ホーム>特長

社会人という前提~会員と同じ目線で~

shakaijin 私も、会員の皆様やその保護者の方々と同じく日中は本業を持っております。 確かに、空手道場経営専業または現役選手としても活躍されている方の方が当然技量は上です。 これは間違いありません。
しかし、・・・
▼続きを読む
しかし、多くの方が、将来空手で生計を立てていこうと考えているわけではありません。
特に少年部の皆さんも、空手でご飯を食べるために空手道場に入門したわけではありません。 会員の皆様は長い空手の稽古と仕事や学業とをいかに両立させるか、 この問題とは、空手の稽古をする限り、ずっと考え、バランスをとっていく必要があります。

だからこそ、指導する私も、会員の皆様と同じ立場で稽古の時間を過ごすことが必要だと考えます。

私に関して言えば、それが、ハンディだと思ったことがありません。 むしろ、会員の皆様や保護者の皆様とは異業種交流、ときには同業の悩みを共有することもあります。

空手の稽古をした結果、どうなったか、どういう人間に成長したのか?が重要です。 空手の稽古や大会結果そのものではありません。 たたむ

公平な指導~選手という概念なし、みな等しく選ばれた会員~

武道・格闘技も他の球技その他のスポーツと同様に競技という面があります。
とくに 武道としての部分を重視する方々から競技としての格闘技に対する批判もありますが、目標を定め稽古することは、必要です。
▼続きを読む
一般的に、競技になると、ときとしてエントリーすることすら叶わない場合もあります。 いわゆる、選手枠、レギュラーポジションという枠です。 選手、読んで字のごとく「選ばれる」という側面があります。
しかし、幸い、空手においては、「選ばれない」というケースはほとんどありません。 つまり、レギュラーという概念もありません。 オープントーナメントなのでエントリー=出場という図式です。

ところが、これが幸か不幸か、大会にエントリーする集団と全くしない集団とが真っ二つに区分れてしまう状況が見受けられます。 そして、これが悪化すると、大会に挫折する者、大会にエントリーしない結果、目標を定める事が出来ず稽古自体がマンネリ化してフェードアウトする者、 つまり、どちらの集団からも退会者が出るというよろしくない図式が生ずる場合があります。
特に少年部では、保護者間の交流も大会へのかかわり方により真っ二つになるケースも稀にあり、とくに大会にエントリーする集団の保護者間では、大会成績をめぐるぎくしゃくした関係が生ずることもあります。 スキルを上げるはずの大会がその競技を継続する死活問題にまで発展してしまうようでは、本末転倒です。

そこで、当会では、「選手」という概念を設けていません。その代り、会員の方々には稽古として何らかの大会出場、演武出場を審査要件に入れております。

対戦稽古は稽古の一環ですので選手も非選手もなく会員であれば、対戦稽古の延長として大会は当然に控えている、これが稽古の集大成、と考えます。 何も、名だたるオープントーナメント大会やその周辺大会にエントリーしろとは言いません。 交流試合、友好道場間での交流試合で充分です。

会員は等しくみな選手、換言すればみな「選ばれた会員」になります。 これは、全員にとって全員が等しく同等の稽古相手になれる、という事が出来ます。 確かに、突出したスター選手を輩出し、組織のレベルを一気にあげることも所属会員の士気を高めるetc戦略です。 しかし、そこまでは、少なからずの犠牲はないとはいえませんし、そこからも上記のスパイラルが生じる可能性があるとしたら、それは、メリットがあろうと良いとは考えません。
ただ、等しく同じ稽古の過程で、大会等の情報は等しく回覧することを徹底しています。

一例に、毎週のメール配信で稽古状況を配信しています。 少年部の保護者の保護者の方々は稽古を見学していなくても、稽古の状況がわかります。 また、稽古を休んでしまっても、同様に次に出席しるときに気後れすることなく稽古に出席できます。
これは、前組織の発足時から毎週継続していますので、配信数は500通を超えています。
稽古だけでなく、情報・連絡は等しく会員の方々に配信するようにしております。 たたむ

