かぶせ釣りのラインカラー

かぶせ釣りをバイキング筏44で楽しむ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

サイト更新日 2017-02-19

発信地:広島県 広島市  since 2004/5/11 ©K.Hosohara

ラインカラーについて

かぶせ釣りで、重要かつ楽しいことのひとつは、着底の瞬間を捉えることです。

10mまでの浅い釣り場で足元を釣る場合は別ですが、超遠投するチヌ釣りや水深がある筏釣りでは、「着底の予告」があると非常に便利です。

そこで、着水後の刺しエサの位置を把握するために、一定間隔で色分けされたラインを用いることを推奨します。

ラインカラーの例(クリックで拡大)
dunk2_z.gif

サンライン「ダンクスナイパー2」
(アオリイカ、ヤエン用)

着底時の色を覚える

釣り始めて2、3回打ち返しを繰り返せば、そのポイントにおける着底時のラインの色の位置がわかるはずです。

例えば、
「着底したとき、穂先から1mくらい先のところにラインのピンクとブルーの境目がくる」とか、
「着底したとき、ちょうど海面近くにラインのブルーとクリアーの境目がくる」といった具合です。

そのような状況を常に頭の中に入れておき、着底の瞬間に備えるのです。中層で当たりが出るポイントでは、棚の基準として使えます。また、筆者は寒チヌ狙いでカキ筏で釣る際に、速い潮流に刺し餌と撒き餌を乗せて、フカセ釣りのようなスタイルで釣ることがあります。この場合、水深の2~3倍の長さのラインを出すことも珍しくなく、ラインのマーキングがなければ全くお手上げになります。

10mごとの色分けが使いやすい

色分けラインを使えば、「自分が投入したカキが今どの位置(深さ)にあるか」ということをリアル・タイムに把握でき、緊張感のある戦略的な釣りが可能となります。そう、色分けラインはかぶせ釣りに必須のアイテムなのです。

PEラインは、いろんなメーカーから10mおきに色分けされた船釣り用のものが多数市販されています。

ナイロンではダイワ(グローブライド株式会社)「バトルゲーム ヤエンラインN」(10m間隔3色染め)、フロロカーボンでは、サンライン社「でかまだい」(2色染め)、「ダンクスナイパー」(10m間隔3色染め)、トヨフロン「アオリイカヤエン」(10m毎にブルー、レッド、グリーンの50cmマーキング)などがお勧めです。