息の流速の効率化 
〜Stork(ストーク)からのメール〜

ビーフラット・ミュージック・ショールームでは、
単に商品
(マウスピース)を仕入・販売しているだけではなく、
日頃からプレイヤーにより良いマウスピースを提供できるよう、
各メーカーと意見・情報の交換をたえずおこなっております。
その一例として
ジョン&フィリス・ストークさんからのメールその訳文
をご紹介いたします。

**CシリーズPlusホルン・マウスピースについて**

Stork からの200261日付メールとその訳文】

Dear Sir,

Thank you so much for following up on the "C" Series pieces. We firmly believe that the flexibility that this line will offer to hornists will prove to be invaluable.

    I think that the best way for me to proceed is to provide you with a better overview of the basic physics of mouthpiece design. This breaks down into: overall volume of the mouthpiece and its effect on the ability of a given player to produce velocity of air. An example of this would be illustrated in the volume of a C1 (for instance) versus that of a C15. If you are not completely familiar with the specifications of these pieces, I can tell you that the C15 has a shallow cup and a small bore, the C1 has a deep cup and a large bore. Hence, the overall volume of the C1 is much greater than that of the C15.

    The significance of this is that the C1 will require a greater input of air to reach maximum velocity than the C15 will. The basic thing to keep in mind here is that everyone has a different capacity in terms of their air. This is not only a function of the size of their lungs. Other factors exist, such as the size of the oral cavity, the thickness of the lips, and their technique patterns in terms of how they have created habits regarding the way they regulate the flow of the air with the tongue and/or the throat. These habits also relate to the formation of the embouchure of a given player. (For example a more open embouchure will result in the need to restrict the air more with the tongue and throat than a more tightly closed embouchure will).

    With all this in mind, it becomes apparent that each individual will have a different equation, as it were, for what their "personal best" will be in terms of mouthpiece volume. I want to try to keep this as simple as possible, so let me give some examples in terms of application. The most important aspect in criteria that it is essential to meet in terms of "fitting" a mouthpiece to a given player is to match the lip size. Players with larger lips will generally want to play on a larger diameter in order to allow their lips the greatest degree of exposure in terms lip surface inside the rim. Thick lips require greater room in order to allow them to vibrate freely inside the cup.

   Here I will pause and ask for your indulgence as I do my best to keep these explanations simple. I hope not to bore you with things you may already know. I must say, however, that I believe that our individual understanding of the function of the mouthpiece and how to apply it's specifications to an individual is truly what sets us apart from all others. I also believe that if I can get you to share this vision, the approach needed in marketing these pieces will be strikingly clear and totally compelling.

     So, we have the case of a  thick lipped player who needs a large inner diameter to allow more surface area to be exposed so that the lips have a greater chance to vibrate freely. In this category alone, there are four major subdivisions. (sorry...please believe that this is still the short version!). These are: A- players with open embouchures, and B- players with a small air capacity, and their counterparts: C- players with compressed embouchures and D- players who have a large air capacity.

    Those players in category A & B while needing a larger inner diameter ( such as the "C" Series A or B inner diameter ) will absolutely not require the large amount of internal volume that would come with a large bore or a deep cup. in fact, if they were to try to play these mouthpieces their playing would seriously degenerate over time. If you are interested in the explanation for this, I will be happy to supply it to you at a later time. Suffice it to say for now, that going to either a deep cup or a large bore in these cases would contribute to the deficiencies already inherent in these players set up further undermining their playing ability. Enter the possibilities of the "C" Series Plus line. Say for instance that the players in category "A" and "B" have been playing on a C8 for many years. We move them to a CB inner diameter to provide them with the room their large lips need to vibrate.  ***Here's the payoff!!!*** When we go to the larger inner diameter, we instantly add a great deal more to the overall volume of the cup. This will have the effect of slowing down the air. So while we have solved the problem of finding the proper inner diameter, we have worsened the problem of resistance and flow. So we need to compensate. I would say that across the board the best equivalent of a C8 in the CB size would be a CM12!!!. Yes, it would actually take that much of an adjustment to keep all the balances the same. Of course, when using these pieces as part of a diagnostic procedure, as in the case of players A and B, it would probably require going to something like a CBS12 or 15 in order to further reduce the amount of internal volume in the mouthpiece which will, over time, undo many playing flaws that using a mouthpiece with too little resistance will result in.

