のりもののページ トップへ 静鉄・松本電鉄・井川線・浜松市営紹介



静鉄ファンのページ
(メインコンテンツ) 松本電鉄旧塗装バス 浜松市営バス
南アルプスアプトライン
(大鐡井川線)
フリー素材
リンク集他
■森林鉄道井川線トップ ■井川線写真1 ■井川線写真2 ■大雪の井川線 ■DD20ペーパークラフト

大井川鉄道井川線写真2

(拡大画像は戻るボタンで戻ってください)

鉄道の日記念DB1型列車運転の
様子を紹介していきます。
井川線には、2両の加藤製作所製
8tDLの、DB1型がある。
奥がDB1 9、手前が8。

川根両国駅構内
1998年10月10日
貨車の前に止めて、貨物列車風に。

川根両国駅構内
1998年10月10日
DB1型の間を営業列車が通る。

川根両国駅構内
1998年10月10日
2両のDB1型
左の9は、ヘッドマークの台座があるが、
8は無い。

川根両国駅構内
1998年10月10日
アプト式ELのED90型と並ぶDB。

アプトいちしろ駅構内
1998年10月10日
日本一の急勾配90/1000を、
アプト式機関車を付けて走る。
この写真の場所は、アプトいちしろ駅より
徒歩数分ですぐ着く。

アプトいちしろ−長島ダム間
1998年10月10日
DB1 8に、スハフ1型を2両連結した、
この日の特別列車

千頭駅構内
1998年10月10日
スハフ1型デッキ方向より。

千頭駅構内
1998年10月10日
営業列車と並ぶ、特別列車。
井川線は全車冷房は無い。

千頭駅構内
1998年10月10日
DB1型は、井川方面に先頭を
向けている。

千頭方面に向かうには、このように
運転が必要。大変。

千頭駅構内
1998年10月10日
DB1型の運転席。
チェーン駆動に、ロッド。
ベテランだけが、運転できる
機関車だそうだ。

1998年10月10日
DB1型の運転席。


1998年10月10日
こちらは、DD20型の運転席。
とにかく狭い。
写真でみる以上に、狭い。

1998年10月10日
こちらは、クハ600型の運転席。
一番快適でしょう。

1998年10月10日

■森林鉄道井川線トップ ■井川線写真1 ■井川線写真2 ■大雪の井川線 ■DD20ペーパークラフト
トップページへ戻る