トップページにかえります

いせには
どんなはくぶつかんが
あったかな

いま
どんなてんらんかいを
していたかな

がくげいいんは
どんなしごとを
しているの

 

けっこう便利なリンク集です

※地域の博物館情報をお持ちの皆さんへ

 

わたしと相互リンクを張っていただけませんか。
参加者を徐々に増やしていって
草の根的な博物館ネットワークを完成させましょう

 

日本各地のはくぶつかん情報

 
 
 

リンクINDEX

はくぶつかんのことが
よくわかる
ホームページ
展覧会のことがよくわかる
ホームページ
日本の伝統工芸がよくわかる
ホームページ
はくぶつかんのしごとに役立つ
ホームページ

はくぶつかんのことがよくわかるホームページ

文化庁
言わずと知れた、日本の文化・芸術をつかさどる行政機関。
 
日本博物館協会「やまびこねっと」
 
全国科学博物館協議会
加盟館園の検索や総合情報案内、科学系博物館の関係者や研究者専用のページなど充実しています。
 
三重県博物館協会「三重のおもしろ博物館」
協会に加盟する三重県内の色々な博物館を簡単に紹介し、各館へのリンクも充実しています。
ぜひとも博物館に足を運んでもらえるようにと、様々なコンテンツを用意しています。ぜひとも参加してください。
 
文化財情報システムフォーラム
文化庁が財団法人日本博物館協会の協力を得て、全国の国公立および私立の博物館・美術館がインターネットで公開している文化財や美術品の情報を、容易に検索できる「共通索引システム」で結び、利用者がみずからの端末で知りたい情報を引き出せることを目指している。
システムが本格的に実用化されれば、博物館のネットワーク化にも拍車がかかり、研究者の手助けになるだけでなく、一般の家庭でもヴァーチャルミュージアムを企画して楽しむことが夢ではなくなるかもしれません。
 
国際博物館会議(ICOM)Welcome Page
全世界的な博物館の動向をさぐるには必読のページ
 
デジタルアーカイブ推進協議会
デジタルアーカイブ推進協議会のホームページです。
 
デジタル・ミュージアム推進協議会
地方公共団体のデジタルアーカイブを進めるデジタル・ミュージアム構想をもとに、システムの普及と地域間の文化活動の活性化を図る団体のホームページです。
 
『博ホ!』
「博物館におけるホームページの活用と博物館ネットワーク構築」の研究のためのホームページ
学芸員はもちろん学芸員を目指す学生さんや博物館にかかわる研究者にとって必読のページ。
ここのメーリングリストも実に重要な情報を与えてくれます。ただ自然科学系の方が多いのでどうしても内容が偏りがちなのですが、その構想と様々な活動には深い共感とあこがれを覚えます。
 
  博物館の博物館
大阪大学大学院の松下幸司氏が提供するページ。私も含め、今後の博物館が理想とするべきマルチメディアのスタイルがここにあります。

back

展覧会のことがよくわかるページ

博物館∞情報工房- インターネットミュージアム
日本を代表する展示企画会社である丹青社が発信するページ。総括的な博物館情報を発信している。
日本のすべての博物館関連機関に先立って「museum.or.jp」ドメインを取得し、常に先を行く活動には頭が下がる。
ここのメーリングリストには私も参加し、かつて熱い議論を戦わせていました。

Museum-Cafe

廣済堂が運営する、全国美術館・画廊情報や全国展覧会情報を集めている。シンプルで見やすい画面に情報が満載されており、主宰のお気に入りのページ。

back

 

日本の伝統工芸のことがよくわかるホームページ

社団法人 日本工芸会
日本工芸会とは現在の日本の伝統工芸を支えている工芸作家の集まり。
画像も豊富で非常に良くできていますが、残念なことはインターネットの性質上「原漢字で人物名や作品名を紹介できない」場合があることです。
この機会にもっともっと日本の伝統工芸の真髄を知ってもらいたいですね。
 
  やきもの.Net

私が目標とするホームページ。このページをひもとけば、あなたが知りたい日本の陶芸に関する情報のほとんどを得ることができるはずです。

back

 

はくぶつかんのしごとに役立つホームページ

 
文字鏡Net
歴史系博物館では特に目立ちますが、地名や人名などの固有名詞に多く使われるJIS登録されていない数多くの漢字が存在します。これらは外字の作成という時間と予算の浪費をともない、デジタルデータベースを作る際の障害となっています。
この問題を解決し、パソコン上で表示・出力するために開発された決定版といえるソフト「今昔文字鏡(こんじゃくもじきょう)」が紹介されています。
その技術の素晴らしさは一言では説明できないので、ぜひ一度ご覧あれ。
博物館/法律の小部屋
美濃加茂市民ミュージアムの学芸員として日夜奮闘中の井戸幸一氏のページ。
博物館関係法規について詳しくまとめられています。

back