主張-U      .
        今言いたい一言
            
常識や人気取り報道に流されてないか?
           言わねばならないこと
           気になること、、等、言わせて頂く頁

                                    Homeへ戻る  
↑ 新しい項目
↓ 比較的以前


A135---2012.08.27

NHKクローズアップ現代に内閣代表が登場、考えに骨なし

 
 全くヒドイ話だ、
本日8月27日NHKクローズアップ現代に内閣の長らしき人物が登場。
大陸国家にはへつらい、自国民には負担を負わせる。
何と言う日本政府代表を作り上げてしまったのだ。

@決断すべき時に決断できる政治改革?何を決断した?
増税で国民負担の増大、そして
安全不安の中での原発稼動、他に何があろうか?
A首相官邸前の脱原発抗議集会、形だけの会見協議の場、
NHK番組での回答も笑わせる、
参加してない人の意見・立場も考えないと、、、そんな印象だ、何を考えてるのだ。
言い逃れだけは巧みな(表面だけだが)代表だ。
B竹島問題にも平然、、、日本の領土だが実行支配を許している。。。何もしないのか?
この如くに、決断すべき時に決断する内閣は、何を決断したかと言えば、
『国民負担の消費増税』、『国民不安そのままの安全無視原発稼動』、
『他国からの国土侵犯者の即時釈放』、
『国民へのストレス増加』、、、
甘い政治には決断早い、
逃げ一辺倒の政治主導体制は早期にブチ壊さないと
日本存亡の危機は近い。


A134---2012.08.18
もう少し 骨のある与党大臣は居ないのか?
竹島も尖閣も政権奪回へ利用する事しか考えない野党代表、腐った政党

   
仲良しが最良なんて国民世論を養生、
そんな政治家しか輩出していない。
仲良し外交しか考えない政治家しか作ってこなかった不手際は、
暦年の自民党政治の失政である。
自民が内閣だったら竹島・尖閣でこんな理不尽はされてない、、、
冗談でしょ、、この理不尽を長年養生し続けてきたのは自民党なのだ。
 
日米安保・米軍基地に甘んじて、
日本独自の防衛施設・行動なんてまるで度外視だ。 
北方・竹島・尖閣いずれも自民党の骨なし外交の結末でもある。
それを反省もせず、現内閣になったからだ、、、幼稚園生の意見と同じ。。。
嘆かわしい。。。
  嬉しいニュースも有るにはある。???、、、、、
今回強制上陸の冒険旅行から帰還して花束貰って英雄気取りの香港活動家は、
10月頃?また再上陸したいらしいのだ。
『だから、ちゃんと 準備しなさいよ、、』、
そうコメント・提言をしてきてくれてる事だ。

日本も、ホテルでも完備して、お迎えした方が良いのでは?
常設建造物、監視員、お台場、緊急作戦など 
準備・装備ともに具体化必要条件は全て整っている。
これでまた 再上陸を許し、ブロック投げられても、
我々の税金で整備している警備艇が破損されても 
不法入国以外の悪さしてない、、だなんて
すぐ送還なら、尖閣も献上してしまった方が良い。
オスプレイも借用して尖閣に置いたらどうなんだ。


A133---2012.08.11
竹島も尖閣も 他の諸島もみんな近隣諸国に領有されてしまう、
それでも何もしない、日本外交・名ばかりの防衛戦略?

   
ヒドイ話だ、日本の防衛も名ばかり、
防衛大臣の軽率発言、すぐ罷免せよ。
確かに竹島は太平洋戦争直後の1954以来、
韓国も領海線引きして領有を主張してきた、
日本も放棄してないから時折、領有を主張するだけ、 
韓国がヘリポートだの構造物作って監視員常駐、先取り支配している。

それでも何もしない・出来ない日本外交。主張するだけの犬の遠吠え。
それに加えて戦略も無い。
実行支配され何も実力行使しない日本、竹島はもう無理だろう。
尖閣諸島だって中国・台湾が領有主張してる、何もしないならこのまま分捕られる、明らかだ。
ヘリ墜落が危険だなんて国内騒ぎしてる場合ではない。
狭い噴火噴出島であっても漁業・海底資源など計り知れない資産だ、
だから狙われるのだ。

攻撃軍隊持たない日本だから、日米安保に頼るしか手は無いのである、
オスプレイでもアパッチでも借りて常駐させるべきだ。
竹島も「韓国大統領が島に渡ったのは、韓国の内政問題」なんて
誤解を与えるトンチンカン大臣も
居ない方が良い。



A132---2012.08.03
5輪女子サッカー・なでしこ: 南アフリカ戦、引き分けを公然と指示したなら、
棄権して直ちに帰国せよ。 民放の視聴率ねらいの騒がせ報道も自粛せよ。。。

   
オリンピック女子ダブルスバトミントンで、
ベスト8中の4組が『戦意なし』で失格処分された。
柔道の指導減点などからすれば当然だ。
まだテレビ報道される前、
なでしこの対南アフリカ戦の戦意希薄も結構近い線だな、、と感じてた。
新人起用の多さ、後半の攻撃継続の希薄さなど、
手抜きは感じられて、面白さは半減。

テレビ報道が、監督が引き分けを指示したとか、
予選2位通過ならサッカー場移動不要で、選手の
体力維持にすこぶる有利など、Guestimation中心、
ゲスト元選手交えて、あること無い事不明の
視聴率アップの騒ぎを増幅して報道をする。
特に民放テレビの馬鹿どものバカ騒ぎに腹がたつ。
ロンドン5輪競技でなくて報道お祭り騒ぎは、いい加減にしろと言いたくなる。

  監督の腹には色々な戦略があろう。 
勿論、移動での体力消費も少なくしたい、過激な攻撃でのケガや
逆に失点を警戒、新人の国際戦での経験蓄積や交替戦力の意気高揚、などなど。
五輪役員当局も、実態調査に及び、該当する事実無し、、、と結論。
何でも大きなモメ事にして、
大騒ぎに出来るゴミネタを誇張して報道祭りを展開するテレビ各局よ、
君達も黄色カードを受け取れ。

  勿論、監督が公然と引き分けを指示、時間つぶしの試合を明言、
指導したのが明らかなら、即刻、棄権して帰国すべきだ。 
対戦相手やサポート観客を侮辱する大失態だ。
棄権・帰国の理由はそれだけで十分である。
観て明らかなように個人技能レベルは
欧米チームに比べてまだまだ、、、という面もある。

World−Cup優勝でチョット謙虚さを失っている態度も見られて要注意だ。
イエローカードのよい機会かもしれない。
五輪での不始末、そんな実態は無かったことを祈る。 
今夜もナデシコの戦意を応援しよう。
何の策略も無く、ゴールに突進する各選手の100%以上を見せようとする果敢さ、
それがナデシコの美しさであり、
真のサポーターを広げている力なのだ。



A131---2012.07.28
また神奈川県警だ、
神奈川県警・クズ組織は一度全面解体するしか方法はないだろう。


  7月27日発覚・公表された、またまた神奈川県警の不祥事。
神奈川県警のクズ達が立場を忘れてか、立場を利用してか悪さを働いた。
大和署のクズ警察官30代男4人が 後輩女性警察官をカラオケボックスに呼び出し、
服を脱ぐことを強要したりキスをするなど集団でセクハラ行為をしていた。
腐った部分隠しだろうが、警察・検察側?は、
カラオケBOXが公共の場所でないことから立件難しいとおっしゃる。

この警察では、たぶん、普通の民家に押し入った犯罪も公共場所でないから取り締まらないだろう。
日本にはダーティーハリーは居ないのか?必殺仕事人は現在は居ないのか?
警察の末梢神経部分の警察署警官がこれだから、
指令部分、県警上層部が腐っていることも容易に推察出来る。一度、総員入替えした方がよい。
クズは屑としてゴミ箱に一掃するしか方法は無いのだ。



A130---2012.07.20
活断層の危険性を抱えたまま、大飯4号も再稼動、周囲の政治屋も見つめるだけ

  
大飯原発3号の再稼動に続いて、
7月18日4号機も起動され、25日頃にはフル稼働となる
予定らしい。 他の原発再稼動待ち自治体も 自分の原発稼動の目算を始めてるだろう。
当然のことながら政府は地下断層の危険性は無視、
調査待ちのまま、再稼動の旗を振り続けている。
周辺府県自治体の長達も、あれだけ危険要因除外が条件と叫びながら、電力不足を唄う
経済界の圧力・選挙票田の力に煽られて、今は発する声も無い。

自分の政治生命のために、国民の安全運動を利用しているだけの姿が鮮明になってきた。
残念ながら、骨のある実行力ある政治家は日本には居なくなった。
腹の黒い旧態の故老候補者、ピーピーヒヨコ候補・タレント候補しか見かけぬ総選挙では
一票を投じる力も半減する。
現状の政治打開をねらうツイッター活性化に努力を向けるしか方法は無いか。



A129---2012.07.19
ここまで脆弱で いい加減なのか日本の原発は   

  
最近、原発記事は読むのが怖いし、いやになって来た。
国民の原発対応への意見徴集に、
イマダニ電力会社が公然と意見をネジ込んでくるし、
原発安全神話の養生のためだろうが、原発発電所立地に地震地盤の存在が隠されてあったり、
勿論、従来からの原発推進村の面々が画策して、
危い情報は知らぬ振りして押し通してきた、
それが少しずつ暴露されつつあるだけ、そう認識するのが妥当と思える。

ただし、厳然として重大な危険の中に国民を落としいれ、再稼動している、
そんな国政、原発団体、過去に遡っても、
関与している悪人どもは放置されるべきでない。
首相官邸周辺の原発反対抗議集会がその度に参加者が増加するのも当然。



A128---2012.07.08
大飯原発再稼動・国会事故調報告、絶妙に仕組まれた報告タイミングか?

  
7月5日、国会事故調の最終報告が衆参両議長へ提出された。
内容は、
・東電や規制当局が地震、津波対策を先送りしたのが最大の人災原因、
・安全対策することは原発稼働率低下し、コストが増加するという東電の安全無視と、
それを容認してきた規制当局の持たれ合いが原因。
・原子力安全の監督・対策が不備のまま
被災に至った。
・混乱助長は首相官邸の不適切対応にもあった、、、と報告。

報告の問題点@:規制当局とは腐敗した○○委員会など内閣や経産省下部組織で、
根本は従前からの与党内閣の腐った体質にあるのだ、
そんな指摘はどうしたのだ?
災害失態に対する国政調査権も行使しない、
責任所在に対する告発にも触れない、お飾り報告か?

報告の問題点A:対策に関する首相官邸の不適切指導に政府の問題をナスリ漬けているが、
客観的な立場の技術ブレーン組織が首相の周囲に何もない状態だった、
そんな状況で菅氏はそれなりに頑張ったと思うヨ。

問題は従来からの内閣・与党が安全神話を作って、規制なんかは
お飾りの慣れ合い集団にまかせておいた、そこが最大の腐敗原因なのだ。

報告の問題点B:これが最大の問題点・画策として臭って仕方がない、
最終報告書の提出タイミングだ。
原発再稼動の実績を造ったのが7月1日(大飯第3号)、
これより遅らせて国会事故調の最終報告が
絶妙に仕組まれたタイミングで出された感じがする。

この最終報告が再稼動スイッチの前に出され、
公表され、論議されれば、再稼動反対力は強まるし、安全規制組織が未完、原発安全具体策が
先送りされたまま再稼動する無謀さに警鐘は強まったはずだ。
  兎に角、事故調は原発再稼動に関しては何の役にも立たず、
内閣の付け焼刃的な安全レベル協議と素人の安全判断で再稼動してしまった。

規制組織が機能する前に、
安全策向上の計画だけで、安全対策工事をする前に、
原発再稼動の実績を作ってしまえとする 
『原発再稼動の最悪シナリオ』 ステップE 
に誘導されてしまった。
国民が愚かなのか?



A126---2012.07.01
関電大飯原発3号機 再稼動開始、 ニアミス続きなのに   

  
7月1日21時頃に大飯原発3号機が運転を開始する。
7月2日には臨界になり、4日に営業送電、8日にフル稼働状態の予定だ。
冷却水位の異常報告が地域には知らされないなどの体制問題を抱えている。

数日前の6月29日には4号機の過負荷警報作動、関電によれば気象状態で監視無線信号が、
途切れて警報が出ることは良くあることで問題ないのだそうだ。
外部への放射能モレ出て来ても『良くあることで問題ない』『すぐに人体に影響出るレベルではない』
なんて何日か後で知らされるだけ、、、危うい機器・管理体制のままに思える。
次の危機に曝される福井・滋賀・大阪周辺の国民が置かれる立場が憐れにさえ感じる。
原発再稼動・最悪シナリオのStep−6まで来てしまった。



A125---2012.06.29
国民を愚弄する東電株主総会          .

  この総会に合わせてか数週間前に
東電の手前味噌『福島原発事故調査報告』が出された。
殆どの内容は、東電はよくやった、内閣の基準作り、内閣の対策口出しが問題など、
政府事故調の畑村委員長も問題指摘せねばならない東電の自己擁護報告だったらしい。

こんな電力会社体質に対して、大阪市橋本市長が関電総会で現状の問題点を指摘し、
東電総会では東京都猪瀬副知事が問題点を指摘。
東京電力病院は東電社員やOBしか受診できず、病床数113床の稼働率は20%、
公的資金が入る中、直ちに売却すべきとの猪瀬直樹副知事発言に対する東電側は総会で
「都から一般開放は難しいと言われた」と釈明したが、
記録から「虚偽発言」、東電の嘘つき答弁らしい。

猪瀬副知事曰く、資産価値は122億円、損害保証金捻出すべき東電は、
この病院売却は予定していない。
日本航空など国費投入企業は賞与を数年間無しなのに、
東電腐った人事では当面3年間、賞与継続予定だ。

  こうした体制は原子力村山賊集団の被害者など
眼中に無い『暴力・強盗行為』と見てもおかしくない。
株主総会では勝俣恒久会長は降板するが日本原子力発電の社外取締役として庇護されるし、
木村滋取締役は電気事業連合会の副会長に、

藤原万喜夫監査役は関電工の社外監査役に移る予定。
高津浩明常務が東光電気の社長に就くなど、総会27日付で退任予定の取締役と監査役計20人のうち、
8人が関連会社などへ「天下り」するらしいのだ。
こうした原子力村主導の電力人事は事故原因の責任を相互に隠し合いながら、
高レベル報酬を維持、国民の生き血を吸い続けている。

  何故こんな状況が続いているのか、
『株配当が多ければそれで良し』とする無責任・無発言株主が山賊の盗賊行為を助長しているのである。
上位株主持ち株比率を見ると@東京都3.44 A東電従業員持ち株会3.30 
B三井住友2.67C第一生命2.25 
D日本生命1.88 E日本マスタートラスト信託銀行1.77 Fみずほ銀行1.49 と言った具合で、
運用のための安定配当狙いである。そのたに出資先が何をしてもいいのか?
こうした株式所有は現状を許している株主の責任でもある。

  大阪市や東京都はこの責任を果たすべく動き始めた。
問題は政府である。
自民・民主ともに原発拡大政策・促進交付金・原発村組織の維持と原発安全神話養生など、
盗賊行為を先導して来た結果、
政府は抜本対策を打っていない、これからも打てないだろう。
公益法人などの天下り撲滅指令は進めるものの、
原子力村に繋がる東電人事の天下り・報酬擁護実態は放置状態だ。

