自動車板金塗装良くある Q&A

   良くあるケースを挙げていますが、これから受けた質問等もどんどん載せていくので宜しくお願いします。

Q A
修理と取替の境は?  
 まず、その工場の技術力によって修理できるかできないか、が問題です。
 修理できる場合は修理見積りになりますが、修理代金より部品代が安い、
 というのが修理、という選択基準の基本です。修理代金と部品代にそんなに
 差がない場合、工場によっては取り替えをおすすめする場合もあります。
 新品取り替えの方が仕上がりが絶対にいい場合に限り、です。
 取り替えによって、事故車扱いになるケースもありますので、そこも判断基準になります。

 塗装の上手い下手
 の判断基準
 
 技術者レベルで言わせていただくと、調色、になります。
 どこまでボディー色に近い色を作り出すか。。。になります。完成したお車を見て、修理
 したパネルとしてない隣接パネルとを見比べ、色の違い、違和感がない場合は
 基本的にOKです。ホワイトパールや、シルバーメタリックは、わからなくするために
 隣接パネルを同時塗装する場合もあります。(ぼかし塗装)
 設備、使用している塗料によってもかわりますが、
 塗装の肌もきちんと同じように塗れていると仕上がりはかなり良いです。
 技術者がどこにこだわりを持って作業しているか、によります。

 中古パーツって?  
 修理代金を抑えたいときにご提案できるものです。
 同じ部品で同じカラーであれば、メリットは大きいですが、お車の保管状況
 などで、色が少々焼けてしまうため、違和感の出るケースもあります。
 色が違っていても、新品取り替え塗装より、はるかに安く済む場合は
 色違いでもおすすめします。

 デメリットは、購入前に状態を確認できないことです。
 「少々凹みあり、擦り傷あり、修理歴あり」程度のデータしかない場合も多いので
 リスクを承知で購入しましょう。購入後の返品はできません。

 
 なんでこんなに
 工場で料金が違う
 の?
 
 美容室や、リフォーム屋さん、飲食店、と構図は同じです。
 技術力、設備、材料、人件費、家賃、工場で掛かる経費で料金が決まります。
 
 過失や免責が
 あります。どうにか
 なりませんか?
 修理内容によって軽減することは可能です。お客様の求める仕上がりにも
 影響しますので、まずは相談してください。 
料金の安いところは
下手なんですか?
 
 料金の下限でも限界があります。非常に安いところもありますが、そういうところの
 仕事は長期に 渡って品質が保持出来ない作業の仕方をしているところがほとんどです。
 必ず数ヶ月単位で品質になんらかの異常がでてきます。(塗装のつやがなくなったり、
 変な線がういてきたり・・)

 長期で品質保持し、なおかつきれいな作業をするには最低限必要な料金がかかるのが
 普通です。問題なのはその最低限必要な品質を保持できる作業を現場の職人が
 どれくらいの時間をかけて行えることが出来るか?なのです。料金には、
 ≪この仕事は何時間で終わらせないと赤字になります≫という意味が隠されています。
 現場の職人は、料金と作業内容を確認し、終わらせられる時間を逆算しながら作業を
 進めていきます。予定より早く終わらせられる職人が揃っている工場は比較的安い
 料金でもキチンとした仕事をしてくれます。又、そういう工場は、安い料金でもちゃんと
 運営していけるわけです。お客様が、どのぐらいの品質を求めているのか、それに
 対してどれくらいの予算を考えているのか、をお店側にキチンと理解してもらうことが
 重要です。


テレビで宣伝して
いるように≪45分≫
でも直せるのですか?


 私の経験からバンパーの角こすり傷修理で最短で1時間半です。傷のないドアミラー
 などは十分可能です。
 が、出来る作業は限られます。最低でも半日は時間をもらいたいものです。


 早く仕上げると
 あとあと問題は
 おきないのですか?


 
 最近の材料は非常に高性能です。が、板金修理がある場合、1日仕上げはちょっと
 無理があります。基本的には、1日目=脱着、板金から下地(サフェーサー塗布)、
 乾燥 、2日目=塗装、乾燥、3日目
 仕上げ(磨き)、組み付け という3日仕上げが理想です。作業範囲、部品交換の
 有無にもよりますが2,3パネルの作業ですと最低3日はお預かりした方が無難だと
 思います。あまりにも早く仕上げると、
 有機溶剤系の材料の硬化不足、乾燥不足による不具合が起きる場合もあります。


トップページへ

管理人 工賃料金表 無料見積もり お問い合わせ
リンク アクセス 特別割引 よくあるQ&A