福ねこミューの~猫と趣味とおこづかい~』に、ご訪問いただき大変ありがとうございます。当サイトは、猫との快適な暮らしに少しでも役立つ様に、管理人の実体験と調べた猫情報を公開します。
[HOME] > 知って得する猫知識 > 飼う上での注意点 > 人間と猫の共通する病気 ■HOME■福ねこミューのサイトマップ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
猫メニュー!
はじめてご訪問の方へ
うちのにゃんたち
知って得する猫知識
 ・それでも猫は猫!
 ・室内飼い?出入り自由?
 ・猫の年齢
 ・猫が発するサイン
 ・知っておきたい猫の病気
 ・こんな時はどうする?
 ・猫のケアアイテム
 ・日頃のケア
 ・飼う上での注意点
  ┣有害な植物
  ┗人と猫の共通する病気
 ・子猫がやって来た
  ┗子猫のえさ
 ・成猫との遊び方
 ・老猫との過ごし方
 ・家猫のしつけ!

 ・子猫の成長カレンダー
 ・肥満猫のダイエット

 ・猫が出てくることわざ

コミュニティ
その他のメニュー
ノウハウを公開...
どうせなら金儲け!
福ねこショッピング
福ねこママのお部屋

1日1回のクリック募金です


人間と猫の共通する病気(猫からうつる病気)

現在家族に猫がいる方、これから猫を家族に迎える方、同じ家で暮らす以上、猫から移ってしまう病気人間と猫の共通する病気)の症状なども知識として知っていた方が後々よいと思います。

ここでは、そのようは病気について少しだけ説明します。

◆皮膚糸状菌症(感染経路:直接、関節接触)
この病気の症状は、円形のハゲになり放っておくと広範囲な皮膚病につながります。子猫ほど感染しやすいそうです。
この病気を持った猫に触れると、人にも感染します。人の症状は、患部は円形に盛り上がり(湿疹やはれなど)、やがてかさぶたになります。猫も人間も治療が必要ですのでお医者さんに診てもらいましょう!予防策は、普段からブラッシング・シャンプーをこまめにし、清潔にすることです。

◆疥癬(感染経路:直接接触)
顕微鏡でないと見えない寄生ダニが原因で起こる、非常に痒い皮膚病です。
猫の頭、顔、首、耳などに赤い斑点ができ、それが水ぶくれになります。猫は掻いて皮膚に傷を付けてしまいます。また、黄灰色のフケがたくさん出てきます。病気が進行すると皮膚が厚くなり、しわがたくさん出来ます。
人に感染しますが、一般に痒い湿疹が出来る程度の軽症で、一過性のものです。

◆パスツレラ病(感染経路:噛まれる、ひっかかれる、唾液が口に入る)
健康な猫でも、85%くらいは口内にこの菌を保有していると言う報告があるそうです。ほとんどの猫が持っていると思ってもいいくらいですね!猫の健康にはあまり影響はないですが、猫(犬、うさぎ、ハムスターなどの哺乳類、鳥類にもあり)に噛まれたり、ひっかかれたりして人の体に入ると、数時間で傷口が腫れ上がり、ものすごく傷むのが特徴です。噛まれてもあまり軽く考えないで、消毒したほうが良いようです。放っておいて化膿し、骨髄炎になってしまったケースもあるようです。

◆猫ひっかき病(感染経路:噛まれる、ひっかかれる)
バスツレラ病と感染経路は同じですが、バルトネラ菌と言う細菌の感染によるものです。その菌が人の体にはいると、数日〜15日くらいして傷口が赤く腫れ上がります。その後〜40日くらいでリンパ節(手が噛まれたら脇の下、足が噛まれたら足の内側の付け根)が腫れ上がり痛みます。また、熱が出たりすることもあるようです。
悪化すると脳炎、肝障害になる場合もあるそうなので、この症状が出た場合はすぐに病院に行き、「猫に噛まれ、1ヶ月くらいでこのようになった」と説明しましょう。

◆トキソプラズマ症(感染経路:便の汚染物が口に入る)
妊娠したら猫は飼ったらダメ!」って言われます。(因みに家のママも妊娠したとき、ばーちゃんに言われました)
この病気のせいなんですよね...でも、ばーちゃん...この病気が感染する原因のほとんどが、猫ではなく生の豚肉からだって知ってた?

この病気は、猫の小腸に寄生するトキソプラズマという原虫が原因です。猫が便中にオーシストという感染のもとを排出し、それが動物の体内に入ると感染します。猫も人(動物)も感染したからといって特に症状はありません。妊婦さんが感染すると、流産や胎児に障害が出ることがあります(怖がらず下記をよくお読み下さい)。

オーシスト
土の中で長い間生存し、通常子猫が外を歩き始めた頃に初めて感染します。感染した猫は1〜2週間オーシストが含まれる便を排出しますが、体内に抗体が出来るので数日で出なくなります

猫も人間も知らない間に感染し、免疫をもっていることが多く再感染はしません。もうおわかりですよね!猫からの感染する確立が非常に低いことを!

猫から感染するには、猫が初めて感染し、オーシストを出す数日間の便が、人の口の中に入らなければ感染しないんです。

もし、仮にその便が人の体内に入ったとしても、既にその人に免疫があれば感染しません。

これから猫を飼う方、妊娠の可能性がある方は、血液検査(猫は獣医さんに、人は病院で)をすれば、感染する可能性の有無がわかります。
猫(免疫あり[陽性]) 猫(免疫なし[陰性])
人(免疫あり[陽性]) 感染の心配なし 感染の心配なし
人(免疫なし[陰性]) 感染の心配なし 感染の心配あり

これらの条件から、妊婦さんが感染する率は、妊婦さん100万人に対して、50人くらいと言う確率になるそうです。でも、ゼロではないですから、妊娠する可能性がある方は血液検査をおすすめします。

この病気の感染元で猫より怖いのは、
生の豚肉(生の豚肉を切った包丁・まな板で、洗わず生野菜を切って食べる。でも食肉検査済の肉であれば大丈夫)
庭の土いじりをして手を洗わす、食べ物をつかんで食べる
ハエやゴキブリに注意

共通する病気は色々ありますが、知っていれば怖いものは1つもありません。
猫と快適な暮らしをするための知識ですので、記憶のどこかにしまっておいてください...!




犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』



犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』


このページに出てくる情報等は、管理人が読んだ様々な書物やネットで調べた情報を参考に、
管理人の勝手な判断により、表記しています事を予めご了承ください。