的な思いでピックアップしてみました

テキサスワイポン、ホワイトフォンテン、

ヒカリデユール、ライフタテヤマ、

ロングヒエン

 

ネコパンチ物語

 

 

 

リンク集

 

 あなたは人目の訪問者です。

 このページの管理者はびんたまです。

 このページはリンクフリーです。 右のバナーをご使用ください。  
 ご意見・ご感想や情報など、お待ちしています。

  E-mail:ovi@d1.dion.ne.jp