橋本行政書士事務所
TEL 059−355−1981
FAX 059−355−1982
E‐mail

TOP   Topics  業務案内  業務報酬額一覧  事務所案内  リンク  メール  Profile

資格試験


平成26年度宅地建物取引主任者資格試験結果について(2015年1月3日記)
昨年の平成26年12月3日のこととなりますが、平成26年度宅建試験結果が発表されています。概要は以下のとおりです。

申込者数 238,343人(対前年比3,757人 1.6%増)
受験者数 192,029人(対前年比5,725人 3.1%増)
受験率 80.6%
合否点 32点/50問(平成25年度33点。ここ10年の中では最も低い)
合格者数 33,670人(対前年比5,200人 18.3%増)
合格率 17.5%(平成25年度15.3%。ここ10年の中では2番目に高い)
平均年齢 35.3歳
その他
最高齢合格者 77歳(男)
最年少合格者 12歳(男)
18歳未満合格者 14人

受験率や合格率は男性よりも女性の方が上回っています(受験率 男80.1%、女81.9%、合格率 男17%、女19%)。
また、最年少合格者年齢「12歳」というのはまだ小学生のはず。すごいですね、どんな小学生なのでしょうか。

全体の難易度としてはほぼ昨年並ですが、権利関係では従来の過去問だけでは解答困難な問題が増えるなど基本的知識はもちろん応用力も試される問題となっています。権利関係の難化傾向は近年の特徴であり、法律(民法)重視の現れだといえ、この傾向は今後とも続くでしょう。

平成27年度からは従来の「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引主任士」へと名称変更があります。「主任者」から「士業」の一つへと変貌を遂げることとなります。
したがって、平成27年以降はこれまで以上に注目が集まり、試験問題としても引き続き難化傾向が続くと思われます。
受験を考えている皆さんは、そのことも頭に入れてしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

実施機関である一般財団法人 不動産適正取引推進機構のサイトは以下のとおりです。実施結果の概要などが掲載されていますので、詳しくはそちらをご覧ください。
一般財団法人 不動産適正取引推進機構

橋本行政書士事務所
TEL 059−355−1981
FAX 059−355−1982
E‐mail


TOPへ

Copyright(C)since2004 Hashimoto Gyoseishoshi Office All Rights Reserved