製作記




(C)TOYSPRESS

ボークス 1/100 プラモデル GGI パトラクシェ・ミラージュ

製作:1998年3月〜1998年5月


    コミック「ファイブスター物語」の主役とされるモーターヘッド(MH)。
    ボークスのGGIのFSSシリーズ第1弾。この後にKOGやバスターランチャーも発売された。
    箱がデカくてヤワなので模型店などで箱を手にとってみるときは注意すべし。
    プロポーションはなかなか良く、ボリューム感十分。完成した姿はかなりいい。

○組み立て
   パーツの合いがあまり良いとはいえず、またヒケもかなりあるのでほとんどのパーツにすり合わせや
隙間埋め、ヒケ埋めが必要となる。この作業が最も大変で過酷。パテ埋めはポリパテでないと対応しきれない。
特に足首のフェアリングや下腕、胸部などはそうである。
    肩の付け根のボール状の部分は強度が著しく不足しており折れやすい。実際3回ほど折った。真鍮線
などで補強しないとすぐに壊れてしまう。全体的にポリキャップがきつめなので軸のプラ部品の方を削って
調整する必要がある。
    太股の付け根は後はめにするため太股側を少し削った。足のかかと周辺はウエーブのKOG同様プラ
同士のはめこみなのでポリキャップを仕込んだ。このキットはポリキャップがかなり余るのでそれが使える。
付属のポリキャップはMMユニットとして別売りされており、なかなか使える形のものもある。
    脚のラインのモールドは少し太いが許容できる範囲。このくらいの方が塗装が楽。
    肩のナイトマスターの紋章のモールドはスバラシイの一言に尽きる。
    その他の点も形状は全く問題ない。

○塗装
    塗装はグンゼのシャインシルバーをまず全体に吹き付け、その上からクリヤーイエロー+クリヤーオレンジ
+スーパークリヤー+ゴールドパールを混ぜたものエアブラシで吹き付け。しかし急いで塗装したため色むら
がかなりある。一部色が濃くなってしまった(こんがり焼けたような感じ)。それでも m-meka 展示会での評判は上々。
    ファティマハッチは説明書通り銀地の上半分を黒でグラデーションかけてその上からクリヤーグリーン。
脚のラインやミラージュマークなどは白地にモンザレッド。関節は黒鉄色。ナイトマスターの紋章は塗装する気力
が残ってなかったのでフラットホワイト。
    とりあえず、そのうち再塗装の予定。

○結論
    プロポーションはいいのだが組み立てにある程度の技術を必要とするために中〜上級者向け。
    あせらずゆっくり作ることが肝心。煩雑な作業も厭わないほどの精神力が必要。
    でも、すごくかっこいい・・・・。

 <<<PREV.



 模型のページへ

 模型関連リンクへ

 TOPページへ