2002

メンテナンスとトラブルの記録
2002年版


Outline

相変わらず苦労を感じさせない我が家の ROVER 100 ではありますが、それでも小さな問題は抱えています。ゆっくりと対処していくつもりだったのですが、お世話になってきた工場が突然の閉鎖。想像もしなかった展開に、2台の ROVER 100 を抱えて路頭に迷うかと不安になってしまいました。

悩んだ末、114 SLi を購入したディーラーでメカニックをされていた方に相談し、腕の良い工場を紹介していただく事ができました。このディーラーが閉鎖になってから既に 2年が経過していますが、今でも親切なアドバイスをいただけた事にとても感謝しています。



114 SLi

114 SLi が我が家へやって来てから 7年目の記録です。



2002.01.14 .............................. 28,238km

CVT オイル( PL-500 を1% 添加 )を交換しました。

12ヶ月点検も兼ねたチェックで問題点をいくつか発見していただきました。じっくりと対処していこうと思います。


2002.02.21 .............................. 28,670km

交差点で停止中にいきなり排気音が大きくなりました。どうやらマフラーに穴が開いたようです。


2002.03.05 .............................. 29,173km

冗談では済まないレベルにまで排気音が大きくなってきたのでマフラーの穴を塞ごうと補修用のアルミテープを巻いてみましたが、排気圧に負けて破れてしまいました。そこで再びアルミテープを巻き、その上に針金で金属片を固定する事で何とか納まりました。本格的な修理まではこの状態で持たせたいと思います。


2002.03.25 .............................. 29,587km

照明がおかしくなったヘッドユニットをチェックの為に取り外し、いつの頃からか作動不能になっていた CD チェンジャーも同時に取り外しました。


2002.05.26 .............................. 30,458km

エンジンオイル( PL-500 を 1% 添加 )を交換しました。


2002.06.16

5年以上使用してきた車体カバーを新調しました。


2002.06.17 .............................. 30,726km

燃料タンクに水抜き剤を入れました。

その後、走行中に排気音が一段と大きくなりました。前回とは違う場所から排気漏れがあり、再び穴を塞ごうとしたのですが、手で触るだけでマフラーがボロボロと崩れてしまいます。お世話になっていた整備工場の閉鎖もあり、対策をせずに 4ヶ月も経過してしまいましたが、もう限界のようです。


2002.06.21 .............................. 30,792km

マフラーを交換しました。新しく紹介していただいた工場に対する最初の依頼となりましたが、とても早いペースで修理が完了して驚きました。

「 純正マフラーの値段は高すぎる 」との噂を知ってはいましたが、何も考えずに純正を使用して噂を立証し、工場の方にも驚かれてしまいました。


2002.09

114 GTi で試したリザーブタンク内だけのクーラント交換が簡単だったので、これを繰り返して全量交換をする事にしました。エア抜きが必要無い事から、私のレベルでは結果的に作業時間を節約できそうです。また、この方法を定期的に実行すれば 1年毎に全量交換するよりもクーラントを良い状態に保てると思います。

 2002.09.04 ..... 31,856km
 2002.09.05 ..... 31,929km
 2002.09.12 ..... 32,043km
 2002.09.18 ..... 32,195km

1度の作業では 700cc 程度が交換できるのだけなので、まだ全量交換には至っていません。抜き取ったクーラントは変色しかけていましたが沈殿物はほとんどありませんでした。これまでしっかりと管理してきたおかげでしょうか。


2002.10

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。

 2002.10.02 ..... 32,390km
 2002.10.27 ..... 32,569km

114 SLi のクーラント交換はとりあえず完了としますが、これからも毎月の交換で状態を維持していこうと思います。


2002.10.27 .............................. 32,569km

エンジンオイル( PL-500 を 3% 添加 )、オイルフィルター( 社外品 )を交換しました。


2002.12.01 .............................. 33,642km

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。


2002.12.15 .............................. 33,880km

車検に備えてフロントタイヤを交換しました。

納車時から 7年間も使ってきたタイヤですからヒビが入ってきていました。交換したのはこれまでと同じ純正タイヤの GOOD YEAR 製 GT 65 です。これはお世話になったディーラーが閉鎖になる際、余っていたタイヤとホイールのセットをいただいてきていた物です。これも新しいタイヤではないのですが、現状より悪くなる事はないでしょう。作業時間が無かった為にフロントだけの交換になってしまいました。リヤの交換はまたの機会にします。


2002.12.16 .............................. 33,913km

3回目の車検です。

工場のスケジュールに合わせられなかったので、点検もしないままユーザー車検を通しました。事前検査も受けていません。このままでは不安が残るので後日にしっかりと点検を受けるつもりです。