   To make this even simpler, here are some easy examples. Take the player who is very successful playing on a C4 in the orchestra. However, he is having difficulty playing high horn parts in Bach suites, Since the C inner diameter works well for him, he keeps that constant. What he needs to do is cut down on the internal volume so that there is less air to move, thus making it easier to reach a greater velocity. In the past he could try a C12. This may have felt way too tight for him, since he is used to moving large amounts of air. He could try going to a smaller bore alone, but this would probably feel just as uncomfortable and not really help enough .But now, he can go to the medium shallow cup (the CM) thereby gaining a good "bump" in terms of reducing internal volume, but use a C8 bore to free up the blow. OR...perhaps he really needed the shallowness of the cup on the CS, but this left him with a sound that he felt was inappropriate for the orchestra. Again, here's where the flexibility of the "C" Series plus line really saves the day. We drop the player back to the CM cup ( the medium shallow one) and compensate - trying to maintain as much of the same overall volume as the CS had by going to a CM15 or even an 18. Again, this is where "doing the math" really comes into play in trying to assess the equivalencies between the amount of volume in cup, versus bore, versus inner diameter.

     This balanced equation approach also helps in manipulating those elements of the mouthpiece that will truly contribute to what a player is trying to accomplish artistically. If a player wants greater depth of sound the best way to accomplish this is to go to a deeper cup. However, if the player cannot sustain the extra volume of the deeper cup he can try to compensate by going to the smaller bore size, or even a larger inner diameter if his lip size will support this type of shift.

    The main gains to be made here are to allow the hornist the same flexibility in choosing the appropriate inner diameter size for the type of lips that they have  (just like trumpet players have been able to do) while controlling the other aspects of the mouthpiece  that govern internal volume. In addition these pieces will allow horn players to take advantage of shallower cups without totally compromising quality of sound and the feel of resistance. This last becomes more of an issue as the demands on the horn player become more extreme.

    As for recommending particular models, this will depend a good deal on the market being served. Students will have different needs than professionals. If you can provide information on what players will be moving from (ie., other manufacturers models) we could provide more useful information to you.

    I'm very sorry to have gone on for so long. I haven't even answered the C12 question! The answer is that even though there is only .1mm difference in bore size between the two, the difference in the drills used is .004" which is the normal average difference among different between drill sizes. This is more than enough to have a significant impact on the response.  It should also be remembered that in the past the #12 drill was tied to the medium shallow cup. Now each aspect can be manipulated on its own merits.

   I have already made arrangements to begin work on a new book this summer. My good friend and pedagogical editor for the ITG Journal, Jean Libs, has agreed to work on this project with me. We already have many offers for a publisher and hope to have this on the market by the winter. This will be a much larger work than anything done up to now. Any questions that you may have left after my explanations should be cleared up in the book.

    We are also in the process of updating the web site. This should be completed by mid summer. If you have any suggestions, please let us know.

    Finally, if you have any additional questions regarding the "C" Series Plus line, please ask and continue to ask. There is a lot to the working of these pieces and knowing how to apply them to their best advantage. It would be great if everyone had more knowledge. For good or bad, right now it will probably go on as it has always gone on. Just giving players more options to play with is irresistible. But, we have hopes to put the knowledge into players hands soon.  

    With our most sincere thanks for all your continued efforts and support, we are,

 Yours truly,

John & Phyllis Stork

拝啓

C
シリーズ マウスピースに興味を示していただき、ありがとうございます。このシリーズがホルン プレーヤーに提供する柔軟性は、将来きわめて高い評価を得られるであろうと弊社では確信しています。

このシリーズを説明するに当たっては、マウスピース デザインの基本的な「物理学」について、もう少し詳しい説明をするのがベストだろうと思います。デザインの基本は、「マウスピースの総容量」と「息の流速を高める能力に対してマウスピース総容量が与える影響」に分けて考えることができます。たとえば、C1の容量と C15の容量を例としてご説明しましょう。これらのモデルのスペックをあまりよくご存知でないかもしれませんので申し上げておきますと、C15はカップが浅くてボアが小さく、C1はカップが深くてボアが大きいモデルです。したがって、C1の総容量は C15よりもずっと大きくなっております。

