かぶせ釣りのカキの遠投テクニック

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-06-24

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

カキの遠投テクニック

はじめに

波止のかぶせ釣りでチヌを専門に狙う際、遠投が必要になることがあります。遠投のためには、鈎の維持力のアップと、遠投の手技の習得が必要です。鈎の維持力はチヌの項で説明した通り、2本鈎に解決策を求めます。ここでは遠投の手技について説明します。

従前は、カキを遠投するためにはスピニング・リールを用いるか、他のタイプのリールでは、あらかじめ10m以上のラインを引き出しておいてからカキを投げていました。バイキング筏44を使うと、スピニング・リールと同じように、スプールにストックしたラインを放出して遠投ができます。

1.投げ方

筆者は左利きなので掲載している写真は、
「竿を左手で持ち、右手でリールを巻く。投げる時は竿を右手で持ち、左投げ」
というものになっています。適宜ご自分の状況に差し替えてご参照ください。

①:トップ・ガイドからのラインの垂らしは、竿と同じ長さかやや長めに出しておきます。長過ぎてもトラブルのもとになります。 

②:カキに鈎を刺します。

③:バイキング筏44を竿のリール・シートから取り外し、利き腕と反対の手で握ります。

④:人差し指でリール・フットの裏面を、親指でリール上部を押さえます。

aIMGP0625.JPG

aIMGP0626.JPG

⑤:リールを持つ手の中指と薬指と小指で竿のリール・シート付近下面を保持します。

⑥:リールのスプールが、スピニング・リールのスプールの向きと同じようになるように、角度調整します。

⑦:カキを手で持って投げます。杓のカップに入れて振ると飛距離アップが可能です。

⑧:投げ終えたら、急いでリールを竿に取り付け、ラインを送り出す操作を行います。


aIMGP0632.JPG

aIMGP0633.JPG

aIMGP0524.JPG


この一連の動作がスムーズにテキパキできないと、無理なテンションがカキに加わってカーブフォール(後述)となり、実質的な飛距離が短くなったり、最悪の場合、鈎が外れたりします。慎重かつ手早く!

カキを遠投したあとは、自分でスプールからラインを引き出す操作が必要です。足元への落とし込みのようにブレーキをかけて落とすと、カキは岸に向かって寄って来ます。ちょうど、投げ釣りでオモリが着水したあと、着底するまでの間、ラインをフリーにして飛距離を保つようにするのと一緒です。

ルアー用語では、ライン・テンション(ブレーキ)を掛けて手前に寄せる落とし方を「カーブ・フォール(テンションフォール)」、ラインをフリーにして垂直に近い感じで落としていくことを「フリー・フォール」と呼びます。

リールにバイキング筏44を使った場合も例外ではなく、キャスト直後は積極的にスプールからラインを引っ張り出して、フリー・フォールにしなければ、せっかくの遠投で稼いだ飛距離が無駄になります。従ってこのときばかりは、人差し指のブレーキをかけません。

2.遠投のための補助的因子

(1) ライン
当然細ければ細いほどよく飛びます。また材質もナイロンよりPEの方が飛距離は伸びます。ただし、細ければ細いほどトラブルの確率が高まります。

(2) 竿
かぶせ釣りの遠投では、一般的な釣りのように竿の弾力で投げるわけではなく、むしろ竿(特にガイド)は抵抗となるだけで、その存在は疎ましいものでしかありません。つまり、カキを遠投することだけについて言うなら、竿はできるだけ①「短くて」②「ガイドの少ない」ものがよいのです。それ故、穂先のガイドの少ないイカダ竿(下向きリールの使用を前提にしたもの)は遠投に都合がいいのです。

(3) 投てきフォーム
風向きによって投げるフォームを変えましょう。強風時には、投げる前の構えの時や投げた直後に穂先にラインがからまるトラブルが頻発します。特に、横からの風については、自分の利き腕や風の方向によって竿の構えや投げ方を変えて、投てき時のライントラブルに対処する必要があります。

3.遠投でも着底の瞬間を察知

バイキング筏44での遠投では、遠投した先での着底直前・直後の当たりが楽しめます。その方法について以下に述べます。

10mおきに色分けしたラインを使うと、1、2回投げれば着底するまでのラインの出る量が判ってきます。大体の糸の出る量が判明したら、着底する2mくらい前から、(「フリー・フォール」を止め、「カーブ・フォール」(=人差し指のブレーキ併用)に切り替えましょう。

すなわち、着底が近づいたら足元への落としこみのときのように、「クラッチ・オフでスプールの自転によるラインの放出」+「人差し指による微弱なブレーキ」にて当たりに備えます。

そうすることによって、遠投した先での着底直前の当たりに対してリアル・タイムに対応が可能です。色分けしたラインを用いる時は、足元に落とすときも同様にライン・カラーをよく観察しておき、着底が近づいたら当たりに備えて気合を入れましょう。