かかる悪癖・吸血鬼撲滅は悪質代官に対して水戸黄門様の印籠を借用する他無いのか?
自民・民主系列を選挙で撲滅しない限り、原子力村悪癖は無くならない。
最大の無責任者は、
かかる事態を意識出来ないで
適当な選挙投票をしてしまう我々国民なのかもしれないが。



A124---2012.06.16
大飯原発3&4号機再稼動を決定・安全対策場当たりで無責任政府

  責任分散で政府4役で決定だとさ。
2012年6月16日政府の大失政が決した。
何役でもいいが、中身も熟知できない原発素人が、
責任を持つと言い張って安全根拠不明の
大飯原発3・4号の再稼動を無責任決定した。

地元経済活性化や雇用確保、交付金目当ての福井県・大飯町など再稼動促進隊の理解得たと、
そして内閣配下のお手盛り委員会に安全だとの報告を取り上げての身勝手結論である。
企業産業優遇で発電コストも一般国民家庭を中心にむしり取る電力・政府の経済界べったり姿勢。
問題なのは国民の生活・安全を御旗に掲げながら、
安全の程度は全く無視、国民に何らの説明も出来ていない子供芝居なのである。

  その一つ、過去の記録・天正大地震の津波に関する考慮を無視して、
関西電力はこれまで歴史上津波の被害はなかった(だから原発も大丈夫)と言ってきた。
そんな関電体質もそのままだ。
研究者が調べ直した結果『兼見卿記』やフロイス『日本史』に、
1586年の天正大地震の津波記述の存在がはっきりしている。

外岡・敦賀短大教授(日本中世史)の指摘によれば古文書8冊に記述があって、
安土桃山時代の
天正13(1586)年では「子刻大地震、越州浦辺波ヲ打上(略)、
人死事不知数」など地震と津波での死者多数が記録されているようだが
原発推進派は都合悪い事実は隠して、
電力関係者は知らなかったで通すのだ。


  
その二は、
緊急時対策やストレステスト第一次で安全確保に努めている報告だが、
何をどの程度安全サイドに改善したか国民には説明ほぼゼロ、安全度不明である。
16日の首相の見解でも安全対策に具体的説明は無く
「不断の安全対策の推進を継続する」という
抽象論・理想論をパクパク声にするだけ、中身の無い場当たり説明が明白。 

各原発に作らせた緊急時対策案は紙切れ同然だし、
事故時に作業拠点となる免震重要棟の設置など
中長期対策(平成27年?)として先送りされ、
事故対応が批判を浴びた経済産業省原子力安全・保安院など安全規制組織の刷新も
大幅に遅れている。 
今後の安全基本を検討する委員会・組織すら稼働していないのである。
安全に関する殆どが紙切れに書いた餅なのである。
「安全が最優先」との首相の言葉は何なのだ?

  その三、隣接府県から指摘があるように、
万が一事故事態を迎えたとき、どの様な連携で協力し合い、
どんな避難指示や具体的避難動線を推進するのか、
これくらいは具体案できるだろう。
と思うのは国民の甘い考えで、何ら地域ごとの連携協議は進展してない、
次の事故が起こってから考えればよいか? 
そんな感触すら感じる政府無責任対応である。
何事につけ大阪市長や東京都知事までが
口を出さざるを得ない政治対応未熟が最悪である。

  当サイトのWEBマスターMinoさんは、さらに致命的結末を想定・追記する。
世界の最近の大地震M9以上が発生した場合、5例の例外なく地震に連動して
直近の火山噴火を引き起こされている(千島列島・スマトラなど)。
東日本大地震の直後、3月15日にMG5地震が富士山直下15Kmで発生。
地下マントルからマグマ溜まりに上昇するマグマ穴の栓を抜いた地震、トリガーの可能性大。
今年の富士山は地熱が上がって雪も少ない、湧水が増加して赤池なる湧水溜まりが出来、
富士五湖が富士六湖になっているらしいから要注意。

東日本太平洋沖大地震・富士山噴火・駿河トラフ・南海トラフへの地震連鎖の可能性も大。
  864年富士山の貞観大噴火・869年陸奥東方大地震・878年関東諸国大地震
・887年南海大地震(仁和地震)と大地震は連続し、
今回の東日本大地震に等しい広域地震が連鎖した。

20世紀に入っても同様の連鎖があって、
1923年関東大震災・1938年福島塩屋沖地震・1944年東南海地震・
1946年南海地震・1948年6月28日には南海地震の余震ともとれる福井大地震(M7.1)も発生しているのだ。
  こんな危険地帯に、危険な時期に、安全検討を後回しにして良いのだろうか。
被災があれば次世代にやってもらおう、
原発廃燃料の処理も次世代に検討してもらおう、
Inter-generation-Justice(世代間の公平性)を全く無視した暴力政治であろう。

こんな重大な危険を国民に押し付ける政府4役の無責任はすぐに問われる事態になろうが、
もうその時点では責任部署にこの人達は居ないだろう、
無責任政治屋の逃げ足は速いから。

損を見るのは血を流す我々国民である。
故に、国民一人独りは事実を自覚し、覚悟し、注視して行かねばならない。
そんな時節に生きている我々日本国民なのである。


A123---2012.06.11
自民・民主、原発推進党主導の国会事故調に偏見を強く感じる
当時の管直人首相の介入に問題点をお仕着せ、原発推進団体の問題点隠しか?

  変に色塗られたと感じる国会事故調の指摘に、管直人前首相の反論は当然である。
そもそも国会に設置された事故調査委員会は、原発推進の自民党・民主党など原発村擁護派にて
組閣された原発促進を擁護するための調査委員会であろうと、一応疑ってかかる必用がある。
推進派が推進派の過失からいかに目を遠ざけ、再塗装をしてしまおうとする背景も
考えておかねばならない。そんな再塗装の色模様が感じられてきた。

  6月10日の国会事故調(国会が設置した東京電力福島第1原発事故調査委員会)が、
事故対応をめぐって「官邸による過剰介入で現場に混乱を招いた」と指摘。
事故最大の責任をうやむやに、原発推進反対の菅直人首相に責任をナスリ付ける構えだ。
菅直人氏反論では、「異例ではあるが、東電も保安院も想定していなかった過酷事故が起き、
そうせざるを得なかったのが現実」。

菅氏はブログで、事故発生当初に経済産業省原子力安全・保安院が組織として機能していなかった
ことを挙げ「もし官邸が動かなかったならば、結果はどうなったか」と主張。
  我々国民目線で、誰が見ても当時の原発関連責任者は逃げの一手で、
対応・指示できる者は居なかった、事故当時に存在したのは無責任な保身発言だけ。
内閣だけが強引に旗振りをする他に手段は見えなかったことは、誰もが知っている。
特に原発関連技術屋・御用学者連中の存在価値は皆無。

そんな何も判らぬ中で、特に原子力村や東電の腐った主導部人脈の中で、よく頑張ったと思うよ。
原発推進派が、再び過失をスケープゴート(いけにえ)に押し付けて、
再稼動、原発維持推進の宣伝を始めた、そんな情勢を強く感じる。
国民総じて要注意だ。。。。
大飯原発3号4号機の再稼動を突破口に進撃を開始する悪の増殖に要注意なのだ。



                      Homeへ戻る   頁トップへ

A123---2012.06.09::
国民生命の安全より、電力不足より、損得勘定の内閣

  
6月9日朝日のカラムに全く同感出来るのコメントがあったので 紹介させてもらう。
野田政権が原発再稼動を急ぐのは何故か?「電力不足」をさかんに強調しているが、
原発セロが続いて電力会社が経営難になるのを恐れえているからだ。

政権や電力業界の「損得勘定」が再稼動の背景である。以上が新聞カラムであったが、
小生も強く感じるに、
首相コメントの記者発表の後、福井県知事コメントは「配慮して貰って有り難い」、
何の配慮だ?経済界代表の野田どじょうが立地地元の経済・仕事確保、電力関連企業の
安定存続、原発電力商売の維持存続を狙った、そして自己主張の結果である。
夏場の電力不足なんて嘘の塊である、だから初冬関係なく動かし、次の事故までは継続、
大飯3+4号限定のつもりもない、日本全土の原発に適用する種蒔きである。

強いて言えば原発輸出の後押しでもある。いいのかこんな内閣で、こんな政治で?
名目的には国民の安全、安定的生活、、、だろうが腹は見えている。
政治屋にとって売名の良いチャンスでもあるし、
「安全なんてどうでも良い、金の流れが出来れば良いのだ、
人の生命だって、滅亡と誕生の動きがあればそれでいいのだ」。。。。。
舎利子よ、色不異空・空不異色・色即是空・空即是色なのだヨ。。。。。。。。。。



A122---2012.06.07::
東電は社会に邪悪な巣を張る毒グモか?

  
東電は国費(我々の税金)投入で機能維持させようとする状態にある破産団体である。
電力エネルギーを扱うから軽々に分解させる訳には逝かない。それを良いことに、
7月から10%以上の家庭電力料金値上げを申請してきている。

政府も政府だが、まったく経済界・産業界にやさしく、民間から厳しく電気代を吸い上げる体質。
値上げ審査委員会への経産省エネ庁報告によると(過去5年の電力収支)、
電力事業全体の電力量は38%が家庭用、62%が産業用に消費、
利益は家庭から69%、産業から31%、いかに文句言わない家庭から吸い取っていることか。

特に悪名高い東電は家庭から利益の91%を吸い上げている。
家庭用電気料金は原価計算の総括原価方式といって、本当の電力生産経費に一定の利益率(もうけ分)
を自動的に上乗せして、絶対・安定的に儲かる方式になってる。
だからトップも危機感・責任感は無いし、値上げが権利だなんて平気で言う。
あれだけの過失を出し、過去に安全対策審議を極力ごまかし、国を、国民をだまして来た組織なのに、
この値上げには安泰組織のボーナス(今期冬で147億、来年再来年も各290億円程度)を
平然と計上して値上げ幅としてる。 

社員均等ではないから、かなりの部分が能無し・無責任トップの賞与取り分に吸い上げられるだろう。
ただ机を置いているだけの名目上層部、まだ居座る天下り、これらを撲滅する前に値上げだなんて
とんでも無い話だ。
電気代値上げで倒産にあえぐ町工場の責任者達が怒っている。
東電だけが悪いのではない。
こうした基幹産業の体質を養生してきた政府(自民・民主)のこれまでの無責任さも
糾弾されなければいけない。こうした政治屋も以後の選挙では駆逐する必要があろう。。



A121---2012.06.04::
経済界ベッタリの内閣が、般若の面を現わしたか

  
以下にのべた如く、休止原発の安全対策は形だけのものだ。
原子力村代表が力を振るい、御用学者が原発安全神話を歌い、これで良いのか?
原子力規制庁を中立性を与えた本当に安全を吟味する機関に改造しようとする方向で、見通しすら
出来てないのに、形骸化したストレステスト(一次評価)だけで大丈夫とのいい加減な判断で、
国民の安全を度外視し、国民の安全を悪魔に売り渡そうとしている。

生産活動、経済活動を最優先に、
大飯原発3・4号機再稼動に踏み切ろうとしている。
ドサクサにまぎれて増税もやってしまう。
般若の様相・鬼の様相がはっきりと現れてきた。



A120---2012.06.04::
再び悪名高いズサンな神奈川県警の失態

  
神奈川県警は警察庁から情報提供の真実性・確認を求められている。
元オウム真理教信者菊地直子容疑者(40)の潜伏先近くに住む50代の女性会社員が昨秋、
「神奈川県警に『似ている人がいる』と情報提供した」と話していることが分かり、
警察庁は4日、県警に事実関係を早急に確認するよう求めた。


女性の親族によると、女性は昨年9〜10月ごろ、相模原南署に電話をかけて
「菊地容疑者と似ている人物が近くに住んでいる」と伝えた。
同署からはその後、問い合わせはなかった。
今回の身柄確保から、その事実は真相であり、
警察は対応できるようマニアル作りで何とかしたい様子だ。
相変わらず警察の要員には問題なく、体制・制度の問題として逃亡しようとする。

マニアルが有っても腐った給料ドロボウの警察ではどうしようもない。
大方の人材を入替えたほうが良い、就職難の時代だから、
メクラ警察の代わりぐらいは手当て出来るだろう。
   どうしようもない警察:::

オウム真理教の特別手配容疑者をめぐっては、昨年12月31日深夜、
平田信被告(47)が警視庁に出頭した際、
本人が名乗ったにもかかわらず、
警備していた機動隊員がいたずらと判断して妥当な処理をしていない。

   
3月23日報道では、長崎県西海市の2女性殺害事件で、
千葉県警習志野署員がストーカー被害届受理を先送りし、署員旅行していた。
原発のいい加減さもそうだが、取締りもいい加減。。。。。。
公務員給与・退職金が一般労働者の待遇をかなり上回る。確か退職金で400万も多い。
そんなヤカラが仕事してないのだ、困ったものだ、
税金ドロボウがピストル所持してるのだから始末が悪い。

原子力安全委員会の御用学者が
会議には大した時間を要さないのに結構な手当てを貰っている。
手当てだけならまだ許せるが、
電力会社の安全を無視した答申を受け入れてる。
この詐欺集団が原発を動かすのだから核爆弾を渡してしまったと同じ危険状態。

と言うほか無し。


A119---2012.06.04::
原発の電源喪失のリスクは過去に検討されたが、電力会社の力で揉み消された。

  
また当然ありそうな電力・原子力村の腹黒い実話だから、
書くのも面倒だが頭に来るから一応記載しておこう、
かかる失態を誘導した電力会社とそれを受け入れた原子力安全委員会担当は
刑事的にも処刑されるに等しい罰を受けねばならないだろう。

最近の文書チェックで明らかになったのだが、
平成3〜4年、安全委員会が設置されてから十数年の頃だ。
原発で制御電源が喪失したらそのリスクにどう対処すべきか、
原子力安全委員会の協議は存在した。
ここには電力会社の代表も参加して、そんなリスク実績はないし、大丈夫だ、、、
問題になりそうな面倒な議案はもみ消されたのだ。

それなら大丈夫だと言う文書表現を電力が作成せよ、
、、てな具合で電力の腹黒いでっ仕上げ文書が報告書に採用された。
腹黒い身勝手電力は当然、粛清されるべきだが、
それを容認してきた原子力安全委員会側も何人かの処刑者を出すことは必須だろう。

何故処刑かと言えば、無責任極まりない手前勝手なデッチアゲが、
今回の重大な過失をもたらしたのだから、
これだけの悲惨さを周辺住民に与えたのだから、遠島くらいでは済まされない。
鈴が森に向かうべきであろう。


A118---2012.06.01::
大阪城外堀は埋められ 真田軍団も壊滅状態         

  
いよいよ新猿の惑星、地球荒廃への行進曲・葬送曲が流れ始めた。
原発再稼動への最悪シナリオが進みはじめた。
世界に対しては恥ずかしい部分的なストレステストしか(計算しか)出来てないのに、
新たな原発安全策・原子力規制庁の具体化も進捗していないのに、
廃燃料を何処でどう処理できるのかも判ってないのに。
再び有害燃料に火を点けようとしているのだ。

