身近な釣り場でかぶせ釣りが楽しめる

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-02-19

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

身近な釣り場で気軽に かぶせ釣りを楽しもう

難易度の高い釣りを
身近なものに

タックルの見直しで合理化を図る

かぶせ釣りは昭和30年頃に始まりました。今と比べると格段とモノ不足の当時、入手できる釣り具も限られていたため、釣り人たちは、道具に頼れない分、自分の腕でカバーしていました。

後述しますが、船から釣る伝統的なかぶせ釣りは、技術的な難易度が高く、熟練を要します。しかし、高性能な釣り具が手に入る現在、無理に古いスタイルを踏襲しなくても、今時の竿とリールを使えば誰でも気軽に楽しむことができるのです。

P51400041.jpg

aP8060006.JPG

かぶせ釣りのフィールドは
船だけではない

足元に水深があればOK

旧来の伝統的なかぶせ釣りは、カキ筏に船を係留して釣るので、この釣りは船のオーナーだけの特権でした。しかし、竿とリールを使うことによって、かぶせ釣りが容易になるだけでなく、フィールドも広がります。

竿釣りなら、船だけでなく、防波堤、岸壁、桟橋、釣り用筏など、竿下にある程度の水深があり、立ち入りが許可されている場所であれば、かぶせ釣りが可能です。また、たとえ足元が浅くても、鈎の付いた餌のカキを10~20mくらい遠投するテクニックを身につければ、さらに釣り場のバリエーションが増えます。

竿を使うかぶせ釣りは
各地で行われている

カキ養殖の盛んな地域では
もはや珍しくない

インターネットで「カキチヌ」を検索してみてください。筏やカセ(作業用の平船)から、殻付きカキを餌に筏竿でチヌを釣る方法(カキチヌ)は日本各地に見られます。

筏のダンゴ釣りでチヌを狙う人たちは、冬場は同じ道具で餌を殻付きカキに変え、チヌ釣りを楽しんでいます。かぶせ釣りという言い方は広島だけのローカルな呼称ですが、カキチヌはすでに全国区になりつつあります。




カキチヌを調べてみると、地方によってカキの割り方をはじめとするテクニック、あるいはよく釣れる時期などが微妙に異なるようです。釣り場の状況が違うので当然ですが。また、その地域の特性を生かした釣り方や考え方が根付いているようです。