継続できるシステム~永久会員という選択~

system 入会という事があれば、実際に退会しないまでも退会という事が対対角にはあります。
少年部であれば、受験、保護者の方々の転勤、一般部の方々にとっても同様に転勤、または、社内移動による勤務時間の変化、 嬉しいことではお子様の誕生etcです。
会費支出もかかることなので、稽古をしないことが続くとやむを得ず退会という事になります。 ▼続きを読む
ご本人も、そして、指導者にとっても非常につらい出来事です。 空手の稽古自体に魅力を感じなくなったことは私自身にも責任があります。
しかし、稽古を続けたいのにやむを得ず退会に至ってしまうことについては何とかして再開への道筋を残しておく必要があります。 何を隠そう私自身も、そのような再開の道筋を残してくださったからこそ、いまがあるといえます。
当会では、休会後の再開についても極力支出を伴わず、また、何年も稽古しなくても定額でそれ以上の支出は伴わず会員でいる事が出来る制度を設定しました。
退会となって、遠く離れた場所で思いをはせるのではなく、すぐに空手着をきて稽古を再開できる制度を作りました。
長い空手の稽古の道です。 私自身、初めて空手着を着てから30年以上、自分自身の経験からも途中でブランクが生ずることはむしろ自然と考えることになりました。 たたむ

稽古だけに集中~稽古以外のボランティア活動は最小限に~

keiko 野球、サッカーetc小学校のグランド、つまり教育機関内で行われているスポーツはほとんど無料です。 有料でも実費相当分程度でしょう。 しかし、それは、実質無料で出来るバックアップがあるからです。主に保護者の方々の労務提供です。 いわゆる、ボランティアです。 ▼続きを読む
多くが屋外スポーツであるため、給水係や、ときに競技経験者である保護者による指導です。 団体スポーツであるがゆえの大所帯だから、という事情もあるでしょう。 ときに、ご家族総出という事もあるようです。 応援なら、もちろん理想です。また、ご家族行事の一環として、待ちに待った週末のイベントとして位置づけている場合を除きます。

しかし、残念ながら、一部にこの労務提供により保護者が疲弊したり、選手枠やレギュラー選出の件で、家族単位で足が遠のいたりするとと聞きます。
当会では「選手」という概念を作らないというところでも触れましたが、球技にはレギュラーという枠があります。 炎天下でも保護者の方々の見学も、わが子の応援であればよいのですが、レギュラー選出の基準をこの目で確認するためのチェックであるという話も聞いたことがあります。 これでは、本末転倒です。

御縁あって始めたスポーツ、武道etcです。 本人だけでなく、家族そろって良い思い出にしたり、成長したりすることが理想です。 それには、まず、入会した本人が専念できる環境を提供し、周囲のご家族が安心して応援できる環境を作るべきではないでしょうか?

空手の稽古は「平日」「屋内」で、もちろん「個人競技」ですので、ご本人の参加以外、保護者の方々のサポートは原則必要ありません。原則と書いたのは、大会への引率は私のほかに、ご家族単位でお願いしています。

保護者や一般部の会員の方々からのボランティア作業はありませんが、当会でも一定の会費は徴収します。教育機関内で行われる球技に係る費用よりも少々高い、むしろ、空手道場で生計を立てている機関の会費に近いと言えば近いかもしれません。 しかし、私が本業を持っているため、この活動を副業という位置付けさえにも置きません。前組織では、年内ににお預かりしました会費は年末に組織全体で納会を開き派手に(?)使ってしまっていました。
会費の果たす意義は、形式的には会員の皆様とそうでない外部の方々との「敷居」でしょうか。もう少し考えたとしましても、 私にとっては、提供する指導向上へのプレッシャーにする位置付けでしかありません。
もちろん、会費を徴収するからには保護者の方々から労務提供をお願いすることもありません。 平日は、タイトなスケジュールになるときもあるでしょうが稽古していただき、大会等がない限り週末はスケジュールはありません。 文武両道を念頭に掲げている当会では週末は、しっかりリセットしていただくようおすすめしております。その週のフォロー、次週への準備もあるでしょう。またご家族で過ごす時間も重要でしょう。
 以上、ネガティブなことを掲げて書いてきました。これらは、稽古事、習い事etcされる方が不安を抱いている事柄ではないでしょうか?不安は極力排除して、よいスタートダッシュを切っていただきたいと思います。 たたむ