  それにしても、稼働を大飯に限定、夏の緊急事態対策に限定するにしても、
あの橋本大阪市長が再稼動に同意した背景は何なのだ。今までが芝居だったのか?
大飯原発が再稼動出来て、他の休止原発がダメという訳には行かないだろう。
原発、総じて全再稼動の口火が切られたと観れる。

福井県からクレーム批判されていた近隣地域、滋賀県の嘉田由紀子知事や京都府山田知事、
大阪の橋本市長、総じて妥協に踏み切った。 
皆一同に徳川家康に頭を下げた感じだ。この要因はどこから来たのか。

  従来に比べて格段の安全性改善が担保されたとは見れない。
欧米の原発ストレス評価にくらべてもメルトダウンに至る以前の安全レベルチェックしかしない、、
そんな日本独自の第一次というデッチアゲのストレス評価しかしないのだ。
この第一次は夏までに再稼動させるように骨子を削り削って形だけの評価、紙切れであろう。
そんなリスクを抱えたまま、、、、、、日本沈没への行進は始まったのだ、
ええじゃないか・エエジャナイカ・エーじゃないか、、、空しい。
ま、人類なんてこんな生物なのだろう。。。か。。。



A117---2012.05.31::
安全は担保されなくても交付金や仕事は欲しい         

  
南相馬や大飯町、その他多くの原発立地字自体は、危険はあっても
原発から落ちてくる交付金や税収、職場・収入確保のためには再稼動を求めている。
問題は立地字自体以外の近隣でも金や保証はなくて危険だけが増加することだ。

  今回の大飯原発再稼動についても大飯町議長血縁関係が4億程度の仕事を貰ってきた。
そんな事実は別にしても、大飯町、それを抱える福井県の賛成思考は当然とも言える。
ただ、日本全土にこの個別利益選択を認めていると、過去の原発事故記録から見ても、
近将来の日本に致命的原発被災が発生するのは明らかである。



A116---2012.05.31::
大阪城の外堀を埋めた家康のように         

  
大阪城の外堀を埋めた家康のように、
このところ野田首相の口三味線がうるさい様子だ。
30日の内閣閣僚会議でも野田総理の強気発言が出始めた様子で、
 「一定の理解が得られつつある」、「私の責任で判断を行う」、、、、、、

歌舞伎役者気取りで・私の責任でやる・という無責任発言。
今まで原発再稼動は内閣主導部の責任において決める・・・と言ってきたのだが、
「私の責任で」何か確信めいた発言となってる感じだ。
何か事が有ればだだの役者にどんな責任をとる行動が出来るのだ?
ただ、現職を辞して逃げ去る?前代首相と同じ逃げ道しか無いのでは?
被災者そっちのけで。。。。。

 今までの外交・挨拶みても 細かく書き上げた中身のない原稿を読み上げるだけ、
挨拶だって相手の目を見ないで握手するだけ。。。てな感じで
実のある外交・折衝は○で出来てない、成果があったと自画自賛するのみ、
嘆かわしや。



A115---2012.05.30::
原子力規制庁の設置関連法案 審議始まる    

  民主も自民も原子力規制庁の具体化に大急ぎ、、民主・自民ともに
原発再稼動、維持拡大には依存ないから、どうやら大飯再稼動のを見据えた様子だ。
その再稼動を伝染病の如く、日本各地の休止原発に応用してゆくためには、
形式的にも筋の通る原発安全の新規制・体制が必要だ、、そう思ってる気配である。
―「大飯原発」真夏までに再稼働?

  規制庁は原子力の安全規制を一元的に担う機関で、
4月(2012年)には発足するはずだったが、野党の抵抗でこの時期までずれ込んだ。
野田首相は「国民の不安に応えるため、
一日でも早く新たな組織の下で規制、
防災体制を整えることが急務だ」と答弁して、野党に協力を要請した。
与野党案の違いは「迅速性か独立性か」という政府案と野党案で違いがある。

「政府案は規制庁を環境省の外局とし、政府の関与・配下にある組織の匂いがする。
形だけ新組織立ち上げたい政府原案では、
たぶん、ここまで原発被害を出してしまった原発村の悪人どもが
再度、多数、起用されて建物だけ、看板だけ付け替えたものだろう。

  問題は過去のような無責任省庁体質を払拭して真に安全を向上させる活動が出来るか?
この点では野党の指摘に分がある。野党案は政府から独立した原子力規制委員会を新設し、
規制庁はその事務局としてだけ機能することが良い。。。
要は中身の人材、トップの人格次第で成果が変わってくるのである。
電力各社体質を見れば判るように、悪は悪人の培養しかしないからである。



A114---2012.05.28::
東電の悪質ぶり、、解体せよ、、国民無視の営利集団

  こんな悪質東電に首都圏給電を任せていいのか 体質改善必須
国会の福島原発事故調は27日、当時官房長官の枝野経産相から状況聴取、
再度、原子力村各組織と東電のいい加減ぶりが示された。

多大な金かけて造った放射能拡散予測ネット(SPEEDI)は文科省から
内閣府原子力安全委員会へタライ回しされ、事故直後に利用されず、
デタラメ委員長の発言では「予測試算データだから避難などの対策決定に利用しないように」、
ふざけた発言、何時使うのだ、被災民の状況無視して、御用学者の遊びで作ったのに近い。
国民を馬鹿にしている。

  東電トップのどの発言からも国民全てはその東電身勝手さは熟知しているが、
枝野聴取で最悪な東電体質は明らか。現地の放射能被災民はそっちのけ、
3月15日未明に東電清水正孝社長から内閣への電話は「全面撤退したい」と 
「部分的に残す趣旨でなかったのは明確だ」と証言した。

事故調に対して東電は全面撤退を考えたことはないと言い逃れを続けるだけ。
東電会長の言い訳も振るってる「東電の一社員としての責任は感じるが、
直接の責任は事故を起こした福島原発の事業所長だ」、「事故処理は設備各社含めた別会社作って、
東電は後指射されない?健全事業?に専心した?」、あきれる。

  経済産業省原子力安全・保安院の人事体質も最悪、保安員広報担当審議官が
事故翌日の昨年3月12日の記者会見で「炉心溶融」の可能性を認めた直後に担当を交代させられた。
問責決議された大臣でも辞めさせないのに、
真面目な科学技術者組織や下層担当者の真面目さはドンドン除染される。
原子力村では幾ら危険なミスでも「事故」とは呼ばない。

「事象」などと呪文に近い言葉を作り出し、
天気予報と同じ軽さに偽装する、最悪のイカサマ部落である。
こうした徒党を組んだ悪人集団の撲滅は、やはり殺虫剤しかない。
カメムシ退治と同じに、結構難しい撲滅作戦になりそうだが。



A113---2012.05.26::
原発の国政・方針作りの審議自体が談合体質、日本の危機だ 

  
原発対策の筋道無視の政府・内閣の無責任再稼動の姿勢がさらに鮮明に。。
福島原発事故から僅か3ヶ月、海江田経産相の無責任発言、、、
何を根拠に原発再稼動の安全宣言をしたのか、、無責任極まりない、、
そのイイカゲンさに福井県も反発、、、、

すでに3回もの臨界事故を起こしている日本原発なのに
今後の中長期の原発エネルギー生産、その安全性確保、廃燃料処理、、
どう進めるのか、何らの説明もない、、
夏場は暑いから再稼動するのだ、、、らしい。
税制改革(増税)も東日本大震災を祭騒ぎにして、
そのドサクサに一大事を決めてしまう腹に見えてきた。
この点については小沢一派の主張も一理あるかも知れない。。

 このところ、内閣や経産省傘下の原発村集団(原子力安全保安院・原子力委員会・
原子力安全委員会)が、中立を逸脱し、
原発推進派の人間を多数包含して国の原発方策を決めつつある、
その方向に故意に誘導した報告を作成しつつあり、それを平気で国民に示す構えだ。

5月25日の報道によると、内閣府の飼い犬である原子力委員会そのものは
原発行政の民主的運営を目指して組織化(1955年)されたはずなのに、
この委員会が悪用されている。
委員会小委員会は原発推進の旗頭である電力会社などに報告書原案を事前配布し、
原発推進に有利な方向に修正していた。

  内閣府組織の長である首相に最大の管理・監督不届きの責任があろう、
常識的にはそう思うが、その総理も同じ推進方向だから放置していたとも考えられる。
広報されてしまったからには 「知らなかった、遺憾である」 答弁も予め予見できる。
この原子力委員会では20回以上もの非公開・密議をしており、
勉強会と称して原発推進電力側と接触して、
電力側から核燃料サイクル事業の推進などを要請する場にもなってたようだ。

裏では何をやるか判らぬ団体、原発で飯を食う人間・団体の集まりで
公平な未来の構想が出せる訳がない。。。。
嘆かわしい。どうする?

 NHKの経営委員長数土氏側から
敢えて東電の社外取締役を希望する必然性は見当たらないから、
これも東電側からのNHK情報統制・誘導を狙った工作と見るのが自然だろう。
金のためなら何でもやる山賊集団を撲滅させる殺虫剤は無いものか。。。???

《参考》: 内閣府原子力委員会:1955年、原子力基本法成立によって、
原子力の国策と原子力行政の
民主的運営を図るため1956年設立。 
内閣府原子力安全委員会:1978年原子力基本法の一部改正時に原子力の研究・開発の中で、
特に安全性に特化して審議を行うよう原子力委員会から分離独立組織としたはずなのだ。

《Minoさんコメント》最悪の理解では、
原子力委員会では安全面は他人任せにして儲け主義の論議が
し易い場になったのでは? 
原子力安全委員会の方は、どの程度の安全性か説明は聞こえないし、
内閣決定には安全との報告だ、、、と内閣決議の手段・隠れミノに使われてるのじゃ???


                         Homeへ戻る   頁トップへ


A112---2012.05.24::
霞ヶ関の政体バラバラ時代は 日本の格付け下落の最大の要因

  
全く嘆かわしい。
いくら捩(ネジ)れてもいい、前向きに政治する団体ならば。
旧態の自民、政力回復に奔走、そのために被災国民の現状をエサに・ネタにする。
体内臓器の機能はバラバラ、マニフェストなんてどうでもいいけれど、
各党の派閥時代よりさらに素性の悪い財界産業界優先の松下塾・野田執行体制、
国民目線での政治の改革を意識する枝野若手グループ、
旧態存在力を維持踏襲する小沢派閥と、それにシッポを振る新入議員・タレント議員、
戦国時代の様相だ。迷惑をこうむるのは国民・平民である。

民主でも、何党でも良い、真摯に政局に向かう若手達よ、、
安全度外視の原発再稼動安全宣言や
電力不足対策を優先させてしまう内閣執行体制に悪の手を貸してはならない。

  特に、影響力の大きい経産省方針には、最善の客観的考察を加えて、行動せよ。
例えば直近では、経産省の専門委員会が
「家庭用含めた電力販売の全面自由化の方針」を答申して
来年の通常国会で電気事業法改正案として提出するらしい。

電力安定供給促進の一要素にはなるだろう、
しかし商品(電力)不足環境では価格上昇(電気代上昇)を招く要因にもなり、
国全体での電力受給調整のコントロールは出来にくくなる負の効果も無視出来ない。

  経産省もこのまま原発安全再稼動を推進するのではなく、
電力源・エネルギー供給の多様化、効率化、
そして配給システムや新技術開発などの将来構想、その検討など、今こそ力を集中すべきだ。
そんな将来構想は霞ヶ関政治屋集団からは聞こえてこない。 

聞こえるのは、原発安全神話への引き戻し工作(ペット化して餌を与えてきた経産省部門の配下の
原子力安全保安院が安全と言うから、、、)なんて幼稚園児の言い訳だけで、
原発再稼動へ踏み出そうとする現内閣の経団連と歩調を揃えた足音だけ。

  経産省と言えども、今日・明日のエネルギーだけ考えるのではなく、遠い将来のエネルギー、
そこに生活する将来人のことも考えて実行すべき物事の順番を考えよ。
Inter-generation Justice(世代間公平性、 世代間利己主義)そんな観点からの政策を 一つぐらい
考えて国会法案に出せないものか。。。経産省だって人間の集まりだろうに。。。。。。



A111---2012.05.20::
東電の体質・原発促進村の首領達が今後も電力業界を支配してゆくのか?
次の致命的原発事故・放射能被災はいつ起こるのか?

  
全く頭に来る。
原発排燃料処理・核燃料サイクルがうまく稼動してないのに、
いつか誰かがやるだろう、、、無責任にも、、それでも核燃料もやし続けて、
原発再稼動しよう、夏が熱いから?工場回らないから? 
国民総自殺?誰かが言ってたナ。。
全く頭にくる話が多い。

  近未来に日本がまた原発事故、致命的荒廃環境を作ってしまうか あるいは予防出来るかは
国民の監視・意志主張・選挙を通して政治体制を換えられるか否かにかかっている。
このままの情勢が継続されれば、安全を度外視して団体の利己的利益追求、
原子力村指導部の個人的利己主義・利益追求が続いて、透明な放射能灰の巨塔が出来上がる。
次の最悪原発災害が起こされてしまう。(第2編・新猿の惑星になってしまう)。。。恐ろしい。
遠くでその災禍を眺めて笑っている原発村の悪徳指導部の顔が浮かぶ。

  以下の原発促進村のヤリトリを考えれば
悪人達の山賊行為が容易に想像される。
東電勝俣某会長 「それなら潰してほしい?」フテクダレ?おどし発言?
医療組織を牙城にして医師会天皇を組織した白い巨塔は一昔前、
今は見えない放射灰を振りまく愚劣な原発村山賊集団が合法的に暴力を振るう。

政治が仕向けてきた原発安全神話に見るように、
原発電力の経費はお手盛り状態なのだ。
だから原発集団に最悪のボスが出来上がって、君臨する。
そこに安易に報酬を得ようと御用学者・御用政治家も暗躍する。
その君臨・横暴さぶりは、(各紙・各WEB広報から要点つまみ出し)抜粋すれば、、、

4月19日都心のホテルオークラ。
仙石民主党政調会長代行が勝俣東電会長に社長西沢の入れ替えの方向を告げる。
東電勝俣「こちらにも五分の魂が、、、それなら潰してくれ、、、、」?そんな様なヤリトりらしい。
朝刊各紙は原子力損害賠償支援機構の運営委員長・下河辺和彦氏の会長起用、
西沢社長交代方向を既に報じている。

仙谷代行は「去る人があれこれ言うのはよくない」と人事の主導権が
旧体制にはないことを通告、勝俣会長ぶぜんとしてホテルを出たらしい。
同日夕方、原子力損害賠償支援機構の下河辺運営委員長は
野田首相から会長就任要請を受けた後、「やはり社長交代も、、、」と記者団に語った。
この段階で西沢社長続投の望みが絶たれた。

昨秋、勝俣会長は福島原発を本体から切り離す構想を議員に説明していたようだ。
原発を東電や原子炉メーカー、機構などが出資する新会社に移し、
東電はそれ以外の事業に集中する内容だ。

