かぶせ釣りの名前の由来

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-02-19

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

かぶせ釣りの名前の由来

なぜ、かぶせ釣りと呼ぶのでしょうか?
地元誌「ボートフィッシング」にかぶせ釣りの記事がたまに掲載されますが、広島湾の伝統的・かつ古典的なかぶせ釣りについての情報はありません。「月刊釣り情報」誌創刊直後の昭和50年代前半には、詳しい解説がシリーズ化されていた記憶がありますが。
そこで、古く(昭和時代)から、かぶせ釣りをしている複数のベテランに聞いてみました。そして、名前の由来の他に、意外な事実もわかりました。

底取りが難しかった

別の項にも書いていますが、カキ養殖が現在の形で始まった昭和30年ごろに、かぶせ釣りが始まったと推測します。当時は今と比べてラインや鈎のクオリティーはかなり悪く、とりわけラインは太いものを使っていたようです。

そして、水深が20~30mあるカキ筏において、ムラサキイガイやカキでの底取りは至難の業だったと思われます。船釣りの経験者ならよくわかると思いますが、波止の周囲の潮の流れが速い浅場と違って、たとえスピードが遅くても、流れている層が厚いと、底取りは困難になります。

比重を上げるために

当然、思いつく方法は、餌の重さを増すことです。当時はみんなあたり前のように、殻を開けたムラサキイガイやカキの中に砂を仕込んでいました。こうすれば、餌の比重が増すと同時に、砂がバラけながら落ちるので集魚効果もあります。

そう、刺し餌に砂をかぶせることが『かぶせ釣り』と呼ばれる所以なのです。「撒き餌を撒くことをかぶせるというから」ではありません。撒き餌を撒く釣りは他にもたくさんあります。伝統的な海エビでのフカセ釣りだって、大量の活エビを撒きます。

ムラサキイガイを多用していた

筆者らの感覚だと、かぶせ釣りと言えばカキが当たり前で、ムラサキイガイは代用品あるいはキワモノ扱いですが、昔は結構ムラサキイガイを使っていたようです。私がやっているように殻を大きく開くのではなく、ほんの1cm程度開けただけにして、身に鈎を忍ばせます。そして、身の上にかぶせるように大量に砂を詰め込みます。

砂をかぶせる(詰める)からかぶせ釣り

というわけで、筆者らの「殻付きのカキを使えばかぶせ釣り」という既成概念は、先人の思いとは大きくかけ離れているようです。道具が進化した今、砂をかぶせなくても底取りはできますし、波止でしかやらない人には無縁かもしれませんが、集魚効果や中層での餌取り対策として、砂をかぶせるのは有効だと思います。