MRSAおよびMRSA院内感染とは?

特定非営利活動法人バイオクリーン・ラボ事務局


 

MRSAとは?

MRSA院内感染の特徴

消毒剤耐性MRSAの出現

トピックス

FAQ@MRSA

インデックスページに戻る

 

(ご相談の際は予めご利用規約をお読み願います)

 


MRSAとは?

MRSAは、メチシリン・レジスタント・スタヒロコッカス・アウレウスの略語で、メチシリン(抗生物質の名称)に耐性を獲得した黄色ブドウ球菌を意味する英語名に由来しています。

黄色ブドウ球菌はグラム陽性球菌の一種で、化膿性炎(皮膚化膿疾患、中耳炎、結膜炎、肺炎)、腸炎(食中毒含む)など創傷感染、呼吸器感染、消化器感染の原因菌です。

MRSAは、黄色ブドウ球菌の治療薬のβ(ベータ)ラクタム系抗菌剤(ペニシリン、メチシリン、クロキサシン、オキサシリン、第1・2・3世代セフェム)に耐性を獲得したもので、その耐性遺伝子はファ−ジを介したrプラスミド(ミニプラスミド)上の耐性遺伝子や由来不明の転移性遺伝子mec(メック)Aで伝搬されます。

当初はメックA遺伝子のブドウ球菌間の伝達機序は全く不明でしたが(メチシリン耐性ブドウ球菌:MRSには、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、メチシリン耐性表皮ブドウ球菌さらにメチシリン耐性スタヒロコッカス・ヘモリティカスが知られています)、自由に移動することの出来るカセット染色体(後述)上に乗っかり、ブドウ球菌本体の染色体に組み込まれたり、切り出されたりすることが順天堂大学医学部細菌学教室のグループにより近年になって解明されましたが、しかし、実際的な菌間での伝達機序は今もって不明です。

MRSAは1961年に英国で最初に報告されました。米国では1970年代に、国内では1980年代になって報告されるようになりました。MRSA出現の背景には、医療現場での抗生物質の乱用が指摘されています。

現在は多剤耐性MRSAが主流となり、その治療の切り札としてバンコマイシンが用いられていますが、近年バンコマイシン耐性腸球菌(VRE:バンコマイシン・レジスタント・エンテロコッキー)の急速な院内感染の広がりが見られるようになり、VREからバンコマイシン耐性遺伝子がMRSAに伝搬されることが危惧されています。実際に、VREからの耐性遺伝子の伝播ではありませんが別の機構から、バンコマイシン耐性を獲得したヘテロ耐性MRSAが、国内でも院内感染として確認されるようになりました。

なお、MRSAの種類は、平松らによればメチシリン耐性遺伝子(メックA:mecA)が乗っている「ブドウ球菌カセット染色体」(SCCmec:staphylococcalcasette chromosome mec;順天堂大学医学部細菌学教室命名)の塩基配列の違いから、大きくタイプT・U・Vに大別されます。このカセット遺伝子にはβ−ラクタム耐性、マクロライド抗生物質耐性、アミノ糖抗生物質耐性、テトラサイクリン耐性などの種々な抗生物質耐性遺伝子が集中し、実験的には容易に黄色ブドウ球菌の染色体に挿入・追い出しが可能で、MRSAからMRSS(抗生物質が有効な通常の黄色ブドウ球菌)や、MRSSからMRSAへの変身が一晩で可能とされています。このために、MRSAと黄色ブドウ球菌とは基本的な染色体情報に違いはなく、このカセット遺伝子を有すか否かの違いであって、MRSAは黄色ブドウ球菌そのもとされています。

カセット染色体の3つの大きな種類と、この3タイプの分類とは別個の、黄色ブドウ球菌のリボゾームRNAのリボタイピングによる分類1〜53種類をさらに大きくA・B・C3つのタイプに括って分類)とを組合せた分類法がなされています(カセット染色体T・U・VとA・B・Cのリボタイプとの組合せで、世界には5つのクローンのMRAが存在していることが明らかになっています。

日本のMRSAは、上記の分類法よりクロノタイプU−Aが1990年代の全国調査でMRSA分離株の70%以上を占めていました。このタイプは米国内でも分離されるということで、また、バンコマイシン耐性MRSAはU−Aのクローンから容易に生じやすいことが知られています。平松らによれば現在もMRSAは進化し続けています。

参考・引用文献:

(一般向け参考書)

平松啓一著「抗生物質が効かない」集英社(1999年初版)の第三章「史上最強の耐性菌MRSA」103−163頁

(原著)

伊藤輝代・片山由紀・平松啓一(2000):メチシリン耐性の伝播に関与するmobile genetic element (Staphylococcal cassette chromosome mec)、日本細菌学雑誌55(3)、483−498


ページメニューに戻る(このページの文頭)


MRSA院内感染の特徴

 国内の院内感染菌は1970年代までは緑膿菌が主流でしたが、1980年代以降はMRSAが院内感染の首位を占めるようになりましたが、その菌交替の原因は今もって不明です。

 MRSA院内感染の特色は次の3点に示されています。

1)MRSAに汚染された器物・手指を介した接触感染

2)MRSAを含んだ飛沫を吸い込むことで起きる飛沫感染

3)治療器具(各種カテ−テル等)を介した感染

 その感染源としては次の3点に代表されます。

1)MRSA感染患者

2)医療従事者(健康者は感染していても自覚症状はない)

3)院内環境(ゴミや埃に付着して空中に舞うなど)

 MRSA院内感染は、通常は大学病院など大規模な病院に多発する傾向にあります。

その原因は次の3点が考えられています。

1)長期入院で感染する機会が高い

2)高度医療(各種の化学療法等)

3)免疫力の低下した患者が多い

 黄色ブドウ球菌の特徴としては次の6点に要約されます。

1)健康なヒトには何等病原性を発揮しない

2)鼻腔などに常在菌として、あるいは一時的に定着する

3)乾燥に強く、乾燥状態で1か月近く生存する

4)ヒトの手が触れる場所で生息する

5)消毒剤への抵抗性が強い

6)感染の成立と菌量に相関性が少ない


ページメニューに戻る(このページの文頭)


■消毒剤耐性MRSAの出現

1984年にオ−ストラリアで、塩化ベンザルコニウムに耐性を獲得したMRSAが報告されたことから、俄かに消毒剤耐性を獲得したMRSAの存在がクロ−ズ・アップされ将来それが蔓延することが危惧されていましたが、現在ではその危惧が現実のものとして消毒剤耐性を獲得したMRSAが院内感染の主流を占めています。

このような消毒剤耐性を獲得したMRSA出現の原因には、病院内での消毒剤使用量の急増が指摘されています。かねて抗生物質の乱用がMRSAの出現を招いたように、消毒剤の多量使用は消毒剤耐性MRSAの出現を招くことになったと考えられています。

最近の知見では、

1)臨床分離されたMRSAの約60%が消毒剤耐性遺伝子を保有

2)その内の約20%では実際に消毒剤が無効(風間仁、その他、第71回日本細菌学会総会、

1998年)。

3)消毒剤耐性は消毒剤の化学構造、分子量に関係なく各種消毒剤に交差耐性を示す。

院内感染防止のために、無闇やたらに消毒剤を環境中に散布することは、農薬を無闇やたらに散布したことで、数千倍から数万倍もの農薬への抵抗性を獲得した害虫を出現させたことと同じように、消毒剤への抵抗性を獲得したMRSAや種々の病原菌を出現させることになりかねません。


製作・著作:特定非営利活動法人バイオクリーン・ラボ