(甘い汁だけ吸い続ける酷いやり方だ)。。。。。。。。
身勝手な東電経営トップの態度に、国民目線と同じく枝野、機構ともに怒り心頭、、、
「廃炉や賠償だけ切り離して(東電が)身軽になる発想は許されない」。
昨年12月22日、企業向け値上げの方針を「権利」と唐突に発表したことも山賊的発言で、
枝野や機構の怒りを招いただけでなく、国民すべてが頭にきている。

クリスマスの頃、仙谷氏が都内のホテルで「国に経営権を渡したらどうか」と迫り、
勝俣ははねつけて、のたまわれるに、、、
、「IPP(独立系発電事業者)とPPS(特定規模電気事業者)の違いも判らぬ人達に、
かき回されたくない」。

専門用語を使い“素人”の原子力損害賠償支援機構の人間に経営できないと反論。
自分達だけの専門用語を大量に作って、危険性を隠し、
安全神話を作り上げてきた手法だ。
東電トップこそが安全やら放射能リスクなど、最も知ろうとしないし、
公知もしない下劣集団なのに、
周囲を素人呼ばわりする体質も許せない。

かくして
勝俣某は霞が関の強力官庁の財務省を防衛線に組み込もうと画策、
財務省体質では国費の消費や、東電経営に踏み込む石橋を渡りたくない、、、
そんな財務省に接近、財務次官の勝栄二郎と接触、勝―勝ライン、黒い絆キズナを結ぼうとす。
「出資額に見合った議決権がなければ、総合特別事業計画を認定しない」。
枝野は東電への出資と引き換えに国の管理下に置く方針を西沢社長に宣言。
悲願の消費増税法案を内閣主導陣に頼む立場の財務省も軟化、
議決権の3分の2以上を機構が握る方向でまとまる。

人事や国の関与で勝手な行動がとれない東電?
(というより理不尽な身勝手経営・人事の山賊行為が一部修正されたとみるべきだが)
原発事故に伴う未曽有の負担が残った。
異常な天災理由で一程度の保障は国が、、、そんな声は東電に強いだろう。
東電側からすれば政府・機構が力でネジ伏せてる様相が理不尽に見えるだろう。
枝野他の内閣や機構も手傷だらけ。

2月には国有化に反対する米倉経団連会長と枝野の確執が表面化、
東電の会長選びで経済界は背を向けた。
企業経営の経験がない下河辺に託す不安もくすぶり、
東電内の旧体制との攻防も今後あるだろう。
(経団連・経済界が同じく収益追求最優先で命・安全などは、、、本質も見えるというもの)

  恐らく今後を考えれば国費何兆円(我々国民が出費する訳だ)から、
それが再び山賊集団の牙城の中で無益に消費されてしまわぬように、
すべての国民の目線の中に監視してゆかねばならない。
無益な消費抑制、それ以上に、地球の環境保全とガイア生物の延命を
今こそ意識しなければならないと思うのだ。。。


                      Homeへ戻る   
頁トップへ

A110---2012.05.15::
法的人格(法人格)も経営者の個人的人格も無い東電体質に誰がしてしまった?

  
全く頭に来る。従来の東電の経営者には全く人格もなく、
結果的に法人格も無いに等しい。
だれがそんな組織に法人格を許したのだ。
そんな経営が親方日の丸の下で無責任に続けられて来た結果が、、、今回の放射能人災なのだ。
政府事故調の参考人調査を受けた東電会長のいい加減さは頭に来る。。

曰く、「当時の内閣、菅首相の対応に迷惑した、
東電の会長として責任は感じないが東電の一社員としては責任を感じる」フザケルナヨ。。。。。
「事故対応責任は会長でなく東電社長で、直接責任は第一原発の事業所長だ」、フザケルナ。
トップがこれだから、以下、各部署長は責任は自分でなく配下の部門長だと、責任を転嫁してるだろう。
こんな無責任な奴等が危険極まりない事業展開をしてきた。 

さらに今後の原子力規制を安全化するための3条委員会設置が、
中立性高い部外者で構成されては非常に困る、好ましく無い、、などと
身勝手さが抑制される方向を嫌った発言までしている。
なんて下劣な旧東電指導陣なのだ。 一度完璧に潰して、新たな電力供給組織にすべきであろう。
悪の元凶も撲滅しなければならない。。。。。。。。。。。。。。。。。。

原発イケイケどんどんグループの自民党、経産省、エネ庁、原子力安全保安院、原子力委員会、、、
皆悪の徒党であって、原発マネーを振りまいて
(国民から集めた電気料と税金をばら撒いて)原発促進してきた。安全は度外視だ。
最も悪いのは直接甘い汁を吸ってきた東電経営陣、原発マネーを地元に呼び込む地方自治、
そして政府自民党、、それを選んだ、、やはり国民が悪いのだ。。。
残念ながら、、、自分達の地域にだけ、
自分達の組織にだけ道路や利益を利己的に誘導する、

そんな政治家を好んで選んできた国民の大馬鹿が、
こんな禍根を作ってしまったのだ、残念ながら。。。。



A109---2012.05.14::
大飯原発の再稼動、キナ臭い煙が上がり始める  
 

 原発推進派一味と原発マネーに群がる利己主義集団は、公然と画策を具体化して、
安全確保出来ないまま熱い夏を乗り切るには原発再稼動が必須だと、
ヒタヒタと見えない津波を起こしつつある。

先月後半、政府経産省関係者が大飯原発周辺自治体に接触し始めた。
原発の基本政策には中立の検討委員会が必要だと論議されているのに、あえてそれを待たずに
再稼動で押し切る姿勢が表面化してきた。

内閣・経産省配下の政府第三者委員会が筋額通りの答申で
『原発再稼動しないと関電管内の夏には、概ね15%程度の停電・節電が必要』、、、
それに合わせるように福井県大飯町議会では5月14日町議会の検討結果として
『原発再稼動を受け入れる』方向を決めた。

安全性では何とも言えないが、
職場が欲しい、原発交付金、要は安全を売り渡して金を望んだ。
津波は海から来るだけではない、、
人心の脆弱な利己的判断が集まって総意として襲って来つつあるのだ。
配下の団体に踊り躍らせた結果、見え透いた話だが一応筋書きとおり、
内閣の原発再稼動の原案が公然と唄われ始める。
安全を無視した原発再稼動の最悪シナリオが一歩進んでしまった。



A108---2012.04.30::
現場の断片的意見・情報を都合良いとこ取りする報道は暴力・非行である

  
このところ報道屋への苦言が続いたが、
ついでに報道の現状にもう一つ苦言を呈しておこう。
東日本大震災の仮設住宅での報道を例にしてみよう。 

やっと仮設に入れた頃、NHKや民放も状況取材・報道を行っていた。 
たまたま足の悪い車椅子の人の一言『通路が砂利で思うように動けない』。
こんな一言だけが伝えられると、被災者も苦情しか言わない、公費で準備した仮設なのだから、
少しは有りがたさも感じてもらわねば、、、、、
テレビ見てる人は『被災者と言えども身勝手が過ぎるのでは?』、なんて感じてしまう。

  本当は砂利道で困ったという実情も有ったであろうが、
仮設に入れて本当に良かった、困ったことを拾ってみれば、砂利道、ぬかるみの問題もあったが、
周囲の人に助けて貰って過ごしている。。。。。こんなところが実情だろう。 
苦情だけが大きく先行して報道されては、
取材を受けた人間の人格を誤って報道、宣伝したことになる。

報道陣は意識しないまま、商売になるネタだけを都合の良いとこだけ、つまみ食いして
平気で仕事した気になってる場合が多々あるだろう。
こうした客観的状況をネジ曲げた報道は暴力・犯罪に等しい勝手さ愚劣さを帯びている。
報道屋諸君はこうした潜在的非行を犯さぬよう、心して貰いたい。

  もう一つオマケだが、NHKでも津波情報など緊急報道での切迫感が伝わるように、
組織内部で検討してる。人の命を左右する報道だから内部だけでなく、
もっと広く一般の意見を拾って、効果的な報道改善に努力すべきである。
画面情報を出して、『どこどこでの津波情報は○○となっています』、なんて
まるで他人事の喋りでは、逆に安心を与えてしまう感じだ。 
報道の仕方で効果/逆効果、どちらかの結果を与えてしまうのだ。

  放送経費削減の中での番組製作も大変だろうが、 
場合によっては放送休止時間帯が生じても良いから、 従来踏襲の手を抜いたトーク番組・
お祭り騒ぎ・出演者が楽しむだけの、時間つぶし番組は止めてくれ。



A107---2012.04.29::
北朝鮮の利己的指導部を非難して 国民平民を恨まず。。。

  
日本の報道にも問題有り。北朝鮮の国民全てが問題ありとの感覚に陥る。
問題は指導部の世襲的利己主義の一団にあって9割以上の平民は被害者であり、
悲惨な状況に追い込まれてきたのだ。

1950年、朝鮮戦争では日本は米軍基地として国内景気が刺激・向上されて浮かれていた。
その原因は中国・露国の毛沢東・スターリンの反米・反連合国対策の先鋒として朝鮮北部が動員、
南進戦闘行動が、南からすれば米国・連合国の支援で現韓国が反共の先鋒として東西冷戦の
先端に立たされたのだ。1953年7月の休戦38度線の設定で朝鮮半島は、悲しくも南北に
分断された。

 共産の先鋒を維持しながらも中露の支援が薄れつつある中で、北朝鮮の平民は
資源・産業の疲弊で苦難の生活を続けている。脱北という最期の手段が頻繁だ。
さて、日本の報道を観ると、北朝鮮全体が悪い印象で事態は報道されている。 
問題あるのは北朝鮮の極一部の利己的指導部にあることを鮮明に、報道すべきである。
悲劇の延長を生き、疲弊する生活環境の中に苦悩する善良な国民をも敵視してしまうような
安易な報道・表現・誤解を十分吟味した人間としての報道に傾注されたい。


A106---2012.04.27::
霞ヶ関政治屋、NHKはじめとする報道・情報屋のいい加減さに、怒り。。。

  
4月26日小沢元代表の4億円土地取得取扱い疑惑に無罪判決。
これで霞が関はどう動くのか?
そんな報道がお祭り騒ぎで報道されてる。どうしようもない。
報道機関がどうしようもない愚劣さだと感じるのだ。

  確かに民主党も割れるだろうし、
他党が党利党略に走る絶好の機会と走り回る。
残念ながら今の霞ヶ関には政治家が居なくて、殆どが政治屋の商い場だから仕方ないが、
報道だけでも、だから国民はどんな影響を受けるのか、税金・年金・医療・福祉のこれからを
どう観たらよいのか、そんな国民目線で報道をして貰いたい。
報道機関がお祭りを盛上げるなヨ。
政治屋のお祭り騒ぎを面白おかしく騒ぎ立てて 自分の給料をかせぐ情報屋の現状から脱皮せよ。。。。

  もう一つNHKに苦言・助言を与えれば、北朝鮮での打上げ報道の程度の低さだ。
4月13日に打上げは失敗に終わったが、打上げ物体は何だって???
誰かに言わされてるのだろうが、『人工衛星としている事実上のミサイル?』、、、、
NHKの素人アナが繰り返しそう報じている。何も調査も根拠も整理できてない一介の報道者が、
何でミサイルと断定するのだ? 

米国や欧州列強だって人工衛星打上げだとして軍事ミサイルの
開発・実験を重ねて来たのだ。 欧米先進国が打ち上げれば人工衛星で、北朝鮮やイランがやれば
大陸間弾道ミサイルなのか?
熟考しないで言わされているNHKは、非常識情報を常識情報にしてしまう洗脳工作をしている先鋒。
世界を堕落させる最悪の世論・情報工作に手を貸しているのだ。
NHK受信料は払いたくない、そう思うのは私だけではないだろう。
そんなにヘソを曲げるなって?
すいませんネ、東日本大震災から地面も心もネジレ捩れて、、、除染して貰いたい、、トホホ。


                         Homeへ戻る   頁トップへ

A105---2012.04.24::
どうでもいい加減な主導体制が、原発再稼動させようとしている

野田首相の国会答弁:原子力安全委員長の安全一次評価だけで結論してはいけないという、
そんな意見をも歪曲して、常に安全チェックを継続せよと言う意味だと、デタラメ答弁。
ひどい首相を選んでしまったものだ。

牧野経産省副大臣が滋賀・京都に再稼動要請に出かけた(4月23日)
安全についての専門家意見が十分聞けてない、政府説明不十分と追い返されているが、
当の副大臣は「まだ十分理解を得た状態とはいえない」なんて幼稚園児の手前味噌発言だ。
滋賀県を中心とする住民80名は安全評価が十分でない原発再稼動の中止を求める提訴を
大阪地裁に出している。 全く納得できる反対運動だ。 がんばれ地元パワー、頑張れ橋下内閣。



A104---2012.04.18::
野田内閣の原発再稼動キャンペーン始まる

4月06日:枝野経産相は6日夜記者会見で、再稼働原発での重大事故は「政治的な責任は間違いなく
      この4人が負う」と述べたが、、無責任責任、
4月16日:仙谷由人政調会長代行は、「原発止めた場合、日本は集団自殺をするようなもの」
4月17日:枝野経産相は17日の閣議後の記者会見で、稼働する原発が5月に「一瞬ゼロになる」 と
      不適切発言、すぐに再稼動して定常化へ進むことが当たり前だとキャンペーン。

4月17日:枝野経産相は17日の記者会見「少しでも不安があれば、計画停電の計画を立てることが
      関電管内に限らずあり得るだろう」と原発再稼動基本路線を降れ回る。
4月18日:関西電力計画停電の具体案を検討している。 地域別に分け、時間帯別に
      交代で停電する案を検討中。
こんな感じで再稼動しないと大変だ大変だ、世論を以って押し寄せる戦地動員の如し。。。要注意。


A103---2012.04.17::
経済界ベッタリの政権、自作自演の学芸会

WEB橋下日記によると16日登庁した橋下市長は
政府による関西電力大飯原発の再稼働要請について
「暫定的な安全基準で政府が日本国民をだませると思っていること自体が腹立たしい。

こういうやり方をやったら、えらいことになると痛い目に合わせておかないと。
霞が関は国民をなめきっている」と述べる。
Minoさんも全く同感、『霞ヶ関の幼稚園踊り』を止めさせよう。
原発対策の最悪シナリオはステップ4まで来てしまった。
現状の最悪内閣の財界ベッタリ、形だけの安全基準踏襲で安全未確認一杯の原発再稼動を
許してしまったら、
全国民は未来の国民に詫びることが出来ない程の罪悪を犯すことになる。


A102---2012.04.10::
経済界ベッタリ内閣、原発再稼動の般若の面構え現わす

関西電力大飯原発について、再稼動の内閣態度あらわす。
松下塾卒業・産業経済界ベッタリの野田政権は、安全保安院に急遽作らせた基準に照らして
9日の関係閣僚会合で「概ね適合している」と安全性は確認できたと表明、般若の面を現した。
政治的結論は先送りしたが、安全確認した形を引っ張り、夏の電力不足を待って、
諸般の事情止む無き状況で済し崩し的にGoサイン出す腹積もりに見える。

一般常識からすれば関西電力の大飯原発中長期対策の工程表は、
たった3日で作成されている紙切れで、対策済みの事項を書き直したに近いらしいのだ。
災害時の停電対策には非常用発電機を設置する計画だが、台数も設置箇所も未定、
放射能撒き散らし対策の排気フィルターの設置だって2015年の未来形だ。

