風の谷プロジェクトの紹介、精神障がい者地域作業所、みんなで作るランチは絶品。栄養バランス栄養補給にバッチリ!プライバシー厳守

 ある話の中に出てくる「風の谷」という場所はどんな個性を持つ人でもゆったりと受け入れてくれるような場所でした。ここもそんな場でありたいという願いを込めて「風の谷プロジェクト」という名前を付けました。


風の谷プロジェクトはこうなりたいな!と思っています。

 
 今までの作業所では利用目的が合わない人、すでに他の作業所へ通っている人などからの「何か別のことをやりたい時に利用できるような場所を作りたい」という思いに賛同した有志が集まって1993年の秋頃から準備委員会が立ち上がり「来る人の利用方法によってコミュニティーセンターやイベント企画集団、クラブハウスにもなれる」精神障害者共同作業所として1994年4月に風の谷プロジェクトが生まれました。

 
 風の谷プロジェクトの運営母体は運営委員会(任意団体)でしたが、2007年2月にNPO法人「虹」を設立しました。現在は「色々な目的やペースで利用・活動のできる場所」として通所事業所(就労継続支援B型)を続けている他、これまでの活動から出てきた「おたがいさま」という意識を大切にしながら、地域の中でも風の谷(虹)らしい役割を担えたらいいなと思っています。  これまでの活動で大切にしてきたことを損なわず、より多くの人たちと協力し合いながら活動を続けていくことが今の目標です。



週間プログラム   

  人とのコミュニケーションのきっかけがつかめたり、それぞれのペースや目的をもって利用できる色々な種類のプログラムがあります。
風の谷プロジェクトの週間プログラム、パソコン講座、公園清掃、調理講座、レク、スポーツ、精神障がい者作業所、作業工賃、交通費支給、生活相談、プライバシー厳守