自己PRのコツ パート2  丸暗記しないように。

決して自己PRは丸暗記しないでください。大分少なくなりましたが、まだときどき丸暗記されている人を見掛けます。しゃべっている本人は分からないかもしれませんが、丸暗記していると、聞いているほうは絶対に分かります。では、どうするか。
  1. ネタを作っておく
  2. ネタを組み合わせる
  3. 1つのネタの肉付けをしておく
具体的にどういうことかと言うと。自分の中でピーアールしたいことの項目をいくつか作っておく。例えば、1.真面目であること。2.学生時代には、経営者の本を沢山読んだこと。3.学生時代は、自治会の役員をしていたこと。4.写真屋でアルバイトをしていたこと。などピーアールしたいことをいくつか項目(ネタ)としして用意しておく。
そして、その時の制限時間などによって、項目(ネタ)を組み合わせていく。時間が短ければ、項目(ネタ)だけを簡単に列挙していくようにする。時間があれば、項目(ネタ)に、エピソードなどを加えていく。こうすれば、ある程度、時間の幅に対応することが出来ます。
そして、自己PRは暗記するのではなく、ストーリーを押さえていくようにしておくと、あまり緊張せずにしゃべることが出来ると思います。つまり、このネタから入って、次はこのネタに行く、そして最後はこの話で締めくくろう。などと言うように、全部を覚えようとせずに、流れを覚えることが重要です。覚えようとすると、しゃべり方が、ぶっきらぼうになって面白くありませんし、一つ忘れてしまうと、それだけで舞い上がってしまい後は無茶苦茶になってしまいます。それから、ネタが多いほうがいいのは、言うまでもありません。
homeへ