のりもののページ トップへ 静鉄・松本電鉄・井川線・浜松市営紹介
楽天トラベル株式会社



静鉄ファンのページ
(メインコンテンツ) 松本電鉄旧塗装バス 浜松市営バス
南アルプスアプトライン
(大鐡井川線)
フリー素材
リンク集他


■森林鉄道井川線トップ ■写真1 ■写真2 ■大雪の井川線 ■DD20ペーパークラフト

大雪で除雪作業中の、大井川鉄道井川線

大井川鉄道井川線は、温暖な静岡県で唯一、
ラッセル除雪作業を見ることができる可能性のある鉄道です。

井川線には、DD20型ディーゼル機関車の連結器に取り付けられるラッセルヘッド
があります。静岡の雪には大げさなくらい立派なラッセルヘッドです。

大雪の時はこれを使用して除雪します。
滅多に大雪にはなりませんが、写真は93年か94年頃の大雪の時に、
貴重な除雪シーンを撮影できましたので、掲載します。


雑誌にものらない大変貴重な写真と思います。
観光シーズンでは見られない冬の山岳鉄道の様子をご覧ください。


ラッセルヘッドを付けた井川線DD20
ポイントの雪をバーナーで融かす 井川駅
ゆっくりと排雪するDD20 井川駅
除雪が終わり出発を待つ営業列車
かなりの積雪量があった事がわかる

温暖な静岡市街では、雪が積もる事は数年に一度あるかないかというくらい珍しい事です。

しかし、南アルプスを擁する日本一面積の広い市で南北に長い事から、
北部山間部では、毎年積雪があります。
(静岡市葵区北部の旧井川村部分と浜松市北部(旧磐田郡水窪町)は、一応豪雪地帯に指定されている)

冬、静岡市が雨でも、雪になる可能性の高い地域は、
静岡市の場合、蕨野温泉・有東木や上落合・横沢あたりより上と思われます。

このページの写真撮影時は、横沢手前あたりより、路面積雪が出始め、
道路は除雪されていましたが、完全にチェーン着用が必要な状態でした。。
井川方面では除雪や、凍結防止剤散布も行われています。


■森林鉄道井川線トップ ■写真1 ■写真2 ■大雪の井川線 ■DD20ペーパークラフト
トップページへ戻る