かぶせ釣りとは?

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-06-24

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

かぶせ釣りとは どんな釣り?

かぶせ釣りは
釣りの原点?

仕掛けは単純 餌は殻付きカキ

かぶせ釣りは、カキ養殖が盛んな広島県西部の広島湾が発祥の、独特なスタイルの釣りです。
船を養殖カキ筏に横付けし、殻付きのカキを餌にします。

仕掛けはラインと鈎だけ。餌のカキは、殻のほんの一部を金槌で割り、身の柔らかいところを露出させ、そこに鈎を刺して海中へ投入します。オモリは使いません。カキの殻の重みだけで沈めます。

aP4240002.JPG

aIMGP0336.JPG

かぶせ釣りは
魚との駆け引きがスリリング

合わせが遅いと食い逃げされ
早いと掛からない

柔らかい身の一部が露出した殻付きカキが海底にあると、それを見つけた魚はカキの身を吸うようにして食べます。

この時、カキの身に鈎を忍ばしておけば、ラインに当たりが出るので、タイミングを見計らって合わせ、鈎掛かりさせます。この駆け引きは非常に繊細で、なおかつスリルがあります。

かぶせ釣りは
せっかちな人にぴったり

仕掛けを回収しなくても
餌の有無がわかる

もし、合わせ損ねて餌を盗られた場合、あるいは、何かの事情で餌が鈎から外れた場合、ライン(竿)を持つ手に殻付きカキの重量感はありません。
すぐに仕掛けを回収して再戦を挑みます。

他の釣りのように、鈎に付けた餌が無くなっていることに気付かず、勝機のない無駄な時間を過ごしてしまうことはありえません。かぶせ釣りは、原始的でありながら実に合理的な釣りなのです。

船でなくてもOK

釣り用筏、防波堤(波止)、桟橋など、立ち入りが許可されている場所で水深があれば、かぶせ釣りは可能です(次項で説明)。

かぶせ釣りは いろんな魚が釣れる
純粋なフィッシュイーターは釣れませんが、貝類を食べる魚はヒットします。チヌ、タイ、アイナメ、カレイ、コブダイ、カワハギ、ウマヅラハギ、イシダイ、キス、カサゴ、キジハタ、タコなど