Purchase of My 114 GTi

わが家の 114 GTi 購入記
振り返ってみれば我ながら見事な暴走でした


Motive

マンションに住む我が家では、当然のことながら屋根付き車庫がありません。114 SLi も実用車として購入した以上、青空駐車でした。ところが思っていたよりも塗装が弱く、クリア層が傷んでしまう事に気付いた私は 1年後、車体カバーを購入します。

しかし、これは妻に大変評判が悪かったのです。確かに普段 114 SLi に乗るのは彼女ですから、その面倒臭さはわかります。しかも、いつの間にか雨天使用禁止になってしまったのですから。

「 もう 1台、どうなってもいい車を探そうか? 」などと冗談を言いながら中古車情報誌を見ていて、格安の 114 GS を発見しました。「 この値段ならパーツ取りのつもりで買ってもいい 」と、現車を確認に行きましたが、あまりにも程度が悪く、敬遠してしまいました。

それからというもの、このサイトを製作するための取材も兼ねて ROVER 100 の中古車を見に行く事が多くなり、それがいつからか本気になってしまいました。特に狙ったのは 114 SLi を購入する以前から好感を持っていた 114 GTi です。しかし、かなり真剣に考えたのですが、程度と見積り金額が納得できずに諦めてしまいました。



Reunion

そんな時、何年か前に仕事で一度だけお会いした方と再会しました。その方は何と 114 GTi を所有していて、近い将来手放す予定との事。その場の勢いで何も考えずに予約してしまいました。

妻に「 しばらくは諦める 」と宣言をした直後の事でしたので、帰宅するなり「 ゴメン! 」と言いました。すると妻は「 やっぱり GTi を買っちゃった? 」と、何でもお見通しです。

すぐに駐車場を確保して楽しみに待っていましたが、当初の予定が近付いてもなかなか連絡が頂けません。お話を伺うと、その方も 114 GTi を存分に楽しんでいらっしゃる様子で、しばらくは無理そうでした。「 やはり縁が無かったのかなぁ 」と思うしかありません。



Unexpected Turn

ところが、普段お世話になっている掲示板で思いがけない事を教えていただきました。雑誌の個人売買欄で 114 GTi が売りに出ているというのです。しかもカラーリングはホワイト・ダイヤモンドらしいとの事。これは 114 GTi としてはイレギュラーで、日本に何台も無い筈です。とりあえず取材のつもりで連絡を取ってみました。

その 114 GTi はガスケットの交換が必要で動かす事ができない状態だったのですが、お話を伺いながら、こちらに運ぶ方法を考えている自分に気が付きました。ディーラーのメカニックに相談してみると意外な事に反対されず、それどころか、あらゆるアドバイスで力になっていただきました。

そして遂に現車を見て決断。自分で陸送してディーラーに持ち込み、修理を依頼することになりました。予想以上の修理費がかかりましたが、それでも納得できる内容です。



Consequence

話の途中から当初の目的を完全に忘れてしまい「 どうなってもいい車 」ではなくなってしまいました。しかし望んでみるものです。何度も諦めかけたのに、その度に新しい道が開けてここまで来る事ができました。

ちなみに今回、私の暴走について妻は少しも反対しませんでした。それどころか「 以前から MT 車に乗ってみたかった 」と喜んでくれました。ありがたい事です。

私の周囲には「 まだ他にも ROVER 100 を手に入れる気じゃないか 」と、からかう声もありますが、いくら何でもそこまでは。ただ、正規輸入されていない筈の 114 Cabriolet が日本に存在するという噂がありますので、その中古車を見つけてしまった時には自分の理性に自信が持てません。



SMALL FRY MORTORS < ROVER 100 < In My Case <
SMALL FRY MOTORS For questions or comments, please email dewey@d1.dion.ne.jp
Copyright 1999 - 2005 Dewey. All Rights Reserved.