関電自体が示してる対策85項目のうち33項目は手付かず状態なのに、
安全確認出来たって???小学校の自作自演の学芸会だ。
それも原発ドンドンクループ政権の配下が役者を演じる。
国民をだます態度が一目である、、、、大阪の橋下政権、大阪維新の会への期待が一杯。。。。



A101---2012.04.05::
東電福島第一原発 ・ 止まらない汚染水の海洋汚染

東京電力福島第一原子力発電所、
高い濃度の放射性ストロンチウムを含む汚染水が海に。
先月3月25・26日漏洩水は構内で、海には出てないようだ、、ナンテいつも問題なしの報告。
4月5日朝、
今回も同じタンクの配管から再び汚染水の漏れ発見。
汚染水は一部が配管の近くにある海につながる側溝に流れ込んだとみられている。

いつもの通りの指導部のやり取り、、、、
東京電力::「汚染水漏れ、心配をかけ申し訳ない。詳しい原因を調べて適切な対応をしたい」。
原子力安全保安院::「原因を調査して、適切な処置をせよ」
政府::いつもの事だから、、、冷温停止で安定宣言してしまったのだから大声出さずに、、、
原発再稼動の画策で忙しいし、増税対策で大変だああああ。

二重・三重の汚染水安全策必要なのに、重なる汚染水の海洋汚染トラブルは
東京電力の管理態勢が収益維持にしか向いていない有様を呈し、
具体的指示をすべき原子力安全保安院や原子力安全委員会からも
安全維持の的確な指導が出ない、だだただ「原因を調査して、適切な処置をせよ」。。。。
どの組織を見ても無責任、極まりない。。。
やはり、こんな失態を導入した歴代政治与党、現民主党も含めて、人間の洗浄が必要だ。



                         Homeへ戻る   
頁トップへ

A100---2012.03.25::
絶えない警察官不祥事( 公務員よ反省しろ-その6 )

 
千葉県警が仕事放棄
3月23日報道、長崎県西海市の2女性殺害事件で、
千葉県警習志野署員がストーカー被害届受理を先送りし、
署員旅行していたなんて、本当らしい。

署長は受理先送りを把握してたのに署員の旅行を優先した。
県警の警務部長を中心とした態勢で、複数の幹部が旅行の事実を把握しながら、
事件検証段階の情報に盛り込まなかった隠し行為も調査中。

多分捜査中という時間稼ぎと話題の消え去るのを待つだけ、
警察全体のモラル引き上げには???ほど遠いのか、、
警察がこれだからナー、何度も聞く話の類い、日本は全体的にダウン模様。
春の雨は冷たい。

  2月29日の報道でやはり警察不祥事、警察はサギ集団か?
警察手帳を偽造して販売した容疑で大阪府警住之江署巡査部長の松田久嗣容疑者(53)が、
逮捕される。 警察グッズの販売で数百万円を売り上げてた様子だ。

  同じく警察不祥事だ、もう書くの止めよう、
山梨県警捜査1課の40代警部補が昨年、県警の制服をインターネットのオークションサイトに
出品してたらしい。
制服の肩にある紋章で山梨県警の制服と判明した。
出品者のID情報から警部補が浮上したという。

砂山和明警務部長は「お話しする時期にない」
監察課も「個別の情報については事実の有無も含めてコメントしない」と
話題の消滅を待つかの如く、後ろ向きの逃げ・保身の態度に見える。
嘆かわしい。。。。


A099---2012.03.23::
原発事故対策の最悪シナリオに向かって動き出す

  Minoさんは憤慨している。
原発再稼働の動きが出て、Minoさんが描く『原発事故対策の最悪シナリオ』の筋書き通りに
悪の没落スパイラルを辿り始めたのだ。
関西電力大飯原発、3&4号機の第1次ストレステスト結果が
経産省組織である原子力安全保安院で了承され、
これも内閣府の育て子である原子力安全委員会が追認した。

  形ではこの後、内閣首脳が政治判断して地元と再開に向けて接触する。
原発推進内閣(自民とその亜流民主の内閣)だから当然と言えば当然だが、
女型能面の笑いの下にある現内閣の般若面が現れた感じだ。
3月23日夕方のWEB広報によると、福井県の大飯原発(関西電力)をめぐり、
3号機と4号機のストレステストについて、
「安全は確保されている」とした原子力安全・保安院の審査結果について、
今度は原子力安全委員会がそれを了承したのだ。
今後、運転再開は野田総理らの政治判断に移る。

  原子力安全委員会・ナントカ目委員長は、
「緊急安全対策などの一定の効果が示されたことは重要なステップと考える」と
審査結果を了承し、より一層の安全性向上に向けた改善を望むような、
誰に何を言ってるのか、責任不明確な事を言って、
わずか5分程度でGoサインを出して、会議を終了したらしい。
傍聴者からの声:事故の反省も出来ないまま、Goサインを下した単なるセレモニーだ、、、

  原子力安全保安院も、原子力安全委員会も原発推進村の出身、
推進派内閣のカイライ委員会だから、当然の結果であるが、
この原発事故対策の主要な委員会がすべて 推進派内閣・政党のヤラセ/
パーフォーマンスなのであろう。

兎に角、Minoさんが主張-W、Z−003に想定した『原発事故対策の最悪シナリオ』が
動き出してしまった、Minoさんは嘆いている。
東日本太平洋沿岸の海が鳴っている、
風よ巻き上がれ、悪の鎖を吹き飛ばせ。
編者は再稼動が悪いと言っているのではない、
国民に納得いく検証と対策を示して、
安全を確認、最善を尽くして進めと言っているのである。


A098---2012.03.22::
CCD 蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder)、世界的にミツバチ減少 

  
ここ何年かミツバチ群の減少が問題になっている。
原因はまだ不明だが、蜂蜜収量の問題以外に農産物収穫量に蜂の花粉交配の効果減少が
影響しかねない。ミツバチコロニーの働き蜂が目立って減少、女王蜂は居るものの、
働き蜂数が激減してコロニーが保てない状況となる。

Minoさんも趣味の養蜂をしてた5〜6年前、養蜂業者は箱入りの種蜂(女王蜂+数枚の働き蜂巣板)
を販売しているが、安定的に販売出来ない状況になってしまった。
2006年頃から世界的に水溶性新殺虫農薬(浸透移行性農薬)が普及し、
CCDの原因として疑惑が持たれている。

農薬が自然生物体系を壊してしまわないか、Minoさんは心配している。
と言うのも、この浸透移行性農薬は、根から吸収されて植物体内に蓄積、植物体を有毒にして
これに接触、食べに来る害虫を長期にわたり駆除する。
ミツバチの巣箱近辺に死体は無く、働き蜂だけが花粉や花蜜採取中にやられ、
徐々に働き蜂数が減少、コロニー機能が消失されるのではと、究明が待たれる。



A097---2012.03.17::
安全保安院や安全委員会の人選は国が責任を持て

  
責任もった結果が現状の悲惨さで、仕方なしか、であれば国民投票で選ぼう。
金だけ使って(よく仕訳で残った)責任ある対策・コメント出さない原子力安全委員会
(当時の内閣が設置)、事故情報の概略報告しか出来ない安全保安院、
経済産業省傘下だから安全軽視は当然か?

原子力安全保安院の長は、6年前の東海村での臨界事故がやっと一件落着の折、
二度と類似事故を起こさないための改善対策を進めなければならぬのに、
この保安院長も、「地域に不安与えるから 寝る子を起こすような 改善行動はやるな」
と、犯罪的方針を進めたようだ。

こうした悪の人事責任は内閣・経済産業省に有るのだ。
原発事故災害の非難は東電に向けられる、当然ともいえるが、東電も被害者とも言える。
やらせの元凶犯人は原発推進を画した当時の政府と当時の政党、内閣にあるのだろう。
これらが悪の元凶とすれば、悪が悪を罰することは出来ないのは当然か。
国民が、国の主権者が処罰の声を上げるしかないようだ。


A096---2012.03.17::
がれき処理の広域処理、前進しそう
  
東京都のガレキ処理協力に次いで、
静岡島田市の受入れが具体化(試験償却、受入れ表明)、
全国的にも展開が広がりつつある。 
横浜在住の小生も県や市当局が受入れ方向示してるが、
地域住民の勝手な反対(自分のことしか考えない)などが報道されていて、イヤ気がしてた。
これで方向的には全域へ展開されそう、嬉しい傾向である。


                         Homeへ戻る   
頁トップへ

A095---2012.03.16::
安全未確認でも原発再稼動に向けゴーサインの臭い

  菅直人前首相が「脱原発」を打ち出した頃に比べ、
民主党などの「『脱原発』への動き」はが冷めてきた、との分析が多い。
野田政権になって風向きが変わったからで、再稼動は大分前から野田首相の胸にある。

例えば、 野田佳彦首相は、
2011年9月の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、
「来年の夏に向け、再稼働できるものは再稼働していかなければならない」とすでに語ってる。
2012年1月のテレビ番組でも、再稼働について「どうしてもお願いしなければいけない時は、
枝野経済産業相なり私なりが、
直接住民に説明することが最後には必要だ」と言っている。

さらに内閣指導層の中で、民主党の前原誠司・政調会長が再稼働を訴えているほか、
2月12日には、仙谷由人・政調会長代行が講演で「市町村、知事から許可が得られる場合、
ぜひお願いしなければならない」と再稼働の必要性を訴えてえいる。

  問題は何時からか??である。
何時までたっても安全への不安は消えないし、安全策への人物金の具体化はやる気が無さそう。
となれば、どういうタイミングでごり押し決断を地元に押し付けて行くかだ。
夏は電力不足時期、この前がタイミングで臭い、Minoさんはそう思ってる。

  03月15日共同通信によると民主党無いにも2派あって、
慎重派::原発事故収束対策プロジェクトチーム(座長・荒井聰元国家戦略相)は15日、
東京電力福島第1原発事故の原因究明が尽くされておらず、
原発の安全性を判断する環境も整っていないとして
「原発再稼働の政治判断は現時点では時期尚早だ」とする政府への提言案をまとめたらしい。
来週にも党に示し、他のPTとの調整を図る。

提言案では「事故原因の解明を待たずに再稼働すれば、
同様の事故を繰り返す恐れがある」と懸念を表明。

  一方イケイケ再稼動派::
(経済産業省派だが)同党のエネルギーPT(座長・大畠章宏元経済産業相)は
原発再稼働を容認する報告書を月内にも作成する方針だそうだ。
政府は9日、全閣僚が出席する電力需給緊急対策本部(座長・官房長官で、
2011年5月16日以降は電力需給に関する検討会合)の議事概要も公開し、
電力不足を懸念して原子力発電所の再稼働を求める閣僚の生々しい発言が記録されている様子。

昨年7月20日の会合で既に、当時の大畠国土交通相が「電力供給の道筋を示してほしい。
原発が次々と停止していく状況であり、政治の責任としてこれでよいのか」と述べ、
再稼働が必要との認識を示している。
自見金融相も「(再稼働に)ビシビシ道筋をつけていただきたい。
泥をかぶってもやる話」と主張した。
再稼働に前向きだった海江田経済産業相は「ありがたいお言葉」と謝意を表明した。

  こんな調子で内閣トップはチャンスさえあれば再稼動の斬り込み隊を出向かせる構えである。
問題は科学技術的に安全をどの程度担保できるかであるが、
この点が十分論議、具体化される様、みなで監視してゆこう。
原発マネーを貰い続けてきた地方自治体、危険でも寄付金・交付金そして職場が欲しい、
そう考えてる自治体も無視出来ないから、、国民全体で監視・監督していかねばならない。
慎重に。。。。。


94---2012.03.14::
原発稼動最優先、節電・省エネ対策そっちのけか

消費電力の約30%の原発ひ代えて現在は石油火力発電で補われている。
政府は原発稼動に躍起で、電力低減策、省エネ対策、運動などには目もやらぬ、
原発事故直後に東電に計画停電の圧力をかけただけで、原発電力分を極力削減しようと、
各界各層の運動展開などどこにも見えない。

オイルショックの時の省エネで、週末のスタンド営業中止/すべての店舗の営業時間自粛/
商店・工場ともに照明ダウン/エスカレータなど動力消費抑制/とうとう、国民あげて
エネルギー抑制に取り組み、行政の指導もあった。 原発事故の今こそ、、、、
こうした取り組み、運動、行政指導が必要なのに、
殆ど原発事故以前のノホホンとした生活・生産パターンである。
何故?原発事故対策など不完全であってもすぐに原発再稼動で、、、悪しき政治である。


A094---2012.03.14::
原発再稼動急ぐ経済界かいらい

現内閣だって原発イケイケどんどん推進グループの末裔であることは間違いない。
3月14日朝刊でも内閣の原発再稼動への道筋が報道されている。
当面福井大飯原発の再稼動についてだが、
原発の現地地元意見、国民意見なんぞは最後にお聞きする、、、そんな感じで先ずは、
経産省配下の安全保安院と内閣配下の安全委員会の判断を聞く。
どちらも息のかかった原子力村の組織でYoutube報道などみると、そのイイカゲンさに
びっくりする。

それを受けて内閣3閣僚で相談打ってGoサイン出す。
民衆の意見あれば聞く機会は作るだろうが、大筋は作ってしまってから。
いい加減なお手盛り委員会の答申で
技術的対策検証は終わったと事故収束宣言と似た再稼動宣言を出すのだろう。
態度は国民大衆の幸福願い、、、そう見えるが経済成長、企業の稼動体制整備、
企業収益を第一優先とする方向が見え隠れ、感じられて
恐ろしい時代に入った。


A093---2012.03.14::
12分の給電不能事故の韓国古里原発のほうが日本の給電対策よりまだ上等、

3月13日停電事故で12分間ブラックアウトした韓国の原発派値・古里1号機には
@別の電線を通って入ってくる外部電源2線、
A非常ディーゼル発電機2台、
B予備非常発電機1台がある。
これら外部電源は非常時に順に作動することになっている。

福島第一事故事実から日本人が学習必須なのは致命的事故原因の対策をすること、つまり
1)電力供給ルートを複数もつこと
2)すべての電力供給がダウンした場合の蓄電設備(蓄電車)を十分い強化すること
福島で大事故を発生した日本の原発、主原因は給電出来なかった事なのに、
その対策としてこの韓国原発古里1号と同様程度の緊急代替電源ルートは絶対必要なのに、
日本の原発はどれも代替電源ルート対策はまるで改善してない様子なのだ、
そんな状態の紙だけのストレステストで、再稼動するらしい、
上記の予備電源ルートへの手当ては、ほとんど出来てないらしいから、穴恐ろしい。


                      Homeへ戻る   頁トップへ

A092---2012.03.10::
仕事の甘えが過ぎるぞ、公務員( 公務員よ反省しろ-その5 )

 上司が仕事を指示する。
部下が答える、「すいません、私それダメなんです」。
上司が言う、「そうか、ショウガナイナ、誰に頼むかナ」。。。。
未だに職場に残る甘えの習慣だ。

