岡村洋一のページ

マルチタレント・俳優の岡村洋一を応援するページです。
 更新09年06月28日

岡村洋一への直接のメールはこちら boston@hf.catv.ne.jp



岡村洋一本人の制作による公式HPが開設されています!

 岡村通信なども、公式HPの方でご覧ください!!

年賀状ありがと〜ございました☆
岡村通信118「新春万福」が届きました。

内容は、以下の公式サイトでご覧ください!(管理人)


【 おもな出演作品 】

映画 『スパイ・ゾルゲ』                                        
(出演/ イアン・グレン、本木雅弘、岩下志麻、葉月里緒奈、ミア・ユー他)                                                  
日本とドイツの最高機密情報を盗み出し、モスクワに送り続けたスパイ、R・ゾルゲ。ハンサムにして強烈な個性。誰をも惹きつけるその人間的魅力。スパイであると同時に、透徹した目を持つジャーナリスト。そして、プレイボーイ…。巨匠・篠田正浩監督、渾身のラスト・フィルム。’03年・劇場公開。   私は、2・26事件の際の朝日新聞主筆・緒方竹虎を演じています。
DVD発売中。

映画 『世界の中心で、愛をさけぶ』  http://aiosakebu-dvd.jp/home.html                                           
(行定勲監督/大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみ、森山未來、山崎努、天海祐希ほか)                                       
大ベストセラーとなった小説では、ほとんど語られることのなかった成長し大人になった主人公・朔太郎のストーリーを大幅に追加。 「現在の愛との対峙」と原作小説にある               「過去のアキとの甘くせつない純愛」が織りなすアンサンブル・ストーリーとして再構築。私は、冒頭に出て来る葬式の司会者を演じています。
DVD&ビデオ発売中。


岡村洋一のテレビなどで「発見」した番組などを以下で紹介します。
少し古いものもありますので、ご容赦ください。
最新のお仕事は、公式HPでご確認くださいね。
2007・1・20:ウルトラマンメビウス

ひとりぽっちがさびしい、それに付け込んだ宇宙人が「木」と一体化して地球人全部を支配しようとするのだ。
ウルトラマンの活躍で開放された「心のさみしい人達」は言う、なんでほっといてくれなかったのか、「一体化」していた時はひとりぽっちじゃなかったのに・・・。
イジメにあい、ひとりぽっちだった少女(写真)は言う、こんなに仲間がいるじゃない、私達はひとりぽっちじゃないんだよ。
う〜ん、ウルトラマンは深い〜・・・。

岡村洋一は、冒頭のシーンに出てくる公園のメロンパン売りのおじさん。セリフも多くて目立ってたよ。
まえ〜〜のシリーズでは、ハカセ役で回によっては重要な役どころをつとめていました。



他に最近見たのは「日本以外全部沈没」。DVD買って見ました。
重要な役どころで出てます。主人公らと絡むシーンもあるよ。公式HPで、現場の写真が見られます。
BS−i ドラマ 『ケータイ刑事・銭形零』 帰って来た男!〜福笑いキング殺人事件 05年1月2日(日)午後11時放送をキャッチしました!
な〜んと、のっけからお死体で登場の洋ちゃんでした。後の「絡み」もあって、しっかり出てますう!

なお、ケータイ刑事のHPはこちらです!http://www.bs-i.co.jp/zenigatarei/

TBSドラマとして、平成17年12月20日(火) 深夜3時02分〜3時40分 再放送予定。 
2004・10・27(木)夜9時 東海地区は「名古屋テレビ」 相棒「双頭の悪魔V」
まっとテレビは出てるけど、最近キャッチしたのはこれ。岡村通信で、出てるテレビ、映画の記述があるので参考にしてキャッチしてくださいな。
2001・4月23日(月)夜9時。TBS系(名古屋はCBC)「時の剣」に、焼肉食べてるカップル役で出ました。いかりや長介、原千晶などの出演。

こないだも、再放送のドラマをぼーと見てたら突然出てたし、この手の長編ドラマやあのウルトラマンティガ(タンゴ博士)、夏からの新ウルトラマンなど、新旧テレビドラマにけっこう活躍してます!

