ホーム>コミュニティ

地域コミュニティとのタイアップ

当会派の代表である私自身、上京以来25年近く、豊島区目白または雑司ヶ谷に住んでいます。 上京して右も左もわからなかった私だけでなく、家内、単身赴任時代の義父、そして娘までも、この地域で育ってきました。

実は、目白・雑司が谷地区という地域は地域コミュニティがしっかりあります。 もちろん、町会の子供行事も盛んです。2月の目白のさくら公園での餅つき、9月の例大祭、そして10月、この地域のメインイベント御会式です。当会では、目白睦鬼神会、東部睦会、目白睦商工会を応援しています(一番右の写真は、2013年に御会式写真コンテストで代表の私が入選をいただいた写真です)。
当会派は、このような充実した地域コミュニティに貢献したく、豊島区目白または雑司ヶ谷でのこれらの行事に参加しています。 地域コミュニティにおける市民権なくして、武道教育を掲げているこれらの武道団体の意義はないと考えます。 お陰様で、前組織開設から約10年、町会の皆様のおかげもあり、今日を迎えています。

これまでの参加行事の一部

omochitsuki
子供会餅つき
▼続きを読む
稽古場所がある町内会と、はじめて接点を持つこととなったのは、今回演武をしているこの公園なのです。ここでお餅つきの前座として、初めて演武を開催しました。

本当に感慨深いものがありました。
都内は、大雪で、まずはお餅つきの開催準備と言いたいところですが、ただでさえ忙しいのに加え、まずは雪かきです。道具の運搬のために道路の雪かきetc。途方にくれました。

しかし、無事開催に。 代表の私も、少し遅れた「鏡開き」をしました。
しっかり「開いた」板はお米を炊く燃料へ。
地域の子供たち、元気に育ってほしいと願いました。 たたむ
omochitsuki
夏休み盆踊り演武
▼続きを読む
今年、またまた初参加となった演武です。稽古している体育館の御当地の鬼子母神境内での盆踊り大会での演武。

今回は、やぐらの上、壇上での演武でした。天候も心配された中でしたが、高い降水確率をあと送りにさせるほどの気迫のある演武に拍手喝采!

この後の天候が思わしくなかったので、この演武の時間帯が一番盛り上がったとも? たたむ