 会社にもあるが役所勤めの友人に聞くと、
どうも役所の公務員には普通にある慣れ合い集団、甘え構造に思える。
例えば、海外事例調査、海外からの視察が役所のある部門に来る、、、、
「○○君、この件調査、準備して視察受け入れやってくれ」、
「すいません課長、私英語ダメなんです」
「そうか、ジャ、誰にやってもらうかナ」

 なんて平気で済んでしまう、公務員の、いや日本企業の、島国企業の甘えだ、
給料貰える仕事が欲しかったら、英語だって何だって、必死でやれ、
習得できなきゃ給料減らせ、仕事で必要なら、飲み会減らして石川遼君のごとく必死でやれ、、、、
欧米では労働力として通用しない甘えだ、隣の州や国へ職を求めて出稼ぎする欧州などでは
必要なら即座に言葉を習いはじめる、生活がかかってるんだ、
島国の日本、英語できないって、そんな甘えが日常的に通用してる、これじゃ海外に勝てないヨ。
もうそんな時代じゃないヨ、だのに甘えだけは残ってる。

英語しゃべれる、当たり前だ、だからって就職できる時代じゃないのだ。
とくに親方日の丸の慣れ合い公務員ヨ、どうなんだ??。。。


A091---2012.03.09::
孤独死・孤立死に思う( 公務員よ反省しろ-その4 )

 核家族化が原因し、また団塊の世代が高齢化して被介護者が急増する時代になった。
老老介護が維持されている時期は良い方で、
単身高齢者が看られることも無く人知れず最期をむかえる事態は急増している。
かなりの日数経過の後で、孤独死や白骨化が見つかるなど空しい報告が多い。

 東京・立川市のアパートで3月7日、90代の母親と60代の娘とみられる女性2人の遺体が
見つかり、近隣でも同じ状態が有ったばかりだという。
簡易オムツ配達からの応答無しで異常という情報が市当局に入ってから、
職員が出向いたのはさらに5日後、それも(形式的?で)異臭がしないからと引き上げ。
7日午後6時ごろ、アパートを市の職員と警察官らが訪れ、この部屋に住んでいた
90代の女性と60代の女性とみられる遺体がやっと発見された。
 
 立川市は8日、会見を行い釈明したが、
市の担当者は
「緊急性等の判断をJKK(東京都住宅供給公社)がすると思っていた」と言い逃れする。
立川市は、管理団体の通報を受けてから、
5日間、職員をアパートに派遣することもしていなかったのだ。

末端の職員(公務員は)総入れ替えした方が良いし、反省すべきは職員全員で、
業務以外の時間をつかって自ら意識改革を行うべし。
 地方行政各部門は組織と行動を総点検すべきだ。2割要員カットして小走りで仕事をせよ、
給与2割削減も当然だ。

 全てを自分達公務員・職員で解決しろ、、、と言うつもりはない。
限りある人数では活動の限界もある、だからと言って放置する現状は許されない。
やり方、方法を考え直せと言いたいのだ。
責任を持って管理点検体制・システムを策定しろ。。。と言いたいのだ。

税金から給料貰ってんだろう、、、今何が求められてるか、何をすべきか考えろヨ。。。
 ちなみに、終戦直後の昭和23年策定の「民生委員制度」もよく知られないし、
体制・実行力もクエッションで実効性は疑問、形だけ残っている地域もありそうだ。
まだ若干でも活動協力できる高齢者層、地域ボランタリーできる協力者も大勢いるはず。

市当局は音頭をとって、民生委員制度の改正や、ますます増えるであろう孤独死、孤独層支援、
迷子高齢者などへの対応を、住民の協力を先導し、指導性を発揮して貰いたい、
税金の無駄使い・事なかれ時間つぶし労働は即座に中止して。。。



A090---2012.03.08::
公務員退職金 ( 公務員よ反省しろ-その3)

 
すべての公務員がいい加減とは思わない。企業と同じように責任職務の
見直し、サービス向上へ向けた改善運動も多々行われているだろう。
しかし公務員の資質が吟味されることが多いのは何故だろうか。
たしかに時間過ぎれば窓口はピタッと閉ざされ、仕事は自分達のやり方次第、
お客様に目が向いてない。

 年金騒動を解決できない社会保険庁であったように、
あちこち不手際や問題点、コゲツキなど平気で放置して、
給料ドロボウを続けてきた体質がまだまだ公務員各所に残ってる感じがする。
やはり2割程度のリストラ、2割程度の給与削減をしてみる必要がありそうだ。
能力給を増加して、やる気のある人材を優遇する。就職難の時代だから、
人材応募も問題なく補給されるだろう。

 人事院調査で国家公務員の退職金+年金上乗せ分の合計は民間企業のレベルを
上回って支給されてる事実がわかった。
民間労働者がヒイヒイ言ってる状況以下でも、国民からのピンハネ税金を
給与としている公務員が、お手盛りでヌクヌク生活をしている訳だ。

女性男性を問わず、昔ながらの職務を、改善努力もせずに、
民間中小企業の重役レベル以上の給与・退職金を当然のように貰っている。
人材も給与もサービスも不具合が出るレベルまで一度落としてみればよい。
生活をスローダウンさせてみるのも一計だろう。


A089---2012.03.07::
無責任な公務員/山崩れ調査結果は市民に知れず( 公務員よ反省しろ-その2)

 公務員のサボり、いい加減さが目につく。
東日本大震災から1年、この被災と対策をレビューする記録・記事が多くなった。
小生感じるに自然被害の激烈さ、避難の大変さが表面に出る。
ところがその陰に国政・地方行政ともに潜在していた人的未熟さ、
不手際、親方日の丸のいい加減さなど、見落としていけない重要案件が多数あったと思う。
 『無責任公務員の行動が、無責任さが災害を、人災を、結果的に死傷を招いている』

 地震・津波情報や広報・救援に自らの生命を賭して実行され、犠牲になられた多くの公務員、
防災団体の方々には頭が下がる、ご冥福をお祈りしたい。
こうした人たちの意気込みを無にしないためにも、
公務員たる人格とその行動が市民の生死を左右する事実を認識しなければならない。
起こってしまった被災事実にのみ注目していると、その対策・原因を反省しないまま、
時が経過して忘れ去られてしまうからだ。

 例えば震災直後の那須烏山での傾斜地崩壊では2名の圧死者が出てしまった。
自然災害だからと諦めるのか? 
実は大震災以前にこの現場および他の何か所かは崩落危険地帯として
要注意と指定されていたのだ。
何故死者が出たのか、住民は危険地帯であったことを知らされていなかった。
市政当局は以前に説明会を行っていた。

参加者は約400名の市民のうちたった4名。
これでは居住者が崩落の危険を意識するはずはない。
市政は1%しか参加しない説明会で、やることは実施した?そう考えたのだろうか?
別の方法、例えば江戸時代ではないが高札を立てるとか、
チラシを配るとか。。。。。

公務員の適当さ、サボリ癖、親方日の丸のいい加減さである。
これが人命を軽んじている。
地方公務員も2割程度削減で、不適人材を2割程度はカットすべきだろう。
そうすれば民間企業並みの責任部署と人材が醸成されて来るだろう。


                       Homeへ戻る   頁トップへ

A088---2012.03.07::
無責任な公務員/警察が刺殺事件をまねく( 公務員よ反省しろ-その1)

 公務員の適当さ、サボリ癖、親方日の丸のいい加減さである。
こんな警察の適当さ、サボリ癖、親方日の丸のいい加減さが
市民の命を軽んじている。

警察の業務放棄で刺殺事件が最近、国会でも論議されている。
女子大生刺殺事件で明らかになった埼玉県警上尾警察署の大失態、業務放棄、
埼玉県警上尾警察署が、やるべき捜査をやらなかったために、
当時21歳の女子大生が告訴から約3カ月後に刺殺された。

 市民の安全を業務にする警察に救いを求めていた女子大生は、
業務放棄の上尾警察署員の対応により、
告訴から約3カ月後、告訴取り下げ要請から1カ月後に凶刃に倒れ、帰らぬ人となった。
元交際相手から執ような嫌がらせを受け、
上尾署に相談、嫌がらせビラも容疑者不詳のまま名誉棄損容疑で告訴していたが、
上尾署は捜査を進めず、業務を放棄。

 被害者に告訴状取り下げを要請、結果的には元交際相手の兄らに刺殺されてしまった。
最近3月に入ってから国会での追及で、
告訴の取り下げ要請に関し県警側は「そんな事実は全くない」と否定、
「告訴取り下げを要請されたというのは遺族の誤解」と弁解・偽証を続けてきた。
遺族の父親(49歳)はついに怒り、「上尾署からの告訴取り下げ要請はあった」と証言。
加えて、「何度行っても、上尾署刑事2課長に『我々も忙しい』と言われ、
要請に応じてくれなかった上尾警察署の対応を批判した。

  埼玉県警は調書の中の「告訴」の言葉を「届出」に書き改めるなど、調書の改ざんも行っていた。
親方日の丸の警察業務怠慢姿勢は、上尾署に限った特異例ではなく、全国各地で見受けられ、
今年1月に9年ぶりに保護された新潟県柏崎市での監禁女性事件でも表面化し、
逮捕、起訴された犯人の母親が、4年前に警察に相談に出向いていたのだが、
柏崎警察署の不十分な応対で9年もの監禁被害を受けた。
警察・不祥事で検索すれば、サボり警察・いい加減警察の不手際の記載が、
ワンサと出てくる、残念ながら、

 決まった時間内に決まった事だけやれば良いという、
サボリ癖警察が山と居るのだ。
警察も2割削減で、不適人材を2割程度はカットすべきだろう。
そうすれば改良されて警察組織も向上するだろう。



A087---2012.03.02::
女川町周辺の震災廃棄物 東京都協力処理始まる

 
東日本大震災の瓦礫・廃棄物の山は現地では処理出来ない。
処理設備も被災し、その量は限界をはるかに超え、野積み状態のままだ。
東京都は震災惨禍を国民全体の問題として、廃棄物運搬処理を都施設で開始した。
収集・運搬・処理を動画収録して、他の都道府県にも呼びかけるという。
有りがたい話である。石原都政バンザイである。

 各都道府県は財政上の課題も有るだろうが、こうした国民的タスク
(大震災への救援、処理、沖縄集中の軍事設備の県外分散など)の分担に
協力せねばならないと思う。

 総論賛成・各論反対で、
自分の住居地の近隣に廃棄物処理場や埋め立て保存地などが計画されれば、
大方の人間は即、反対反対と叫ぶだろう。
人間は、特に現代人は勝手な人種に変貌しつつあるから仕方無い面もあるが、
痛み分けは何時の世にもある必須対策なのだ。
一つの部落の災禍を遠くから見ているだけの生活は反省すべきである。


A086---2012.02.21::
沖縄米軍基地・普天間移設問題、全都道府県が分担を

 
沖縄をドライブすると基地関連の多さを実感する。
基地を迂回しながら沖縄島を観光するという感じがする。
確かに
嘉手納空軍基地、普天間基地、辺野古のキャンプシュワブ、
広大な地域が空軍施設用に存在している。
 戦時中、悲しいかな日本軍政当局はこの沖縄の地を、
結果的には日本本土の防波堤として
全島民を悲惨な戦火の下に追いやってしまったのだ。

 日米安保条約締結以来、表面的には再軍備はしないものの、
共同防衛のために沖縄を基地として提供し、
軍備費用を分担支出しているのは米兵を傭兵して軍備していることに等しい。
 米国、日本ともに支出金のユトリが無く、ことさら問題も複雑のようだが。
特に普天間の9割は私有地だし、戦闘機騒音、墜落事故、
米兵の少女暴行事件など返還要求が高まるのも当然といえる。

 日米安保委員会で沖縄施設に関する協議は1995年以来続いているが
民意を汲んだ施設変更の具体化は殆ど無い。
特に最近になって所移設案の具体化が報道されているが、
本当に沖縄県民の要求に呼応するものなのか、注視してゆく必要がある。

 というのは、仮に小生が米軍行政担当なら、
中国軍政拡大対策として米軍施設対策を改良し、
沖縄基地返還の名のもとに米空軍施設の立地再編をするのは当然と思えるから。
沖縄は中国発射のミサイル射程にはスッポリ入ってしまうし、ガム島基地、フィリピン、
移動可能な空母など、潜在戦闘力を拡散させておく施策が進行中と感じる。

 何を言いたいのかと言えば、
最低限の防衛戦力を持つならば、もう十分その犠牲を払ってきた沖縄県民に代わって
全都道府県が出来る限りの土地・施設を沖縄基地代替地として分担提供すべきだと。
残念な汚染事故になってしまったが原発電力は日本全国で消費してきたのだから、

 福島原発汚染事故対策の汚染物処理施設や土地の提供について
を全都道府県が分担責任もつのが当然であるように、
国土防衛の沖縄基地分散も全都道府県、国民全体の責務であろう。
と思うのだ。


A085---2012.02.19::
天皇陛下の医療結果解説・人権侵害?・陛下には国民の権利無いのか

 
宮内庁が問題なのか、医療当局なのか、NHKなのか、この報道企画は?
大いに問題ありだ。
国民の象徴である天皇陛下であろうと一国民としての尊厳は守られるべき。
疾患対策として心臓○○動脈の手術を受けられ無事進行した、、、
、、、程度に留めるべきである。

先進海外国には考えられない個人情報の宣伝利用だ。
 NHKの宣伝独占力のアッピールなのか、東大医療チームの宣伝なのか、
医師チームが何人も雁首そろえてインタビューすべき事項ではない。
天皇の個人尊厳を無視して、宣伝に利用する愚かな報道。

それも心臓機能図まで綿密にイラストして、
そんな時間があったら、原発放射能汚染者のケア、
状況報告など医療関係、NHK報道として国民のために実行すべき事項が一杯あるだろう。


                        Homeへ戻る   頁トップへ

A084---2011.10.07::
アメリカの春・米国でも貧富格差是正のデモ

 
ボストン・シカゴ・ロス・シスコ各地にデモは広がり3週間も続いている。
世界各地に波及する可能性も否定できない。
というのも自由資本主義のマネー制度は
一面貧者を食い物にし、自然環境維持を無視し、儲け主義に邁進する一部を富ませ、
他を見捨てる本質が有るからだ。

これはアメリカに限らず、世界各国の民衆に共通する危機でもある。
 過労死やサービス残業が蔓延する日本で、
こうした運動が起こらないのが不思議との見方もある。
儲かれば良い、配当が多ければ良いとする投機株主の考えに
反省を求める動きでもある。


A083---2011.10.07::
自分が居住する地域には放射能汚染物保管をきらう身勝手さ

 
特に子供の活動する学校や公園、公共施設などの除染は急がれる。
当然だ、だれもが願うことである。
除染で出てくる放射能廃棄物は、
だれもが近くに置かないでくれと言う、これも当然ではある。

 それでも、原発誘致しなかった、汚染されなかった都道府県全てで
分かち保管するのが妥当。
なぜなら、原発電力は殆どの国民が、知ってか知らずか、その政策を支持し、
そうした原発推進の国会議員を選んで、活動させてしまったからだ。 
知ら間にと言えども、その電力を使ってきたのだから。

 原発誘致での特別交付金(あめ)を貰って立地した地域だけが悪いのではない。 
結果として、放射能を飛散させることになった地域住民が悪い訳でもない。
だから全都道府県が等しく放射廃棄物保管の場所を提供すべきと感じるのだ。



A082---2011.09.15::
東日本大震災から6ヶ月、そろそろ気付こう人類の愚かさ

 
大地震・津波・原発破壊・放射能汚染から6ヶ月、
災害は小康状態なれど、人類の愚かさに気付かねばならぬ時期である。
人類は地上の生物種で最も優秀な能力をもっているなどと、
錯覚してる人も多いだろう。
自然の力も科学の力で容易に克服できると思ってきた人も多いだろう。。
みな誤った認識で生活してきた、自然の力を軽視してきた。

 後始末の方法も準備出来ないうちに、
便利さだけを求めて原子力利用に手を染めてしまった。
海・川・山の大きな力を軽視して、安易な開発・利用を急いでしまった。
里山の山の神・田畑の神・川の神・海の神など多くの神々を祭り、
季節がくればお供え物をして手を合せ、環境・自然からの恵みで生活出来ていることに感謝した、
数十年前まではそうであった。

 今はどうであろうか?
自然への畏怖を全く忘れてしまった訳ではなかろう。
社会変化・経済高速活性化を狙う一部人間達の無責任な先導に乗ってしまった結果であろう。
ならば、どうする?今後の地上での生活の方向、手段、そして生きることの価値判断は?