2002.12.31 .............................. 34,089km

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。


114 GTi

114 GTi が我が家へやって来てから 3年目、初年度登録から 9年目の記録です。



2002.01.27 .............................. 47,907km

エンジンオイル( PL-500 を 3% 添加 )を交換しました。


2002.02.02

エンジンオイルを交換した際、ミッション周りからオイルが滲んでいるように見えたので点検していただきました。やはり修理が必要という診断で、そのまま入院となりました。


2002.04.27 .............................. 47,917km

「 オイル漏れの為にどうせミッションをバラすならば 」と手をかけていた修理がようやく完了しました。

デフサイドシールとクラッチのカバー、プレート、ベアリング、ワイヤーを交換。

他にもディストリビューターのキャップとアーム、エアフィルター、プラグとプラグコードを定期消耗パーツとして交換。

また、車高調整の際に液漏れを起こしていた右側のバルブも交換しました。

工場の都合もあって修理が遅れ、車検が切れてしまいました。仮ナンバーを持参して引き取りにうかがった際、工場を閉鎖する予定だと聞かされました。どうやら前途多難のようです。


2002.04.30 .............................. 47,937km

早いもので 114 GTi の復活から既に 2年が経過し、車検を受けました。

午前中の仕事を休みにして、職場近くの車検場でユーザー車検です。今回は事前検査を受けなかったのですが、そのままクリアする事ができました。


2002.06.16 .............................. 48,448km

燃料タンクに水抜き剤を入れました。

これまで 114 SLi に使用してきた古い車体カバーを 114 GTi に使用することにしました。雨天使用禁止にするつもりはありませんが、せめて未使用時には紫外線や鳥害から守ってやりたいと思います。


2002.08.17 - 08.18 .............................. 48,600km

エンジンオイル( PL-500 を 3% 添加 )、オイルフィルター( 社外品 )を交換しました。

ラジエータークーラントを自分で交換しました。初体験です。何とか無事に済みましたが、これまで以上に水温計を監視する必要がありそうです。補充用クーラントは手放せません。


2002.08.30 .............................. 48,720km

何度かの走行会参加でフロントタイヤがボロボロになっていたので、あまり減っていないリヤタイヤとローテーションしました。新品に交換したいところですが、どうもリヤタイヤはそれほど働いていないようなので大丈夫でしょう。

クーラントの量を確認した際、まだ交換したばかりなのに汚れが浮いているのを見つけました。交換時にしっかりと洗浄すべきだったのでしょう。しかしクーラント交換を繰り返すのは私にとって大仕事です。そこでとりあえずリザーブタンク内のクーラントだけを交換しました。

抜き取ったクーラントを放置しておくと汚れが沈澱するのがわかります。この汚れが無くなるまで、何度か同じ作業を続けようと思います。

インジェクターから出ているゴムホースの 1本がボロボロになっているのを発見し、応急処置として適当なホースと交換しました。その後すぐの始動からアイドリングが安定しなくなったのですが、ステッパーモーターをリセットする事で解決しました。2001.12.13 にアイドリングしなくなった原因はこのホースに問題が出たからだったのかも知れません。


2002.09

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。

 2002.09.02 ..... 49,302km
 2002.09.14 ..... 49,328km
 2002.09.19 ..... 49,373km
 2002.09.25 ..... 49,415km

リザーブタンク内のクーラントだけをこれだけ短いサイクルで交換して効果があるか疑問もあったのですが、抜き取ったクーラントからはいつも沈殿物が出ているので意味はあるのでしょう。それだけにクーラントの状態は良いとは言えないようです。


2002.10

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。

 2002.10.04 ..... 49,456km
 2002.10.15 ..... 49,498km
 2002.10.25 ..... 49,592km

抜き取ったクーラントからはまだ沈殿物が出てきますが、その量は確実に減ってきています。それを励みに作業を続けようと思います。


2002.11

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。

 2002.11.20 ..... 49,727km
 2002.11.29 ..... 49,867km

抜き取ったクーラントからの沈殿物はほとんど出なくなり、少しは安心できる状態になりました。緊急処置としてのクーラント交換は完了とし、これからは毎月の交換で状態を維持していこうと思います。


2002.12.31 .............................. 50,053km

リザーブタンク内のクーラントを交換しました。


SMALL FRY MORTORS < ROVER 100 < Maintenance < 2001 < > 2003
SMALL FRY MOTORS For questions or comments, please email dewey@d1.dion.ne.jp
Copyright 1999 - 2005 Dewey. All Rights Reserved.