この結果、C1で息の流速を最大にするには、C15の場合よりも多くの息が必要になります。ここで考慮すべきことは、息の量はプレーヤーによって様々だということです。これは肺活量の問題だけではありません。口腔の大きさ、唇の厚さ、舌や喉で気流を制御する方法――プレーヤーの習癖によって様々なパターンがあります――なども関わってきます。また、プレーヤーの習癖という点では、アンブシュアの作り方という問題もあります。(たとえば、開口部の大きいアンブシュアだと、開口部の狭い場合に比べて舌や喉で息を制御する必要が生じます。)

こういったことをすべて考慮すると、プレーヤーにとってベストなマウスピース容量という点では、各個人によって異なる「方程式」が必要になることがわかります。できるだけ簡潔に説明をしたいと思いますので、こういうことが「現場」でどのように影響してくるかを例に挙げましょう。プレーヤーに最適なマウスピースを探す過程では様々な条件を考慮しますが、その中でも最も重要なのは唇の厚さです。唇の厚いプレーヤーは、一般に内径の大きいマウスピースを好みます。これは、リムの内側に入る唇の面積を最大にしたいからです。厚い唇をカップ内で自由に振動させるには、十分な余裕が必要なのです。

長い文章になってしまって申し訳ありませんが、しかしできるだけ簡潔に説明を続けます。既にご存知のことばかりで退屈なさっているのではと心配です。しかし、弊社の最大の特徴は、マウスピースの機能に対する理解と、マウスピースを個々のプレーヤーにフィットさせる手法とにあると私たちは信じています。もし私たちの考え方を理解していただければ、このシリーズの売り方もはっきり見えてくると思いますし、説得力のある売り方もできると思うのです。

説明に戻ると、唇の厚いプレーヤーは、唇を自由に振動させるために、唇をより多くリムの内側に入れるべく、大きな内径を必要とします。この側面を考えるだけでも、プレーヤーを 4つに分類できます。(すみません。でも、これでも簡潔に説明している方なのです!)4つの分類とは、A. アンブシュアの開口部の大きいプレーヤー、B. 息の量の少ないプレーヤー、それに A B の逆 C. アンブシュアの開口部の小さいプレーヤーと D. 息の量の多いプレーヤーです。

A
B に分類されるプレーヤーは、内径は大きいものを必要としますが(C シリーズで言えば内径 A または B)、大きいボアや深いカップに伴う容量の大きさは絶対に必要としていません。仮にそのようなマウスピースを使ったとすれば、演奏能力は時とともに顕著に低下するでしょう。なぜそうなるのかに興味をお持ちでしたら、後日また喜んでご説明します。今回は、「深いカップや大きいボアを使うと、これらのプレーヤーのセットアップに内在する欠陥が増幅され、演奏能力が低下するのだ」ということで済ますことにしましょう。さて、ここで C シリーズ Plus の可能性を検討します。仮定の話として、A B に分類されるプレーヤーが長年 C8モデルを使っていたものとしましょう。唇が自由に振動できるように、内径は余裕のある CB に変更するものとします。(ここからが C シリーズ Plus による利点の説明です!)内径を大きくすると、カップ全体の容量は大幅に増加します。その結果、息の流速が低下してしまいます。したがって、内径の問題は解決できたのに、抵抗や流速の問題は悪化したことになります。どこかで埋め合わせをしなければなりません。私の意見では、CB の内径で C8モデルに匹敵するのは CM12です。そう、バランスを崩さないようにするには、それくらい思いきった対処が必要なのです。もちろん、A B に分類されるプレーヤーが問題を抱えていて、それをマウスピースで解決しようという場合には、おそらく CBS12 15くらいにしてマウスピース内の容量をさらに削減する必要があるでしょう。そうすれば、抵抗の少なすぎるマウスピースを使っていたことによる演奏上の問題の多くが解決されるはずです。

さらにわかりやすくするために、もっと簡単な例を挙げましょう。オーケストラで C4を吹いて成功しているプレーヤーがいるとしましょう。しかし、バッハの上吹きのパートを吹くのに困難を覚えているとします。C シリーズの内径には問題がないので、これはいじりません。このプレーヤーにとって必要なのは、マウスピース内の容量を減らして必要な息の量を削減し、流速を高められるようにすることです。これまでなら、C12を試してみることができました。しかし、このプレーヤーは大量の息を使うことになれているので、C12だとタイトすぎると感じたかもしれません。ボアだけを小さくすることもできますが、これも同じくらい吹きにくいでしょうし、大した違いは出ないはずです。しかし、C シリーズ Plus なら、中浅のカップ(CM)にしてマウスピース内の容量
を大きく減らすと同時に、ボアを C8にしてオープンな吹奏感を得ることができます。あるいは、本当は CS のような浅いカップが必要だけれども、オーケストラにふさわしいサウンドが得られなかった場合を考えます。この場合も、C シリーズ Plus の柔軟性が大きく役に立ちます。カップは中浅の CM にして、ほかの要素で埋め合わせをするのです。CM カップでボア サイズを 15か、場合によっては 18にして、CS と同じ容量に近づければいいのです。ここでも、カップ内の容量とボア サイズと内径との間の関係を考えることが肝要になってきます。

