ホーム>昇級規程

級位 型   縄跳び/組手
初段 征遠鎮 十八手 抜塞 5人掛け
1 三十六手 十三手 慈充 3分
2 ナイハンチ1 ナイハンチ2 ナイハンチ3 3分
3 砕破 シッソーチン   3分
4 撃砕1 撃砕2   2分
5 平安5 平安2   2分
6 平安4 普及型_中蹴下   1分
7 平安3 普及型_中刀下   1分
8 オレンジ 平安1 普及型_上中下   1分
無級        
  • 昇段後は正会員として2年以上在籍を要する(2年未満での休会・退会については免状および帯を預かりとする)
  • 2,4,6,級位までの各審査時までに交流試合以上の大会エントリーまたは地域開催の演武出場を受審要件とする


  • 審査一考

    水平と垂直

    審査につきましては、自会派における垂直的な客観性と、会派外での水平的な客観性とを追求すべきと考えます。
    しかし、そもそも空手というものが統一的な審査基準が存在していません。その組織での判断基準になります。しかも、その組織内での判断基準も曖昧模糊となっているのが現状です。

    型の採用

    当会では、型という客観的な基準を採用することにより、年齢・性別による相対的な評価ではなく、絶対的な基準を採用しています。
    競技レベルでの昇段基準は様々ですが、上記の型を習得していれば、伝統会派、フルコンタクト会派のどの団体の基準と比しても知識レベルでは遜色ありません。

    競技的実戦

    フルコンタクトにおける実戦につきましては、偶数級位までに何らかの経験を受審要件とすることにより充足するものと考えます。