ネットワークメディアプレイヤー

 パソコンで映像や画像をダウンロードして居る人も多い筈、無料の物も多いが有料の物も有る。ダウンロードした物は観たい時に観れる便利が有る。勿論映画やドラマもダウンロード出来る。勿論ダウンロードしうたコンテンツはパソコンでOSに添付のメディアプレイヤー等で再生出来る。ファイルの種類に由っては無料のプレイヤーをダウンロードしてインストールする必要も出て来る場合も有るが。問題も有るウェーブサイトに登録しを解約いた場合に再生出来無く成ったり、其のパソコンでしか再生出来無かったり、OSをバージョンアップしたら再生出来無く成ったり、プラウザのバージョンアップやメディアプレイヤーのバージョンに由っては再生出来無く成る場合も、ライセンスキーの取得が出来無く成ると再生出来無い場合も出て来る。
 HDDは壊れるしパソコンも壊れる。OSのバージョンアップも5年もすれば訪れる。メディアプレイヤー自身もバージョンアップ有る。結論的にはDVD化されて居る映画やドラマならDVDを購入して置くのが一番か。将来の事を考えると、次世代DVDも考慮して置くべきでも有る。規格戦争の渦中では有るが。ベーター方式に勝った規格戦争の覇者のVHSも今や衰退気味でも有る。忙しい現代人にはテープの巻き戻しの手間が我慢出来無い。磁気の劣化も起こる。テレビ放送がデジタルに移行の時期に置いてはDVDに主役の座を譲やざるを得無いで有ろう。VHSの中には有名な映画でもDVD化されかった物も有り今だに貴重な存在で有る事に変わりが無い。レンタルビデオ店からの大量の中古品が中古市場に流出して居り、探せばお宝的VHSが見付かる可能性も有るが。撮り溜めたVHSテープを如何処理するかも大きな問題では有る。場所を取って居るのが現状で有る、廃棄してしまいたいところでも有るが出来無いのが人情でも有る。
 パソコンにダウンロードして溜めたコンテンツはパソコン用の小さいディスプレーで無く、居間の大画面のテレビで再生したいものでも有る。家族で観たい映像も有る。ネットワークメディアプレイヤーを購入すれば簡単に再生出来ると思って居るが。色々と設定が煩わしいところも有る。LAN設定や無線LANの設定やパソコン側の設定も有る。ファイルの共有の問題や。OSのバージョンの対応の問題も有る。厄介な事にヴィスタには64ビット版も有る。ファイルの種類も様々で、ファイルの拡張子も色々で有る中には映像ファイルで有るのに変な拡張子に変更されてファイルされて居る場合も有る。当然パソコンで再生するにも専用ソフトのインストールが必須と成る。最新のOSのヴィスタに未だ対応して居無いサイト迄有る。肝心のソフトがインストールも出来無いので有る。64ビット版のヴィスタやXPと成ると尚更でも有る。ダウンロードのファイルの中には訳の分から無い、ISO形式のもの迄有る。特殊な専用ソフトを使用してDVDに書き込めばファイルリストが見れて通常のファイルの様に再生も出来るらしいので有るが。今やハイビジョン対応の映像ファイル迄有る。其れに対応した機器まで発売されては居るが。 パソコンの色んなメディアプレイヤーで再生出来るファイルが総て再生出来る訳では無い事は重要な事で有る。mpg、mpeg、wmv、avi等の一般的映像ファイルの中でも再生出来無いのが有る場合も有るので注意が必要。設定を変更すれば再生出来る様に成る場合も有るらしいが。共有の設定が大事で有る、管理者特権のもみのファイルは当然再生出来無い、すべてのユーザーがアクセス出来る様に設定する必要も有る。Guestに設定する必要が有る場合も有る。DVDプリイヤーの様に保存出来る装置でも無いのに規制が厳しい。DVDプリイヤーもパソコンのファイルが再生出来る様に技術的には出来ても不正コピーの規制や著作権の保護等厄介な問題で未だに実現して居無い。ただ再生する丈の装置で過ぎないのにユーザーを悩ませる機器でも有る。以前にカノープスからアナログTV用のXP用の家庭内LANを利用してテレビチューナーユニットDNT−888Lでパソコンに録画出来た。当然スカパー!等の映像もパソコン内に録画出来た優れものでも有った、今は既に製造中止品に成ってしまって居るが。パソコン内の映像ファイルを再生してテレビに映しだす機器も有ったが。OSがヴィスタにバージョンアップしたらインストールすら出来無く成ってしまった。装置は安くは無かったのにで有る。デジタルTV用のキャプチャーボードも既に発売されて居るが可也高価で有る。テレビは安い製品でも以上デジタルやBSデジタルやCS放送の受信出来る物も売られて居るのを思うと複雑な気には成る。以前にもパソコンのファイルをテレビに映す、ネットワークプレイヤーは有ったがOSのバージョンアップで使え無く成った。テレビとパソコンの融合を阻む策略でもあるので有ろうか。二大娯楽の巨大な市場が有る。需要も莫大で有る。アナログ放送からデジタル放送への変更でテレビの買い替えの膨大な需要も有る。需要はテレビ丈では無い。次世代DVD搭載のHDD録画装置の需要も有る。本機の様なパソコンのファイルを再生してテレビに映し出す装置も膨大な市場が有る。企業の儲けも莫大なものと成る目論見も有る。
 テレビチューナー付きのパソコンは大手メーカーからも発売されて居るば自作組み立てパソコンと成ると難しいところで有る。インターネット上のパソコンの性能も様々で有る。可也古いパソコンやバージョンの低いOSが未だに使われて居る。ダウンロード出来る映像もファイルサイズの抑制の為か余り高画質が期待出来無い、DVD化された映画やドラマならDVDを購入すべきでも有る。HDDの保存は一時的な物と考えるべきでも有る。DVDに録画して置けばパソコンでも再生は出来る。パソコンではストリーミングと言う観るだけのサービスも有る。HDDに保存は出来無い。一定期間丈は何度でも視聴出来る。只観る丈でもOSのバージョンやメディアプレイヤーのバージョンに由っても再生出来無い場合も有る。ダウンロードなら再生出来る場合も有る。当然有料の場合は高いものと成るが。










          2007−12−25−284−01−01−OSAKA



                     HOME
                  −−戻る 次へ++