以上のようにバランスを勘案したアプローチを取ると、マウスピースを構成する各要素のうち、プレーヤーの音楽的な目的に真に貢献する要素をうまく調整することができます。プレーヤーが深みのあるサウンドを望むなら、より深いカップを使うことがベストの解決策です。しかし、深いカップに伴う容量の大きさに対処できないのであれば、ボア サイズを小さくして埋め合わせをしたり、唇の厚さが適切であれば内径を大きくしたりすることもできます。

ホルン プレーヤーにとって C シリーズ Plus の最大の利点は、唇のタイプに最適な内径を選べる(トランペット マウスピースでは昔からできたことですが)と同時に、マウスピース内の容量に関係するその他の要素も制御できるということです。加えて、浅いカップの長所を活用できると同時に、音質や吹奏時の抵抗感も相当に維持できます。ホルン プレーヤーに対する要求が厳しくなればなるほど、最後の点は重要になってきます。

推奨できるモデルがないかというお問い合わせについては、どのような市場が対象なのかによって異なります。たとえば、学生のニーズとプロのニーズは同じではありません。対象とするプレーヤーが現在どのようなマウスピースを使っているか(メーカー、モデルなど)をお知らせいただければ、もっと役に立つ情報をお届けできると思います。

長々と続けて申し訳ありません。まだ、C12についてのご質問にもお答えしていませんね! 回答は以下のとおりです。10番と 12番のボア サイズは 0.1mmしか差がないのですが、それぞれの製作に使用するドリル サイズの差は0.004インチであり、これはドリル サイズの差としては通常の平均的な値です。この程度の差でも、応答性に顕著な影響を与えるには十分すぎるほどなのです。もう一つご記憶願いたいことは、過去には 12番ボアは中浅のカップとの組み合わせしかなかったということです。C シリーズ Plusでは、マウスピースの各要素を別個に指定できるようになりました。

私は既に、この夏に新しい本を書き始めるための準備を整えました。私の親友で、「ITG Journal」誌で啓蒙的な記事を担当している編集者の Jean Libs が、この本の執筆に協力してくれることになりました。既にいくつかの出版社から引き合いが来ており、冬までには出版したいと思っています。これは、今までに出したどの本よりも大規模なものになります。この本を読んでいただければ、私の説明で納得いただけなかったことも理解していただけるでしょう。

弊社では、web サイトの更新作業もしています。夏の半ばまでには完成するでしょう。何かご提案があればお知らせください。

最後に、もし C シリーズ Plus についてほかにご質問があれば、どうぞ引き続きお問い合わせください。このマウスピース シリーズの仕組みとその活用法は奥が深いのです。もっと知識を広めることができれば素晴らしいことだろうと思います。ただ、現時点では、良くも悪くも今までと同じ方法で続けていかなければならないでしょう。今までより多くの選択肢をプレーヤーに提供できるだけでもわくわくしますが、しかしいずれはプレーヤーに知識を提供できるようになりたいと考えています。

変わらぬご尽力とご協力に心から感謝しながら、筆を置くこととします。

敬具

John & Phyllis Stork


**トランペット・マウスピースについて**

Stork からの2002619日付けメールとその訳文】
    Dear Sir,

       Thank you for your very thoughtful letter. Please feel free to use the information I had sent in any way that will benefit your marketing.

       As for the trumpet pieces, I will say, unqualifiedly, that having an entire population play on mouthpieces that have a standard bore and backbore, is simply not even logical. There is no way that everyone's needs will be best suited in such  narrow specification parameters.

