1995 - 1998

メンテナンスとトラブルの記録
1995 - 1998年版


Outline

実用車として購入した訳ですし、大きなトラブルも無かったので定期点検以外の特別な事はしていませんが、予想以上に問題の少ない 3年間でした。しかし、それが裏で支えてくださっていたメカニックのおかげだと気が付いたのは随分と後になってからでした。整備手帳を見てみると知らない間にかなり手をかけてもらっていた様子です。

114 SLi の購入時、キャンペーンで 3 年間のケアフリーが付いてきたのがその理由です。しかもその後に実施されたケアフリーとは違って、定期点検の費用さえも一部の消耗品以外は不要という大サービスの物でした。

私に自覚ができるまでの 3 年間、しっかりとした整備をしてもらっていた事は本当にありがたいと思っています。



114 SLi

114 SLi が我が家へやって来てから 3年目までの記録です。



1995.12.20 .............................. 17km

納車です。

窓ガラスのゴムモールがめくれているのを発見し、いきなり入庫スケジュールの相談になりました。


1996.01.29 - 01.31

納車時に発見したゴムモールのめくれを修正しました。作業はすぐ済むのだそうですが、接着剤が乾くのに時間がかかるという事でした。

代車は ホンダ レジェンド でしたが、思い出してみると代車が用意されたのはこの時が最初で最後でした。


1996.03.24 .............................. 1,455km

エンジンオイルを交換しました。


1996.05.31

停車中に当て逃げされてしまい、右ドアミラーが割れてしまいました。


1996.06.01 .............................. 2,564km

初回点検です。国産車と違い 6ヶ月目で点検という事でした。

エンジンオイル、オイルフィルターを交換。


1996.06.10

割れてしまった右ドアミラーを交換しました。ショックは小さく、鏡面部分だけの損害だったのですが、当然ながら ASSY 交換になってしまいました。


1996.12.04 .............................. 5,181km

12ヶ月点検です。

エンジンオイル、オイルフィルターの交換に加えて早速の車高調整をしました。

ヘッドライト周りのゴムモールを修正しました。これまで何度修正してもめくれてしまったのですが、これ以後は問題になっていません。


1996.12.08 .............................. 5,189km

ディーラーで取り扱っている EPLPL-500 というオイル添加剤を使用する事にしました。取り扱いがかなりデリケートな物らしいのですが、少しでも効果があればと思って決心しました。エンジンに 5% 添加。


1997.02.14

車体カバーを購入。これ以後、114 SLi は基本的に雨天使用禁止になりました。


1997.06 .............................. 7,574km

エンジンオイルの交換。以前からガラスの内側に水が入っていた左ヘッドライトが交換になりました。

自宅に戻ってから PL-500 を 3% 添加。


1997.07.10 .............................. 7,872km

左のドアミラー調整レバーを交換しました。このレバーが外れてしまう事は珍しくありません。はめ直せば済む事なのですが、今回は割れてしまったので交換するしかありませんでした。


1997.12.12 .............................. 9,037km

12ヶ月点検です。

エンジンオイル、オイルフィルターの交換に加えてCVT オイル、エアクリーナー、プラグ、ブレーキオイル、ワイパーを交換しました。

自宅に戻ってから PL-500 を 3% 添加。


1998.06.06 .............................. 10,517km

エンジンオイルを交換し、 PL-500 を 3% 添加。


1998.11.13 .............................. 11,887km

車高調整です。


1998.11.29 - 12.01 .............................. 12,026km

24ヶ月点検です。

エンジンオイル、オイルフィルター、CVT オイル、ベルト類を交換し、エンジンには例によって PL-500 を 3% 添加しました。ラジエーターキャップも交換です。

タイヤローテーション時のチェックでパンクが発見されました。まだエアが抜けていなかったそうですが。パンク修理をしたものの、念のためにスペアタイヤと交換しました。

車検そのものはユーザー車検を選択し、その為の点検整備はディーラーに依頼するという嫌がられそうな依頼だったのですが、快く引き受けてくださいました。それどころかユーザー車検の心得まで教えていただきました。


1998.12.02

初めての車検です。

予備検査では「左右のブレーキバランスが問題になるかも知れない」という警告をされましたが、本番では何の問題も無くパスする事ができました。


1998.12.25 .............................. 12,251km

道端に駐車しようとして側溝に脱輪しかけるという騒ぎがありました。

私は現場を見ていないので詳しくはわからないのですが、妻が JAF を呼んだところ、完全には脱輪していなかったおかげで自力での脱出ができたそうです。

用事を済ませて夜遅くに帰宅する途中、通りがかったディーラーがまだ開いていたので飛び込んでチェックしてもらいました。たまたま仕事納めで遅くなったものの、もう閉店するところだったそうです。

簡単なチェックでしたが、何処にも傷が無く問題ないとの診断に安心しました。


SMALL FRY MORTORS < ROVER 100 < Maintenance < > 1999
SMALL FRY MOTORS For questions or comments, please email dewey@d1.dion.ne.jp
Copyright 1999 - 2005 Dewey. All Rights Reserved.