A081---2011.09.14::
やはり、アラ探ししか出来ない野党・衆院本会議代表質問

 
国として最大の非常時なのに、
昔と同じ国会論議、形だけに終始した、情けなし。。。。。。。。。。。。。。。。。。
最大野党自民党首の質問は追及・提言なく、予想とおりアラ探しに終始、
党・党間の約束がどうの、事業仕訳の意味は有ったのかとか、
過去のマニフェスト各項目の達成率低いとか、
と思えば、マニフェスト撤回してやり直せとか、
支離滅裂の子供のジダフダ抵抗の如し。

津波・原発対策最優先なのに、国会論議体制が不満だから協議に応じない、
国民を人質にして敵の前に立たせて、自分の組織防衛だけを追求してるかの様子、
国民・被災住民はこんな野党に追従しないのは当然。。。。



A080---2011.09.12::
原発災害は旧来の自民政治と東電だけが悪いわけじゃない、冷静に考えてみよう

 
原発汚染対策、今後の電力需給と原発の扱い、即結論できる解は無い。
それにしても国民全員がガン細胞を抱えたように活力を失う状況にある。
被災者の数、復興への対策遅れ、
将来の子孫に残してしまった放射能汚染、いろいろだろう。

 他に言い知れない心の傷、それは『旧来の自民政治と東電だけが悪いわけじゃない、
そんな不安定な原発産業の推進派議員を選んできたし、
不勉強の故か、危険なしとの推進説明を鵜呑みにして、
快適な(あるいは怠惰な)電化生活に甘んじてきた国民にも責任有りだ。
無言で許してきた我等国民成人にも根本的に反省すべきことが多いと感じる。。



A079---2011.09.12::
相手感情無視の政府人材、辞任ばかり、追求野党の党利優先にも失念。。

 
前内閣でも人材不足、宮城県知事面談で政府看板背負った松本震災復興大臣は
県知事側の出迎え態度が悪いとゴロツキ発言。そして辞任。
野田内閣の鉢呂経産大臣は被災者感情無視の人から人への放射能移し・・・発言。
辞任は当然なれど、こんな人材しか居ない政治リーダー集団に失念。

 もっと失念するのは野党態度、良い攻撃材料とばかり、
野田新内閣批判、自党有利への展開模様。
こんな被災・危機状態なのに、政治屋や党活性化のために国民が居るのじゃない。。。
今の野党態度はかくあるべし:『問題発言の担当大臣は陳謝して更迭されるべし、
内閣の人材・体制に問題多いけれど、その論議は復興の後でされるべし、
今は、国民、被災者の生活を第一に、与野党協力して行動を起こす他、道はなし』、
これが信頼される野党態度だろうに。
現状の野党態度では、総選挙あってもリーダーシップの交代可能性は皆無だ。。。。。



A078---2011.09.12::
核燃料廃棄技術、未完でも産業にしてしまう人類のイイカゲンさ。。。

 
福島原発冷却水温度下がる傾向らしく、結構な方向だが汚染水浄化技術も未完成、
そんな危ない廃棄物が出るのに産業に(金儲けに)実施してしまう、
人間とは無知なのか、イイカゲンな生物なのか、いずれにしても「愚かなり」、
短期滅亡を歩んだ地球上の生物種に成りそうだ。
原発だけではないのだ、この愚かさは。

水質汚染、自然体系の破壊・改ざん、DNA入れ替え、、、等々。。。。
もう少しゆっくりスローな論議と対策で地上生活を設計出来ないものだろうか。
大津波での被災者の言葉「電気は不足してもよい
、原発さえ無ければ、ローソクの生活でよい、家族が一緒に生活できるならば」。。。。。



A077---2011.08.24::
自分のためなら小沢処遇も見直す愚かな新党首候補者たち。。。

 
自分のためなら何でもやるヤカラだね。小沢ご機嫌取りに参拝している候補は。
何のために次期総理に成りたいんだか、
検討がつかない、やりたいことが見えてこない。

現首相を降ろすんだ、小沢処遇見直しだ、どうでもいいことだ。
前原が外人政治基金受けたと、細かいことだ、野党はいつまで家柄を追求してるんだ。
被災復旧、汚染対策のために何をするんだ、誰を選ぶのかが最重要なのに、、、
民主党の古狸や野党の多くも、
被災危機状態を良いことに、陣取り合戦にやっき。。ヤッキ。。


                        Homeへ戻る   頁トップへ

A076---2011.08.07::
おろかな国民なのか、邪悪なる政党勢力なのか、、、、

 
最近の国会論議(その2)、ストレス軽減のために一言言ってしまおう。
自分も含めて、ゼネストもせず、過激な政府批判・自民党批判もせず絶えている
日本国民全体が何やらオロカにすら感じる時がある。

金儲け集団擁護の自民党の本質にまでは目が向かない。
自民のインタビューやら国会質問みても被災地域対策など何もしていない、何も考えていない。
やってることは、与党の足元をすくおうと、法案審議に協力しない、
民主の政策の反省答弁を求める、まるで、この大災害の火事場ドロボウの如く、
ドサクサを良い機会とみて、勢力の建て直しに躍起だ。。。。

 見方を変えて、、、
もう一言言ってしまうと、この自民党政治を容認してきた国民の多くは愚かであったのか?
選ばれた原発推進派の多くがあまり金をかけずに発電コスト抑えて収益貢献優先でやって来た。
今だって安全対策は最低限でパスさせて早く再開したいと考えている。 
だから説明会やシンポジウムなどで、『やらせ質問・意見』なんかが演じられる。
ツルンでいる政治家集団・経済産業省・原子力安全保安院や電力会社が、
また早めの原発操業を画策しているのだ。
政治で金儲けする奴は何処にも居る。。。
だから、こんな政治屋を選んでしまった国民の責任も重大なのだ。

 長期に渡った自民党はウミを体に貯めながら、
長い政権政党として原発推進、公害撒き散らし、
体たらくな年金管理、裏取引を容認する天下り、などなど、、ひどい政治をしてきた。
そのウミを抱えたまま、いまだに与党の足スクイしか出来ないでいる。。。、

 悲しいかな、国民一般は隠蔽された真実を知らされぬまま、
最悪の政府を容認し、大災害を身に受ける当事者にされてしまったのだ。
国民の愚かさか、政治屋のだましの巧妙さか、
長期的な政策失敗、ツケを回されたのは、勿論国民全体であるのは間違いない。

 こんな旧態・身勝手な政党が次の総選挙でも選ばれるとすれば、
それは救いようのない国民の愚かさと諦める他はない。
この国も、人民もなるようにナレだ。。。。?
国旗を捨て、国歌を捨て、国政離れをする最近の若者の気持ちが判らぬでもない。
でも政治を捨てれば結局、自分の生活環境をも捨てる事になる。

だから選挙では、まともな本当の代表を選ぼうではないか。。。。。
党利党略しか考えない堕落した政治屋連中は引きずり降ろす他ないのだ。


A075---2011.08.06::
まだ与党追求しか出来ない、被災者無視の政党勢力論議、あきれる

 
最近の国会論議、特に自民党の質疑にウンザリ、
防衛担当大臣だった○△君のろれつ回らぬ話に惑わされるが、
何も肝心なこと、被災者のための論議はしていない。

 こんな非常時にベキ論など切って捨てヨ。
今はどこの党でも完璧な筋道は示せないし、
全政党の協力無くして非常事態の被災救援は出来ない。
そんな状態は判ってるから筋が通らなくても公明党は法案論議に協力している。
原子力政策でも今の問題を発生させてしまった元凶は自民党にあるのに、
そんなことはソッチのけ、自分達こそ早く責任とる対策を構築、法案化する責任が有るのに、
知らん顔。。。

 自党の存在宣伝と勢力拡大のための攻撃、筋が通らないとか、
無理だったマニフェストを詫びろとか、自民を選んでしまった国民すらアッキれる言い争い
(国民の税金を浪費し、被災民の疲労と怒りを全く無視して)を、天下の国会の中で遊んでいる体たらく。
国民の怒りが聞こえないのだろうか、あの連中には。
誰なんだ、あのクズ達を国会議員なんか選んだのは。


A074---2011.07.30::
どこか空しい花火大会、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

戻り梅雨、韓国でも大雨・大洪水の被害、
同じ前線が走る新潟南大沼辺りでも大雨と洪水。
行政でも中国と言わず日本といわず、政府の失態が続く。
アフリカ東部、ソマリアなどでの飢饉・食料難、
学校が夏休みに入ったせいか、横浜港方向で雨の合間に夜空に花火、、、
花火の色も音も、何か空しい。



A074---2011.07.29::
NHKはどこまで原発推進お手盛りグループを擁護するんだ???

29日の報道、中電浜岡原発にプルサーマル導入シンポジウム
(平成19年8月・国主催)で原子力保安院から中電に空席埋めよ、賛成意見の案文準備してのやらせ、
賛成アンケート促進、、、

 だから電力会社系列が主体の会場構成、
アンケート結果だって賛成が6割超え、、やらせ歴然。
中電だけではない、四国電力、九州電力など同じ圧力を
原子力保安院から集会の度にやらされてる。

ヤラセもいいが、
推進派の資源エネ庁を安全面からけん制するのが原子力保安院だよ、本当は。。。
奴らの給与は差しとめよ、、、それでもダメか、、、4年分位は給与返済させよ、、、
当時の与党・経産省・エネ庁・原子力保安院・電力各社、、
みな同じ悪巧みグループなのだから。

当時の内閣だって同じムジナである、自民党政治資金団体「国民政治協会」への
電力会社OB他からの個人献金は個人献金の72.5%に及ぶ4702万円という情報がある。 
良からぬ集団組織は解体しかない。内閣だって同じ。

 中国の高速鉄道事故がどうのこうの言ってる場合じゃないんだ、本当は。
一番頭にくるのは、それを擁護するかの如きNHKの報道。
『国・電力主催のシンポジウムや集会にヤラセを指図した原子力安全保安院だが、
組織的にやったのか、個人がやったのか、今はわかってません??』、、、、、
組織でやったに決まってるだろう、、、

NHKが放送発言してるのかアナウンサーの個人的発言か判らないって?? あ、そう。。。
いつまで悪巧みグループ・集団側の擁護をするんだ、、、NHKは??、、、
中国を見習えヨ?? 、、とととと、、。


A073---2011.07.28::
脱原発だって各都道府県での取り組みは温度差あって当然だろう。

 
28日のA日刊紙、脱原発に足並みそろわぬ事を煽ってる、能力なしの記事。
脱原発だって用意ドンで走れる決まったルート・ターム・方法じゃないんだよ。
脱原発を無理やり一つの考え・計画に押し込めるな、
ニュースキャスターも新聞記者も変わった事を煽るんじゃなくて、もっと勉強しろ、
真実、実情を伝えよ。

首相が個人的見解で脱原発目指す?当たり前だ、下らん寝言など放っておけば良い。
本気で日本が、団体が、各地方が原発被害を心配しなくて良い方向へ進むために、
どうしたらベストなのか、
ソフトバンクの孫さんの協議会などに立場を異にして集まればよい。
本音で実情と、こう有りたい、という未来像をぶつけ合えば良い、先ず第一段階は。。。
原子力なくしてエネルギー確保出来れば最良だが、
地方自治体、団体によって代替エネルギー案だって多様だし、
抱えている産業分野・規模だって千差万別なのだ。

当然、脱原発への姿勢だって、時間的計画だって違う。
それを皆同じスタンスでない、バラバラだ、
みたいな冷やかし記事を載せる愚かな奴が報道記事を書くから大迷惑。
もう一枚下まで勉強してから書けよ、、何を言いたいんだ、
迷惑だから白紙埋めにために落書きするな。。。。。。



A072---2011.07.26::
情報統制の恐ろしさ、WEB・ツイター・ブログ他を監視

 
今さら新たな動きではないが、
中国国務院がネット情報監視の新組織(国家インターネット情報弁公室)を作ったようだ。
ドメインやサイトの登録監視・不都合サイトの調査や処罰強化が狙いらしい。
高速鉄道の落下動画情報やパクリ動画作成などに対する国内外ネット批判を抑えるのが
当面の目的だろう。
人命救助を軽視して高速鉄道再開を急ぐ行政当局の無責任さに
事故遺族を中心に抗議行動が続いているし、
隠蔽のためか重機での衝突車両埋め立て、今度は掘り起こし、、
何をやってるんだか?

 中国国内での行政批判も相当な様子だ。
一部には中国でのネット利用人口は4億人以上という話もあり、その影響・波及力は甚大だ。
事故最寄駅でのNHK取材も警察だろう警備員達に妨害されていた。 
隠蔽隠蔽が最重要のタスクらしい。
これだけの重機を使った大掛かりな重大事故対策だから、
相当上層部からの指示であることは間違いない。

 この体質は、中国だけではない。
日本の経済産業省/資源エネルギー庁も2008年から原発の不都合情報
(報道やネット上のツイッターやブログ他)対策のために
電力関連のOB団体へ監視事業を委託していた様子。

放射能汚染情報を隠匿して
住民の汚染被害を拡大してきた行政該当部門の処罰はどうするのだ。
ちなみに、最近の国際人権団体(アムネスインターナショナル、英)の報告では
2010年の死刑執行数は、中国>1000、イラン527、イエメン53、アメリカ46、日本2。
この内何割が情報統制のために口を塞がれたのであろうか?
長期安定的な人類の地球上での生存を望むのは無理だろうか、肌寒い、
外は夏の暑さなのに。



A071---2011.07.25::
高架から落下した高速鉄道車両、地中に埋めて隠したって??