       I would say that perhaps the "fatal flaw" in your method of approach lies in the fact that most players are usually playing equipment that is already too big for them!!! Hence, if they simply try to go bigger, nothing but trouble will follow. The trumpet pieces work in the same way as the concept for the french horns. Since the ability to excite velocity in a given overall volume is the key, the critical issue becomes where to put the volume to get the best and most desired effect.

       Given this premise, players generally only have two areas available to them in which to control the overall volume of a mouthpiece. This would be the inner diameter and the volume in the cup depth.  Hence, these two factors provide our initial point of attack. The most critical is the inner diameter. In general terms, there are roughly 3 categories of players. Those with thin lips, average lips and fleshy lips. (The new book should have pages of lip types and with their categorizations. This will take many steps past the Farkas book in terms of analysis and information). Again, generally speaking, players with average lips should be playing on the equivalent of a Bach #3 rim (our #3 or #4 ). Those with thinner lips something smaller and those with fleshy lips something larger. Players who do not follow these rules are, 98% of the time, making physical compensations that are counter productive to superior playing. And that's the big selling point!!!

        The power in this statement comes in being able to actually move a given player off a mouthpiece that is improperly sized for them, and placing them on something that will allow them to move in a direction that promotes a more constructive playing technique and thereby greater efficiency in their playing and performance.

       Case in point: A player with average lips is playing on something the size of a Bach 1 1/4C. Too big! But, if they were to try to go to, say my 2C or 3C, they will be put off because they will hear that the sound is not as full. This is to confuse the important issues! They need to move to something smaller. But, our job is to see that they maintain the largest, most resonant sound. This can be done by compensating with where we put the volume. So, they don't go to a 2C, or 3C. They go to a 2C 26C, or a 3C 26D (Please note the instant added compensation on the #3 ID with the larger backbore size!) Other options would also be a 2D 26C or D, or a 3D 25C or 25D, etc. Whatever provides them with the maximum resonance and efficiency.

       I will tell you that, unfortunately, when players have been playing on improper equipment for a significant amount of time, as I've already said, they will make compensations that are counter productive to efficient playing. This will appear in terms of trying to supply the resistance in their physical technique, that has not been properly built into their equipment set up. In other words, they will do things to exert control over the oral cavity, in their attempt to restrict the flow of air. This may involve, closing down the jaw, raising the tongue level and/or closing down the throat. It is a fact that playing on a mouthpiece whose overall volume is too great for a given player will force a player to do one or more of the above. Players who think they can practice to learn to open their throat when they play are laboring under a delusion! All the things that I have mentioned happen as an involuntary reflex in cases where the internal specifications of the mouthpiece are askew for a given player's needs. This player is doing absolutely what needs to be done to try to control the flow of air. But these are all bad habits.

       Moving a player to more appropriate equipment, especially when proper concepts of technique are re-enforced at the same time will cause all of these practices to reverse themselves and result in a much more efficient playing technique.

       I feel compelled to mention at this time, (and in all modesty) that our degree of success in being able to diagnose and "fit" players is extraordinary. We have spent the last two springs in
England, and last year in Belgium as well, doing just this. Of course, this is also a large part of what we do in our own country as well. Perhaps it might be time for us to do the same in Japan?

       I will look through some of my notes taken from frequently asked questions that I have kept from our email files and try to fax some additional information on related issues to you over the next few days. Please feel free to use this information as you see fit. We ask only that we receive proper credit for whatever information you use, as we feel confident you will graciously comply.

       Please get back to me with any questions regarding what I have said. These mouthpiece options are a gold mine if channeled properly!


    Yours truly,



    Phyllis Stork

拝啓

思慮深いメールをありがとうございました。こちらからお送りしたメールは、
貴社の販促活動に役に立つようであれば、お好きな方法で利用してくださって結構です。

トランペットマウスピースに関して言えば、「標準のボアとバックボアを持つマウスピースを一国の全プレーヤーが使用するなど、まったく理に合わない」とはっきり言い切ることができます。ごく狭い範囲のスペックであらゆるプレーヤーのニーズが満たされることはありえません。

あなたのマウスピース選択方法のいわば「致命的欠陥」は、ほとんどのプレーヤーが既に大きすぎるマウスピースを使用している(!)という点です。このため、今よりも大きいマウスピースに換えると問題が起きるばかりです。トランペットのマウスピースは、ホルンのマウスピースと同じ概念に基づいて機能しています。一定のマウスピース容量の中で速い息の流れを作り出す能力が問題なのですから、ベストの、最も望ましい結果を得るには、どの部分の容量を大きくするかが決定的に重要な問題になります。

