飛騨路犬舎のホームページへようこそ

ここでの犬舎作製は我が家の立地条件に合わせて作った物であり、これが理想の犬舎というわけではありません。
あくまでも我が家の立地条件で、ここの環境に合わせて作りました。
自分で作ると材料費など原価で出来るので、鉄工所や職人さんに造ってもらう時の半分以下で製作可能です。
しかも思い通りの広さ形が出来るので楽しみながら作業ができます。


準備する物
 ◎犬舎の骨となる3cm四角鋼管(5m物)
 ◎犬舎の枠部分となる3cmアングル(5m物)
 ◎柵部部に使用する18mm鉄筋(5m物)
 ◎屋根部分に使用する角材と波トタン
 ◎鉄材を切ったりバリを取るサンダー及び鋼材用丸ノコ
 ◎溶接機及び溶接棒(面・皮手袋など)
 ◎錆止め及び刷毛
 ◎スノコとなる杉板
 ◎その他釘などの備品


 鋼材を準備します。
鉄骨屋さんにお願いすれば5m物を自宅までトラックで運んできてくれます。


 
設計した寸法に切り、溶接していきます。
*工業高校出身の私は高校でも溶接をしていたり、旅館業に入る前までは土木作業員としてしょっちゅう工事現場などで溶接に携わっていたので容易にできますが、初めて溶接を試みる方には難しいかと思います。

ここから詳しく製作過程を掲載する予定でしたが作成に夢中だったのと、隣の叔父さんに手伝ってもらっていたので写真におさめられませんでした。
以後完成写真になります。

錆止めを塗り、屋根を造って完成です。

 

 
大も満足そうにしています。(現在約6ヶ月齢)

万一に備えて鍵を付ければ完成です!