本当カネ?何か理由述べて否定しているらしいが、
人海戦術でそこまでやってるとしたら終りだね。。。
そんなストーリーは恐らくジブリだって思いつかないゼ。。
中国鉄道当局を疑うよりも報道を疑ってしまったネ、、、、、、、、、
もし事故の事実隠蔽のために地中に埋めたのが事実なら人類末期だね。
そんな行政・対策が実行される国に13億人も住んでるんダゼ。
それらが増殖して南シナ海を我が物顔で、さらに繁殖してゆくと、、、穴、恐ろしヤ。。。

それにしても、
事故調査なんて考えてない。むしろ証拠判らぬように、埋めたり潰して運送したり、
本当の事故原因を隠滅してウヤムヤにしようとする姿勢が、
どの報道記述からも報道映像からも見えミエに感じられたネ。
穴に埋めたりしてサ、穴、恐ろしヤ。。。。。


A070---2011.07.24::
放射能汚染ワラ、給餌された汚染牛と出荷事実拡大。。。

汚染ワラ給餌された牛、14道府県で2570頭に及ぶらしい。
まだまだ増えるかも、とすると日本国中、全都道府県に汚染牛肉は流通してしまったであろう。
少々のの汚染肉を食しても大丈夫、なんてTVで流している、
肉系列の事業者救済とパニクリ防止のためだろうが、
今はそれより、正確な実態把握と手の打ち方指導が最優先だろう。

肉を食する消費者も心配だが、情報隔離された畜産農家では、
原発事故での放射能汚染情報は届かない、資料ワラ汚染の情報・指導も届かない、
肉牛の処理指導も判らぬ状況、
情報隔離が続いたから、今ごろになって問題肉牛の集計数が急増しているのだ。

一番問題なのは政府行政が例えば飯館村での放射能計測結果を公表しなかった、
畜産農家が汚染ワラの状況など知る由もない、
被爆限界で問題レベル以上の自分の汚染環境すら情報隠蔽されていたのだから。
牛もわが身も汚染されつつある地帯に止む無く身をさらしている。

一方霞ヶ関国会では最優先項目を特論する気配は薄く、長期展望だとか体制だとか、
わが党の長期ビジョンに沿わないなど、
イイカゲンにせよと感じる時間の浪費が平気で続いている。
なげ悲しや。。。


A069---2011.07.24::
ノルウェー乱射テロの悲惨に人類の末路を思う


 
政府庁舎がある建物で首相狙ったと報道される爆弾テロ発生。
数時間後にはウトヤ島で首相出席予定の与党関連の集会で、
警察官の服装で入った犯人が銃乱射、92人が死亡。

32歳の男を逮捕、、、アメリカでも何回か銃乱射事件、
日本でも秋葉原通り魔的複数殺人、、、
指導層体質が原因と思われる中国高速鉄道の事故、
甘い安全基準を許す日本での原発設計と事故、
隣国へ連絡もせず行われた汚染水海洋流出、放射能汚染ワラ・汚染肉牛の未熟な対処力、
放射能危険地域の住民への情報開示遅れ・指導誘導の力なし、
だだただ頭下げ国での保障で逃げる政府・行政、
(国での保障?俺達国民全体から税金を巻き上げて保証金を渡すから、、、
という安易な対処なのだ)。

ついついボヤキになってしまう。
国外の景色も似た感じだ。銃乱射、指導層が主因と思われる鉄道事故、
アフリカ各地に続く地域的紛争と援助ルートを遮断されて飢餓に苦しめられ、
生存の夢さえ絶たれる子供達。
最近では飢餓・無政府混乱状態のソマリア、
混乱の中で支援食料さえ届かず、
その混乱に乗じてソマリアに根城を作るアルカイダ、
同じく根城を作る海洋海賊集団が追い討ちをかけている。

70億に達しようとする地球人口は、各所にウミを抱えながら、
包帯だらけのミイラに近い生き様を始めたのか。
微生物実験ではシャーレーに栄養分を入れてバクテリアなどを培養する。
見る見る繁殖する微生物は食料がなくなると一瞬にしてこの空間から消滅する。
人類は限られた地球表面に生存を拒絶される減衰期に入って来たのか?


                      Homeへ戻る    頁トップへ


A067---2011.07.22::
報道の真意? テレビの影響は甚大、意図は?


  
昨日のNHKBS・ドキュメンタリー、チェルノブイリ原発事故の悲惨さを再現した映画放映。
原発管理の上層部が事なかれ主義で報告を遅延、作業者や住民への情報制限。。。
ひどい話だ、実際何人が死んだのだろうか?放映は原発事故の悲惨さをハイライトしている。
このチェルノブイリからすれば、福島原発事故など軽微なものだ、、、との印象付けを強く感じる。

とんでもない。。原発事故に至る日本の原発推進も、不都合な情報・コスト計算・安全基準など、
公表なしで(あるいは偽装説明して)現場への交付金ばら撒きで拡大されたのだ。
事故なき時は、交付金は地方に入るし、仕事も貰えてランラン乱だった。
これからはエネルギー行政、議員選挙などに国民の細心決断が求められる。
180度裏面から考えれば、
電力行政やそれを指示する政治家の選挙選出に、他人任せだった
国民一般の無責任さが招いた原発事故であったとも言える。


A066---011.07.22::
行政はちゃんと現場に立った対策・行動を

  
昨日のNHK調査ではセシウム汚染資料で問題になる牛は、13県、1140頭に及んだらしい。
NHKの調査だそうだ。。。こんな危機なのに行政調査はどうなってる? 
NHKじゃなくて、行政からの調査報告はないのか?真面目にやってんですか?
真面目か不真面目かとと言えば、衆院予算委員会だ、

首相の居直り・はぐらかし?かみ合わぬ議論?野党+与党とも皆ため息顔、、、、
でも、そんな事はどうでもいいんだ、いつまで幼稚園園児の言い争いを続けてるのだ?
ベトナムへの原発装置輸出?子女教育支援の修正案?いいだろう、継続審議すれば、
今は被災者救済だろう、
議論で時間つぶし、質疑で売名などしてないで、現地への有効策考えよ。。


A065---2011.07.21::
国際的には『Cクラス』に脱落した日本もろもろ

  
台風6号の風雨で在宅時間多し、頭にくるニュースだらけ。
バブル崩壊以前の日本、経済大国?なんて世論誘導されていた、恥ずべき実態があった。
(自分は経済大国なんて言葉は嫌いだったし、言ったり思ったりしたことはないが)、
一時的に低開発経済から高度経済成長するのは当たり前のこと、
そして他国が日本を経済大国というのは有ったとしても(半分バカにしながら)、
自国民が自国を経済大国なんて思い上がっていた様子はコッケイ、ミットモナイ。

 現状の未熟な政治・行政・天下り・癒着・ピーピー言うタレント議員・
ヤクザ発言する震災復興担当相・安全基準不明のまま原発安全再稼動を求める経産・安全だと
ヤラセメールを強いる電力会社の腐ったトップ・
セシウム放射能汚染牛肉が国民に食されるを防止できない行政当局、、、
世界的評価だって最低に落ちたろう。。。。
どの状況見たって世界比較ではCクラス国家、それ以下かもしれない。

日本の経済だって急下降スパイラルの入り口だ。格付けだって下降間違いなし。
国民健康保険だって保険料に対する医療給付は減少、
高齢者無料給付も遠のくし、
厚生年金だって給付年齢は高められるし、給付額だって減少する、
最悪なのは信頼されぬ当制度が集金能力を失うことだ。

国の財布は国債だらけで何時紙切れにされるか国債保有もヒヤヒヤだ。。。。。
とにかく、国際的にも最低に落ちた日本の力量(政治行政レベル・国力・そこに居る代表の力量
なんてもの)を多面的に見直すべきだと思うヨ。。。

 ナデシコJAPANだって去年結成して今年優勝という訳ではない。
金メダルに到達するのに、ボールを蹴るだけでも20年近く(日本女子リーグ出来てから)の
蓄積・努力の結果だと思うから。
それで、どうすりゃ良いのだ、日本での生活は?????クエッション。。。。


A064---2011.07.20::
九州電力・社長辞任の意向だけで、『やらせメール体質』隠し社内体質温存?


  
経産省トップからは15日に真部社長辞任を求めていたという情報だ。
19日真部社長辞任の意向が表明された(近いうちに)。。
みっともないのは、、、会長からは、
再稼動しないと火力燃料費で毎日6億円マイナスだから再稼動出来るよう報道関連からも誘導?
して欲しいとの発言が有ったらしい。

国民をバカにした状況が続いている。経産省は問題拡大しないように社長交替を進め、
九電は社長交替でやらせメール問題を終息させ(社内体質改善をどうする、放置?策なし?)、
会長は世論誘導で原発再開を報道陣に要請? あきれた集団だ。。。。。


A063---2011.07.19::
中国の商務相会談の成果なし・・正直に報告せよ


  
経産省のトップらしい男が中国商務相と会談した。
中国高速鉄道で中国が勝手に大幅な特許主張をしてるらしいが、
それに対する苦言も発しないまま、
ただ日本へのレアアース輸出を増してくれと要請、回答はなしだ。

中国側では最終製品の値上がりに対しては考えないといけないと発言されただけなのに、、、、、
一歩踏み込んだ発言があって、有効だった、、、なんて報告は幼稚園でする報告。。。。。
成果が無かったら『正直に無かった』と報告することで次の外交対策が練られるのだ。
そのまま、鵜呑み報道を強いられ、コメントも入れられないNHKも哀れなものだ。。
こういうニュースを世間を惑わす迷惑ゴミ報道というのだ。


A062---2011.07.18::
情け無い、日本の長期ビジョン


  
情けない、日本の長期ビジョン。
二本の原爆を頂きながら原爆疾病対策の他に利用できる情報集積は少ないようだ。
東電・旧政府行政・経産・原子力安全保安院など
九電のやらせメールに似た仲間内のナーナー組織しか作ってない。
大丈夫・安全だなどと言いまくる御用学者達を選んで話させるNHKなども場合によって同賊だ。

安易な楽天的シナリオしか想定しない旧態組織を壊滅しよう。
福島原発事故調査検討委員長に東大名誉教授の畑村洋太郎先生が選ばれたのは好ましい。
『失敗学のすすめ』を主張される先生は人間組織の汚点も含め、
忘却を得意とする人間の愚かさも含めた総合的対策の具体化に期待しています。


A061---2011.07.18::
おめでとう女子ワールドカップ・なでしこJapan


  
女子ワールドカップ、優勝お目出度う『なでしこJAPAN』、久々に元気を貰った、快挙。
皆、出しゃばらず、密やかに自分の職域を着々と消化した。
例えば鮫島だ、写真中央には来ないで、後方隅に密やかに微笑んでいるだけ、
ここぞという時に快速を跳ばす。 

全てのメンバーが自分を主張し過ぎない、タスク120%を貫徹しようと休むことが無い。
彼女らの爪を煎じて国会議員に飲ませたい。
なでしこJapanの彼女達よ、絶対に国会議員出馬の誘いにのるなヨヨヨ。。。
今の政治政党は何をやるか判らないからナ。。。



A060---2011.07.18::
高セシウム汚染牛肉

  
毎日食わなければ大丈夫?ふざけるなよ・・・だれがそんな報道させてるんだ?
最近発覚した13農場からの汚染肉牛505頭、今までの総計は648頭に及ぶ。
農水省の管理不徹底が最大の問題のようだが
省庁上層部は対策を決定通知するのが仕事?、とんでもない、、
対策実行するのが本当の仕事だぜ。。事がことだけに、、サボりもいい加減にセイ。。

日本の全ての食材が放射能汚染されていると海外からも見られてしまうだろう。
非常にハズカッシイ、行政当局だ。日本人であることが今は恥ずかしい。
放射能汚染度測定装置が不足?本当かね?
一般企業・大学・研究機関総動員、フル稼働でやっているのか?本当に?



A059b---2011.07.15::
組織ぐるみの天下りが生んだ原発事故

  
政府ぐるみ・経産省・エネ庁・東電の天下り・汚染組織、
天下りルートだから検査・追及・報告も甘くなる。
東電副社長は関連上部からの天下りポストとして保持されているらしい。
本年1月からエネ庁長官退職者が天下って顧問をやっていた
(原発事故でヤバイと察知して辞任した模様だが)。

この顧問も株主総会で副社長就任が予定されていたらしいのだ。
東電が保障すべき原発災害補償も最終的には政府が保証する??
冗談だろう、
政府保証というのは 東電に代わって私達国民から税金集めて支払いにする、、、ことだぜ、怒り。
電力業界からの政治献金は如何ほどで政治を腐敗させてるのか??



A059---2011.07.15::
九州電力が仕組んだ『やらせメール


  
九州電力の「やらせメール」許せん。。。。。。。。
国民の安全に関わる重大案件なのに。。社内からの世論誘導。。。
世間・国民をバカにしている。。。。。

玄海原発の県民説明番組、社内からの「やらせメール」で
安全だ、運転再開が妥当だ、など文案も準備して
国民を危険の中に追いやったヒドイ奴らだ、人間のクズ。。
社長だけじゃない、腐った経営上層、管理職上層部全体の病気なのだ。
社長辞任で責任?冗談じゃない、
辞任させず社内改革を実行させるのが責任のとり方だろうに。。。

                         Homeへ戻る    頁トップへ

A058---2011.07.05::
経産相の発言?玄海原発再開は安全だから運転しろ?

  
こんな発言する経産省の代表政治家よ、何を根拠に亜安全レベルに達してる?
国が責任を持てる?国が責任をもつなんて、無責任発言で国民をだまして放射能を降りかけるのか。
その後になってストレステスト?原発操業安全性の確認試験?を実行して確認するらしいが、
そのテストの合格レベル基準は公表されてるのか、項目に落ちはないのか、

国民はまだ知らないことだらけ、、、
しっかりウォッチしていかないとわが身も危ない。
多分、セシウム汚染牛肉も食わされてしまったようだし。。。。。。。


A057---2011.07.05::
震災復興担当相なる男、宮城県知事対談、ヤクザ並み発言

  
震災復興担当相なる男、宮城県知事対談、震災を舞台に態度もデカイが、発言もヤクザ並み、
明らかに内閣が各都道府県行政を管理している指導者だと自負している様子だ。
内閣周辺にはこんな人材しか居ないのか??全く。。
辞任でなく議員辞職だろ???



A056---2011.07.04::
電力消費削減に誠実に取り組む国民

  
従来の政府行政・通産・東電・そして原子力安全保安院の慣れ合い、
無責任管理の結果である人災事故、、、
にも関わらず、国民一般は大真面目、みな扇風機で済まそうと、どこの店頭でも扇風機は売切れ、
この真面目さに脱帽、皆、汗と涙の生活を覚悟しているのだ。。。。。



A055---2011.07.04::
電力各社の株主総会 脱原発路線を否定

  
電力各社の株主総会では大手支援株主が脱原発方向を否決、
原発各社は安全基準・対策を納得させぬまま
原発再開か?個人株主も責任の一端を運んでいる。
儲け主義で株保有の大手は、原発の汚染危機が有ろうが有るまいが知った事ではない、
儲かれば良いんだ。。

そんな状態が続いている。
少ない保有株主であっても、保有と意思決定が最終決定に繋がる事実に責任を感ずるべし。


A054---2011.07.04::
政治家諸君、組織度外視して復興へ尽力せよ

  
政治家諸君ヨ、手腕・道具を持っているなら組織度外視して、災害復興活動にスグサマ参加しろ、
口しか無い者は静かに傍観して迷惑な声を出すな。。



A053---2011.05.20::
首相がこんな危機時点で家族とレストラン? そんなことニュースにするな