nakacornは突然ダイビングをはじめた。スキューバダイビング、水中世界である。
地球上の72%は海、その海なくして地球を語ってよいものかと。いや、地球について語るつもりはさらさらないが、水中世界に興味を持ったのは事実。
ここでは、ライセンス取得の過程から、潜った海について紹介する。
こんなきれいな海に潜らない理由はないだろう。
diving

1.Cカード取得

2.こだわり器材

3.国内ツアー

4.海外ツアー

5.ダイブログ

6.イベントログ

7.ダイブショップ




 
7. ダイブショップ
  Blue Earth21 大分

所在地
 大分市生石5-8-10
  (かんたんサーカス西隣り)
電話
 097-534-0021
営業時間
 12:00〜21:00(火曜休み)
URL
 www.be21.com
ライセンス取得からお世話になったショップで、西大分港のダイヤモンドフェリー乗り場から西に徒歩1分のところにある。クルーザーにヨット、シーカヤック、キャンピングカー、マイクロバスと一通りのアウトドアスポーツを堪能できる設備を持ち、ダイビング以外のイベントも月に3,4回というかなりの頻度で開催されている。
実際、ダイビングはあまりしないけどイベントには参加する、という会員も少なくないらしい。実は、nakacornもその中のひとりである。
メインゲレンデは、田ノ浦、蒲江、間越、深島、リクエストがあれば柏島や坊津、延岡にも足をのばすという。
常駐スタッフは以下の3名で、その他10名を越えるダイブコントロールスペシャリストの受講者がサブスタッフとしてアシストし、ショップは常に賑わっている。ダイビングに興味がなくてものぞいてみたら楽しいに違いない。

STAFF
てんちょー ♂

てんちょー
だいすけ ♂

だいすけ
土偶ちゃん ♀

土偶ちゃん
海を濁らせる男≠ニの異名を持つ、Blue Earth21の店長。店長がガイドをする日の海はなぜか荒れて、透明度が極端に悪くなる。本人も自覚してるらしい。
いつも爽快な笑顔と快調に飛ばすギャグでゲストを笑わせるが、ダイビングに関しては厳しい目を持っていてプロダイバーとしての風格をもつ。
モルジブ帰りのダイバー。そのダイブスタイルは「欧米風」として、表向きはゲストの残圧チェックなどをせず、ひたすらガイドに徹する。講習も手取り足取りではなく、遠くで見守ってるというかたちをとる。いつも本音で語るところに男らしさを感じる。
イベント好きで生まれつきのエンターテイナーといっても過言ではない。
Blue Earthの紅一点。若くしてインストラクターの資格を持つ。
男性スタッフからいつもいじめられ、セクハラまがいの暴言を吐かれることもあるが、ひるむことなく切り返す姿に、ショップを裏で仕切っているとの噂もある。
人の言うことを素直に聞きすぎるのか、簡単に騙されるところがかわいらしい。