かぶせ釣り用ケプラート/ケプラーノットの応用

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-06-24

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

ケプラート/ケプラーノットの応用

このページの画像は、すべてクリックで拡大します

ケプラー接続について

ケプラーを使う理由

チヌ狙いのかぶせ釣りで超遠投するには、短い枝の2本鈎を組みます。短くてもしなやかで、強度のある材質といえばケプラーです。

また、かぶせ釣りでコブダイを狙う際、ライン強度を最大限に発揮させたいところです。ラインシステム全体の強度を低下させる要因は、結び目にあります。ですから当然、ラインは通し(ハリスの設定なし)にしますが、鈎とラインの結束は避けて通れません。

そこで、ケプラー素材を使うことによって、鈎結束部の強度低下を防ぎます。

遠投チヌ用のしなやか2本鈎タイプと
コブダイ用高結束力タイプがある

鈎との接続方法はどちらも全く同じですが、使う材料の構造が異なります。2本鈎には、PEと同じような単純構造のケプラート、強度優先のコブダイ用には、ストロー構造のケプラーノットを用います。

ケプラート/ケプラーノット(YGKよつあみ社)は、PEラインなどの原料であるダイニーマ繊維と、米国デュポン社の開発したアラミド繊維(ケブラー)を複合させた特殊なラインです。しなやかで強力な結束強度を持つことから、筆者は、かぶせ釣りに広く応用しています。

ちなみに、ケプラー系よりも高性能なザイロン系も、同様に2種類あります。単純構造のザイロンXと、ストロー構造のザイロンノットです。ケプラーよりもザイロンの方が強度が上で、しかも自然でしなやかな動きが表現できます。

用意するもの

・ケプラー素材
 チヌ用2本鈎には4~5号のケプラート、高結束力ストロー構造には、6号ケプラーノットが標準です。各々10mで1,500~2,000円程度。
・セキ糸
 ケプラー素材を鈎に縛り付けるための糸です。1コイル150~200円程度。YGKよつあみ社製のセキ糸「編糸No2(2号)」か、同「四編No1(2号)」が使いやすいです。1号では細すぎます。また、高価なケブラー製のセキ糸もありますが、滑り易くて却って不向きです。

・セキノッター
セキ糸を巻きつける作業に使います。約1,000円。写真は、セキ糸のコイルにセキノッターを装着して作業できる状態にしたものです。
・PE切断用ハサミ
よく切れるハサミなら何でも良い。
・鈎
・瞬間接着剤

IMGP0510.JPG

これらはいずれも釣具店で入手できますが、店頭になく、取り寄せになることもあります。最近は、ネット通販でも手軽に購入できます。

ケプラー接続鈎の作り方

① 2本鈎タイプ

 ケプラート4.5号を長さ約10cmに切ります。
 ケプラートの端5ミリくらいと、セキ糸10~20ミリくらいを鈎の軸に添えます。

IMGP0504.JPG

 鈎とケプラートを束ねるように鈎の耳の部分からセキ糸を巻き付けていきます。

IMGP0507.JPG

セキノッターのフィンガーホルダーをしっかり保持して、丁寧に巻きつけていきます。

IMGP0483.JPG

 巻きしろのケプラート5mm分を巻き終えたら、往復して鈎の耳の傍まで巻き付けます。

IMGP0484.JPG

スタート地点まで往復して戻ったら・・

IMGP0485.JPG

巻いた部分が解けないように、しっかり指で押さえておきます。
ここからが大事なエンドNOTです。

IMGP0486.JPG

せき糸の余剰部分と鈎に巻きつけた部分で三角を作ります。

IMGP0489.JPG

IMGP0490.JPG

IMGP0491.JPG

IMGP0494.JPG

IMGP0495.JPG

なんのことやらさっぱりわからないと思うので、
これを参考にしてください(クリックで拡大します)。

IMGP0644.JPG

IMGP0496.JPG

IMGP0496.JPG

セキ糸部分に瞬間接着剤を流して固めます。

IMGP0513.JPG

ケプラートの反対の端にも同様に鈎を固定します。両端に鈎が付いたケプラートを不等長に折り曲げます。長さの差は鈎の耳からフトコロまでの長さ分くらい。折り曲げた部分に一重で輪を作ったら完成。釣り場では、ラインとその輪を接続します。

IMGP0497.JPG

IMGP0498.JPG

② 高結束力タイプ

ケプラーノットを長さ7~8㎝に切ります。

ケプラーノットの端をつまんで外本体と芯をずらし、芯糸を1.5cm程度引っ張り出します(全部引き抜きません)。

IMGP0499.JPG

芯糸を引き出した側な反対側の端に鈎を添えて、①と同じ要領でセキ糸を巻き、瞬間接着剤を流します。

因みに、芯糸は引っ張りしろを少し出しただけの状態で保管します(完全に抜いてはいけません)。

IMGP0500.JPG

釣り場で実際に使う際、芯糸を抜き去り、代わりにそこにライン(ナイロンまたはフロロカーボン)を差し込み、ラインが挿入された状態で一重結び、あるいは8の字に結びます。



IMGP0501.JPG