製作記




エレール 1/43 プラモデル シトロエン11CV

製作:1998年春〜夏頃?


    1934年から57年にかけて生産された通称「トラクシオン・アヴァン」の中の1台。
    20世紀を代表する名車の一つである。
    キットはフランスのエレール製。

○組み立て
    ボディー表面のパーティングラインや金型のキズが目立つが、それさえ何とかしてしまえば形状は問題ない。
しかしながらこれが一番厄介な作業。ボディーラインを崩さないように全体にやすりがけを行った。
    パーツ数は少なく、組み立ては簡単。ただモールドがすべて凸なので彫り直した部分もある。室内など細部は気にせずキットのままだが、ちょっと寂しいかも。
    資料などが手元にないのであくまでそれらしく。

○塗装
    ボディーの塗装は黒をスプレー。グリルやライト等は本来はメッキなのだがシルバーを塗っただけ。
   室内等の 塗装指示はハンブロールのカラーで指定されているがこの辺は手元にあった近い色で塗装。
    デカールは厚め。だが気になるほどではない。

○結論
    形状はまあまあ。
    キットが古いことやエレールという点(^^;)を考慮すればまあ許せる範囲。
   1/43の安いキットは少ないので貴重な存在かもしれない。

 <<<PREV.



 模型のページへ

 模型関連リンクへ

 TOPページへ