このような前提に立って考えれば、一般に、マウスピースの総容量を変化させるために調整できる部分は 2つしかありません。内径と、カップの深さです。したがって、この 2つの要素をまず攻略しなければなりません。最も重要なのは内径です。一般的に言って、プレーヤーには 3通りあります。唇の薄いプレーヤー、平均的な唇のプレーヤー、それに唇の厚いプレーヤーです。(執筆予定の本では、唇の種類とその分類についてページを割くつもりです。分析や情報量の点で、ファーカスの本よりも数歩先へ進むことができるでしょう。)さて、やはり一般的に言えば、平均的な唇のプレーヤーは Bach #3リム(弊社の #3 #4)を吹くべきであり、薄いプレーヤーはもう少し小さ目の、厚いプレーヤーはもう少し大き目のマウスピースを使用するべきです。このルールを守らないプレーヤーの 98% は、その埋め合わせとしてアンブシュアに何か手を加えており、そのためにうまく吹けなくなっています。これは私たちにとって大きなセールスポイントです。

つまり、不適切なサイズのマウスピースを使っているプレーヤーに対し、もっと建設的な演奏テクニックが身につくようなマウスピースを与えれば、より効率よく演奏できるようになるのです。

具体例を挙げましょう。平均的な唇のプレーヤーが Bach 1-1/4C 相当のマウスピースを使っているとしましょう。これは大きすぎます。しかし、たとえば2C 3C に交換すれば、サウンドが痩せてしまうので、プレーヤーは気に入らないでしょう。でも重要な問題をごちゃ混ぜにしてはなりません。彼らにはもっと小さいマウスピースが絶対に必要なのです。しかし、できる限りスケールの大きく、よく響くサウンドを維持する――それが私たちの仕事です。したがって、2C 3C に換えるのではなく、2C 26C 3C 26D に換えればいいのです。(#3に関しては、バックボアのサイズを調整して埋め合わせをしていることに注意してください。)あるいは、2D 26C または 26D3D 25C または26D という選択肢もあります。とにかく、音の響きと効率の最も良いものを探
すのです。

先ほどもお話したとおり、不適切なマウスピースを長期間使用していたプレーヤーは、その埋め合わせとして、効率よく音を出すことを妨げるような吹き方の癖を身に付けてしまいます。これは、本来はマウスピースと楽器で作り出すべき抵抗を体の側で作る形で現れます。言い換えれば、息の流れを制限するために、口腔を何らかの形で調節するのです。具体的には、下顎を十分下げずに口腔を狭くしたり、舌を高くしたり、喉を締めてしまうなどです。総容量の大きすぎるマウスピースを使用しているプレーヤーは、上記のようなことをせざるを得ない――これは厳然たる事実です。喉を意識的に開くことを習得しなければと考えているプレーヤーは、自分を欺いているのです。こういったことはすべて、マウスピース内部の仕様がプレーヤーのニーズに合致していないことによって起こる無意識の反射行動なのです。プレーヤーは、息の流れをコントロールするためにどうしても必要なことを行っているだけなのです。しかし、悪い癖であることに変わりはありません。

より適切なマウスピースをプレーヤーに与え、同時に適切な奏法の指導を行えば、上記のような癖は解消され、より効率よく音が出せるようになるでしょう。

ここでどうしても申し上げたいことがあります。プレーヤーの奏法を分析して最適なマウスピースを見つけ出す私たちの活動は(自慢ではなく)驚異的な成功を収めています。昨年と一昨年の春は英国で、去年はさらにベルギーでも、このような活動をしました。国内でも、私たちの時間の多くはこのような活動に割かれています。そろそろ日本でも同じような活動をするのに適した時が来たのでしょうか。

メールでよく聞かれる質問に関して作成したメモがいくつかあるのですが、今後数日のうちに目を通して、関連する問題に関する追加の情報があればファックスでお送りしようと思います。この情報も、好きに利用してくださってかまいません。唯一お願いしたいのは、その出所が弊社であることを明らかにしてほしいと言うことです。快く承諾していただけることを確信しております。

こちらからお伝えしたことについて何か質問があれば、またご連絡ください。弊社のマウスピースの選択肢の幅の広さは、うまく活用すれば金鉱のように豊かさをもたらすでしょう。

フィリス=ストーク