金管マウスピースの一般的機能

まず初めに、マウスピ−ス単独の一般的機能(プレイヤーのレヴェルや能力とは関係のない)
についておおまかに理解する必要があります。

**リム**

主な働き
A. 反応(レスポンス)   B. 吹き易さ   C. 耐久力
ガイドライン
A. 内径

*大きくなるにつれて      より多くの唇を使うことが出来る。
                   より体力が必要になる

*小さくなるにつれて      より細かなコントロールが必要になる。
                   より体力を使わなくてすむ。
B. リムのバイト(エッジ)

*鋭くなるにつれて       より反応が良くなる。
                   吹き易さと耐久性に欠く。

*丸くなるにつれて       反応が鈍くなる。
                   吹き易さと耐久性が増す。
C. リムの厚さ()

*狭くなるにつれて       より反応が良くなる。
                   吹き易さと耐久性に欠く。


*広くなるにつれて       反応が鈍くなる。
                   吹き易さと耐久性が増す。

**カップ**

主な働き
A. 音域   B. トーン   C. 耐久力
ガイドライン
A. カップの深さ

*深くなるにつれて       低音域の助けになる。
               ダーク
(暗い)トーン。

                   体力を必要とする。


*浅くなるにつれて       高音域の助けになる。
               ブライト
(明るい)トーン。

                   より細かなコントロールが必要となる。

B. カップの形状

*ボウル状(一般にUカップ)   反応が安定する。
                   明るい傾向のトーン。


*円錐状(一般にVカップ    反応がぼやける。
                   
暗めのトーン。
C. スロート・サイズ

*大きくなるにつれて      抵抗が減っていく。
                   体力が必要となる。


*小さくなるにつれて      抵抗が増す。
                   耐久力の助けになる。

**バックボア**

主な働き
A. 抵抗   B. トーン   C. ピッチ
ガイドライン
A. バックボア

*大きくなるにつれて      抵抗が減り、ダーク・トーン。
                   高音域がうわずる傾向。


*小さくなるにつれて      抵抗が増し、ブライト・トーン。
                   高音域がぶら下がる傾向。
B. シャンクのテーパー

*大きくなるにつれて      大きなギャップ、抵抗が増す。
                   レスポンスに欠ける。


*小さくなるにつれて      小さなギャップ、抵抗が減る。
                   レスポンスの助けになる。

**普遍の法則**

T
すべての要素について最高の結果をもたらすマウスピースは一つもない。
()最大音量の低音域+容易な高音域
但し、プレイヤーの能力で引き出すことは可能

U
そのプレイヤーが持たないような能力を授けるマウスピースは一つもない。
V
より良いマウスピースは、プレイヤーの能力を高める助けになる。
W
間違ったマウスピースの選択は、
たとえ優秀なプレイヤーであってもダメにする可能性がある。

以上のマウスピース単独の一般的機能を正しく理解し、
それぞれのプレイヤーのレベル・能力・状態
etc.とのバランスを考慮し、
より良いマウスピース選択の手助けが出来るようになる
ことが理想であると考えます。

トップページへ戻る