Characteristics

車体の特徴について
各グレードの違いについても触れようと思います


Exterior

車体のデザインは 2 種類あります。前期モデルの G 系( GS、GTi、GSi )と、後期モデルの S 系( SLi、Si )があり、フロント周りや前後バンパーが細かく変更されています。GTi のみ 3 ドアです。

建て付けはあまりいい方ではなくて、半ドアと勘違いされて注意される事が多いです。S 系はカタログの写真でさえグリルが歪んでいるぐらいですから。

雑誌等ではマイナーチェンジされた S 系の評価が高いですが、一般的にはイギリス車らしい雰囲気を持った G 系の方が 人気があると思います。



Interior

ROVER 車で語られる内装の良さは 100 シリーズでも例外ではありません。エントリークラスの車なので豪華とは言えませんが、質素な中にも端正な上品さがあります。

基本色はグレーですが、GS の中にはベージュやブラック、ブルーの車体も存在します。

GS、GSi、SLi ではダッシュボードと 4枚のドアに対して面積は少ないながらも本物のウォールナットパネルが使用されていて、これらが優雅な雰囲気を出すのに役立っています。Si ではウォールナットパネルの面積が減ってダッシュボードのみになり、GTi では全く使用されていませんが、大衆車として親しまれてきた 100 シリーズ本来の姿を楽しむならば、こちらの方がお薦めかも知れません。

パワーステアリングはありません。やせ我慢しながら平気そうな顔をして運転します。

ヘッドライト等の操作方法が G 系と S 系では違います。G 系の操作には少々クセがあり、外車である事を意識させます。S 系は国産車に準じているので馴染みやすいです。

G 系と S 系ではホーンの音が違います。G 系は割と一般的な音なのに対し、S 系はやわらかい雰囲気を持った上品な音で、合図として鳴らすには最適です。

Si 以外は前席のみパワーウィンド装備です。後席はマニュアルですが、車内が狭いので簡単に手が届きます。

SLi には運転席にエアバッグが装備されています。事故時の効果は疑問ですが、自動車保険のエアバッグ割引には確実に効果があります。

ディーラーの人でも知らなかったりしましたが、意外にも 5人乗りです。ただ、後席に大人 3人は無謀でしょう。



Seat

GTi、Si 以外はレザーシートが採用され、ROVER 100 の『 売り 』のひとつになっています。それは ROVER 800 のシートがベースになっているというカタログの説明も納得できる程に良く出来ています。さらに、GS にはまるでソファみたいに立派なシートが装備されている車体もあります。

GTi のシートはバケットタイブでサイド部分のみがレザーです。

Si のシートはクロスですが、もともとイギリス本国仕様ではこちらの方が一般的です。



Engine

1,396cc 直列 4 気筒の ROVER 製 K シリーズエンジンを搭載しています。ハイオク仕様です。GTi と1997年モデルの S 系のみ、マルチポイントインジェクションが与えられ、更に GTi は DOHC となります。

良く回るエンジンという評価ですが CVT と組み合わせてしまうとその恩恵は感じられません。CVT 車は市街地の走行では速度に関係なく 2,000rpm を維持します。電気自動車の様な感覚ですが、凄まじい発熱と停止時の振動がガソリン車であることを主張しています。

この K シリーズエンジンはチューンを施され、MGF を始め LOTUS ELISE や CATERHAM SUPER SEVEN にも搭載されています。関係は無いのですが何となく誇らしく感じます。



Transmission

GS、GTi はどちらも 5MT ですが、それぞれギヤ比が違います。

他のグレードに装備されている CVT は変速ショックが無くて燃費が良いという理由で採用されているのですが、少々問題があります。それは、D レンジのままで停止している時の振動と、故障した時の半端では無い修理費です。CVT 車のオーナーは、その故障を最も恐れているのではないでしょうか?



Suspension

気体と液体を利用し、コイルスプリングを使わないハイドラガスが採用されています。気体には窒素ガス、液体には水とアルコールそして防錆剤が使われ、前後のサスペンションユニットを連結して姿勢制御をします。GTi にはダンパーも装備されます。

放っておくと車高が下がってしまい、下回りを傷める事になります。定期的な車高調整が欠かせません。



Tire

標準のタイヤサイズは 5ドア車が 155/65 R13 で、GTi が185/55 R13 です。

ホイールキャップは 3種類あります。GS と GSi は同じデザインで、SLi と Si はそれぞれ専用のデザインになっています。中央のエンブレム部分がカラーの物と、そうでない物があります。

GTi のみアロイホイールが標準装備です。『 世界で唯一のタイヤサイズ 』という話を聞いた事がありますが、真偽はどうであれ、このサイズのタイヤは現在生産されていないらしいです。



SMALL FRY MORTORS < ROVER 100 <
SMALL FRY MOTORS For questions or comments, please email dewey@d1.dion.ne.jp
Copyright 1999 - 2005 Dewey. All Rights Reserved.