建治旅館 飛騨路犬舎のページへようこそ


運動用引き綱作り



◎材料
 ・クレモナロープ(ビニロンロープ) □仔犬用9mm □幼犬用10mm □幼犬〜若犬(壮犬・成犬)12mm
 ・回転カン(より戻し) 9mmのクレモナには28mmの物を使用
              10mmのクレモナには40mm、12mmのクレモナには46mmの物を使用しています。
  回転カンは、メーカーにより寸法の表示が異なる場合がありますので、クレモナに合った物を選ぶ
  (普通に散歩する場合には、回転カンが無くても何ら問題ありません)

  


◎手持ちの輪部分の作りかた
 ・クレモナの先端約10cm〜12cmを解く
 ・縫い込み作業の時に先端が解けないようにセロテープなどで捲いておくと仕事がしやすいです。
  


◎約16cm位の輪を作り、縫い込んでいきます。
  


◎余った所をハサミでカットします。


◎より戻し部分の作り方
 ・クレモナを運動用に適当な長さに切り、回転カンを通す。
 (私の場合、完成時手持ち部分から回転カンまで80cmになるように切る)
 ・先ほどと同様に先端約10cmを解きテープで止めて、編み込んでいく。
    


◎片方も同じ要領で編み込む。


◎クレモナを運動用に適当な長さに切り、下写真のように1回縛り目を作り、それが中にくるように首輪部分を作る。
 (私の場合、回転カンから約120cmに切り首輪部分を作ります)


◎先ほどと同様に編み込めば完成です。

左から成犬用、若犬用、幼犬用です。


自分で作れば、自分の用途に合った長さの物が好きなだけできるので便利です。

◎繋ぎの先端を凧糸で捲くと長持ちします。

  


◎手持ち部分に房を付けると、より格好良く見えるかも?(クレモナを解いて自作しました)



今回は回転カン付きの引き綱作りでしたが、普通に散歩する場合には回転カンが無くても何ら問題ありませんし、より安価に作製できます。



戻る