初めてのかぶせ釣り1

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-02-19

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

初めてのかぶせ釣り 1

はじめに

かぶせ釣りをやってみようと決意したら、まずは狙いの魚を定めず、身近な波止(防波堤)や桟橋で釣ってみましょう。

波止のすぐ近くで釣れる魚として、秋~春はチヌ、アイナメ、カサゴ、カレイ、ウマヅラハギ、コブダイなど、春~秋はチヌ、ウマヅラハギ、カワハギ、コブダイ、サンバソウ(イシダイの幼魚)などです。

aP8260002.JPG

釣れる魚の種類や当たりの頻度などは、場所だけでなく、季節によっても大きく変わります。かぶせ釣りは年中できますが、春と秋がベストシーズンです。夏の暑い時期は、餌のカキのコンディションが悪く、餌取りが多くいます。逆に厳冬期は、餌の状態が良いものの、ヒットする魚がずいぶん減ります。それでは、以下の段取りで計画を立てましょう。

aIMGP0521.JPG

餌の調達が可能かリサーチする

かぶせ釣りの餌、すなわち殻付きカキは、オキアミやゴカイのように容易に入手できません。餌が手に入らなければ釣りになりませんから、まずは餌を確保する手段を確立しましょう。前述のように、水温が高い時期はカキが水っぽくなり、質が落ちますが、冬は身が太って使いやすくなります。

① 自分で採る

実際に餌として使えるカキがあるか、下見をしておきましょう。カキは漁港周りや護岸の捨石などに付着しています。小石の浜に転がっていることもあります。

ただし、いずれの場合も採取できるのは、岸寄りの海底が干上がる干潮前後に限られるので、潮の干満を調べておきましょう。

また、同じ干潮でも、潮位が大きく異なることがあります。干潮時刻だけでなく潮位も要チェックです。100cm以下なら、なんとか採取できますが、できるだけ潮位が低い方がカキの質・量とも期待できます。

aIMGP0515.JPG

餌として使えるのは、カキの殻の長径が4cm以上の大きさです。餌として使えるサイズがどの海岸にでもあるわけではないので、あらかじめ下見が必要です。干潮時刻に合わせて、目星をつけた海岸のカキの付着状況を調べておきます。

aIMGP0514.JPG

② 業者さんから購入する

カキの養殖業者さんからクズガキを分けてもらえる場合があります。業者さんによって条件が異なりますし、食用以外は一切お断りの業者さんもあります。営業日や作業時間など、予めリサーチしておく必要があります。

例年、養殖カキの操業時期は11月~5月連休明け頃までです。自分で採取する場合と違って、潮回りに係わらず入手できるメリットがあります。

aIMGP0337.JPG

トップページへ

1 2 3 4 5 6