いかりやさんのご冥福をお祈り申し上げます。
なお、この番組は追悼番組として平成16年3月28日に再放送されました。(大はし)
2000・8月14日(月)後9時、TBS系(名古屋はCBC)「都合の悪い女」に、
麻生祐未の勤める配送センターの主任役でしっかり出てました。
写真は、麻生祐未さんなどと出てる配送センターのシーン。




岡村洋一プロフィール:本名も岡村洋一。1956年12月14日大阪市生まれ。身長177cm、靴サイズ27cm、BWH95・88・95。最終学歴・愛知大学法経学部経済学科卒業。趣味・映画鑑賞(年間二百本位)。特技・関西弁、名古屋弁、英会話。
経歴:79・3、文化放送主催「全国アマチュアフォークコンテスト」中部北陸大会優勝。CMソング、ライブハウスで活動。81・10、CBCラジオ「今夜もシャララ」DJ。ラジオドラマの脚本・演出も担当。FM愛知、GBSラジオなど各局のラジオ番組担当。83・4、CBCテレビ「夕焼けワイド510」音楽と映画レポーター。バリーマニロウにインタビューしたが、得意の英語が途中から通じなくなりショックで寝込む。その後、テレビドラマ・映画にも進出、91・11、静岡テレビ制作「パパは単身赴任」で主役。活動拠点を東京に移し、95年には、毎日放送でオウム事件をレポート、TBSモーニングアイ、文化放送梶原しげるの本気でドンドンなどにも出演。

テレビドラマ(抜粋):君の名は(町役場の職員)、名古屋嫁入り物語5(小児科の医師)、世にも奇妙な物語・指名手配の男(空港の警官)、ウルトラマンティガ(タンゴ博士)
映画(抜粋):せんぼんまつばら(ヒロインの父親の声)、くまちゃん(俳優)、水の旅人(教師)、ヌードの夜(婚約者の友人)、エコエコアザラク(高校教師)、ジャンクフード(不良妻を暖かく待っている夫)、ニンゲン合格!(市役所の職員)
ビデオ映画(抜粋):新・俺は男だ!(商社マン)、静かなるドン5(関西系暴力団)、戦争へ行こうよ!(殉死する自衛隊陸曹)、新・どくだみ荘(若い根っこの会の名古屋人)、クローンズ(変質的養鶏業者)
CF:オリコ生命(足を骨折して退院してくる日の父親)
ラジオ:CBCラジオ・シネマプリズム、FMKシティ・アラチャーレ・ズラチャーレ、岐阜ラジオ・ヤングスタジオ1431(これらの放送は終了しています。)

フォークタイムトップページ ☆リンク集

岡村洋一とわし(これぞ、裏話)

洋ちゃんとの出会いは、まーはい三十数年年は経っとるわなあ、フォーク研の交流でわしの惟信高校から洋ちゃんの尾北高校へ何度か出かけた。わしはまーはい3年だったで1年ぼっこの洋ちゃんは相手にしとらんくて、泉谷しげるの黒いかばんを歌うへんな子ぐらいにしか思っとらんかった。
それよか、尾北のカワイコちゃんにハートはポーだった・・・。

それから2年半後、2002・12月で閉館された名宝会館にあったビクターショールームでフォークタイムはミニコンサートを毎週やってて、たまたまおデートでやってきた洋ちゃんとそこで再会。

愛知大学に入学して、受験勉強から開放されフォークソングを再び本格的にやるぞおって頃でもあって(ちょこっと想像)、当時名古屋の2大フォークサークルになっていたフォークタイム(もうひとつはサンデーフォーク)にその再会をきっかけに入会。

毎週、毎月どこそこでフォークライブを開いていたフォークタイムの大きな戦力ともなり、後に会長として大いに活躍。

大学卒業時点でハッピーフォークフェスティバル全国大会に入賞(曲はレティシア)。また、映画好きでもあり黒澤映画に出演したい、芸能界に入りたいとの希望もあり巣山プロの門を叩く。
しかしながら、大いに悩み、わしにも相談を持ちかけられ、「いっぺんのチャンスだでやってみやええがね」(みたいな・・・)と肩を押してしまった・・・。

CBCラジオなどで早速活躍し始め、ああは言ったがよかったかしゃんとしんぴゃしとったのが杞憂となった。
でも、朝・昼・晩と各局を駆け回る忙しさで、映画出演の夢も叶わなくなり上京。今の大活躍にいたる。

むろん、順調なタレント活動とゆうばかりでもなく、あんなことこんなこと色んなウワサも聞きおよんだが、前を向いて突き進む彼の明るさプラス思考がすべて払いのけて今にいたっておる事も付け加えておきます。

えー!?あんなこと、そんなことってナニってえ?それは言えんてえ!!

                                                                 文責:大はしたつ屋